ドキュメンタリー映画  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

「健さん」高倉健の追悼番組のような映画です。
健さんのすばらしさをこれでもかと紹介している。

私もファンとしてとっても嬉しいのですが、これでは影の部分がまるでない映画なのだ。
NHKの特番なら素晴らしいという出来なのだが、映画として成立していないように思う。

大傑作「冬の華」以降なんとも言えないような感動作は私にはどこか蜃気楼のように思える。

文化勲章はヤクザ映画群を明らかに否定することだと考える。

鶴田浩二に泥の中を這いずり回るような役柄が成立するとすれば、高倉健はその真反対なのだ。

死ぬときは誰でもいい人で死にたいのだろうか?

私はそうは思わないのだが・・・。最後の映画「あなたへ」はお義理で作られたかというほどひどい出来です。誰もが高倉に気を使っているのが見え見え、これではいいものはできません。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ