監督の美貌と作品に惚れて  邦画

クリックすると元のサイズで表示します

西川美和監督作品「永い言い訳」

主演の本木雅弘が好演というか、情けなさが良く出ている。

西川監督の今村昌平張りの濡れ場が健在で、さらに自然に物語の世界に入っていける。
価値観の多様化がこの作品を支えているように思う。

とんでもない男にもそれなりの言い訳をさせている度量の大きさが、監督西川の真骨頂でもある。

それでも私、この作品はあまり乗れなかった。
なぜなのか? 助演竹原ピストルの演技と顔が好きになれないのが原因なのかもしれないと思っている。

愛人役黒木華がともかくいい。
濡れ場の最中「変な顔」というセリフ、あれは男の監督では絶対出てこない。
女性監督の辛辣さがでている名場面だ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ