No.068◆「のんちゃん のり弁 」2009年・評価【4】   邦画


<入江喜和の人気コミックを小西真奈美主演で映画化。下町育ちの永井小巻は、ある日ダメ亭主に愛想を尽かして娘・のんを連れて実家へ戻る。心機一転して新しい仕事を探そうとする彼女だったが、キャリアや資格のない彼女に対して世間は冷たく…。>

この映画をみてから丸一日経った。
奇妙な時間が経ったようにも思っている。

私は商売がらみの映画はめっぽう弱く、正当に評価できないと思っているところがある。
この映画も良くは出来ているが、弱点も当然指摘は出来る、ともかくボロボロ泣きながら見たことだけは確かである。

主人公小巻がサバの味噌煮に感動したあたりから、、、

「責任を取るということ」何かを得るには捨てなくてはならないものがあると・・・。
説教風場面が心地よいのは何故なのか?

「ギリギリ経営」の写真館の閉店の寂しさと別離。
私も、たった一人で閉店の作業をしたことを改めて思い出す。
それでも人を好きになることのすばらしさは、たとえ別れても、しこりとして残っても「生きている証」でもあると。

馬鹿亭主との別れにしても、憎しみから、慈しみに変わったときに可能だったのだろう。そう私は解釈した。

商売は金に始まり、金に終わる。
映画の中の師匠岸辺の言葉説得力がある。

結果はどうであれ、反省してはいけない。
反省は墓場まで持っていくべきものだ。
だから、今があるとも言える。

たった一つのものを得ただけでもよしとしよう。
映画のように・・・。

*ほとんど意味不明の極私的感想お許しを。

クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ