2008/12/12  7:56

大阪が「携帯電話に厳しく」なっていくのは誰のせい?  News!?

12月から大阪府では携帯電話やゲーム機などの携帯デバイスを操作しながらの自転車運転に厳罰を処されるようになった(他にヘッドホンを付けて大音量での運転も同様)。

asahi.com(朝日新聞社):携帯電話使いながら自転車→5万円以下の罰金に 大阪府 - 社会

ヘッドホンは痛いが(近所走る程度ではそもそも付けないが)、大音量でなければいいらしいし(自動車運転しててもそんな大音量を鳴らす気すらない)、携帯電話は走ってる最中に使わないので関係ない。ちなみに反則金と罰金の違いはググってくれ。要は罰金は「前科持ち」になるってことだ。つか大人にもなって携帯使いながら狭い歩道をスピード出して走るなってアホが。そんなにオツムなければ幼稚園生あたりからやりなおせ(-_-#)

また、大阪府教育委員会はは小中学生の学校への携帯電話の持ち込みを原則禁止する提案をしている。

携帯電話:小・中学校への持ち込みを原則禁止 大阪府教委 - 毎日jp(毎日新聞)

まぁ登下校時に「緊急事態時の家族や学校、関係機関との連絡用に」所持するのは構わないだろうが、学校にいる最中に携帯電話なんか必要ないわな。親も連絡する時は学校に連絡すれば「子供が学校にいる限り」連絡は取れるだろうし。つか大体俺らの小中高時分は携帯電話すらなかったし(あってポケベルで俺は持たなかった。大学に入ってから「ハリソン君ツーカーだ」というツーカーホン関西や関西デジタルホンの参入で、携帯各社(他にNTTドコモ、関西セルラー)が競争を始め携帯電話がぐっと安くなった)。
子供にはもう少し携帯電話というものを見直して欲しいもんである。

大阪府公安委員会は1日、今年6月に「交通の方法に関する教則」が改正されたことを受け、携帯電話を使いながら自転車に乗る行為などに5万円以下の罰金を科す府の改正道路交通規則を施行した。
府警によると、罰金が科されるのは、携帯電話で通話したり、携帯音楽プレーヤー、ゲーム機の画面を見たりしながら自転車を運転すること▽救急車のサイレンなどが聞こえないような大音量で音楽を聴きながら車やオートバイ、自転車などを運転すること――の2点。車やオートバイに乗っていた場合は加えて反則金も科される。同様の規則は兵庫、秋田県などで施行されている。

大阪府教委は、小・中学校の児童生徒が学校に携帯電話を持ち込むことを原則禁止とする方針を決めた。高校では生徒が校内で使用することを原則禁止とする。府教委が調査したところ、児童生徒が携帯電話に過度に依存する傾向が強まっていることが分かり、規制が必要と判断した。ただ小・中学校でも子供の安全目的で保護者が求めるという場合は、学校の判断で登下校時に持たせることを認める。
文部科学省は7月、都道府県教委などに携帯電話の取り扱いに関する方針を明確化するよう通知。同省によると、市や町で携帯電話を持たせない取り組みをしているところはあるが、都道府県レベルで学校への持ち込みや使用制限を設けるケースは異例だ。府教委は今後、小・中学校の設置主体の市町村教委に対し、各校への指導を要請。来年度にも「原則禁止」を実現する意向だ。
府教委の検討会議は今年7月、小、中、高校の児童生徒と保護者、学校を対象に携帯電話の使用実態について抽出調査を実施。携帯電話を持っている児童生徒のうち、中学1年生の15.6%、高校1年生の32.6%は1日の使用時間が3時間以上▽中学1年生の10.6%、高校1年生の15.9%は1日のメールの送信回数が51回以上ーなどの結果となった。
また、携帯電話の使用時間やメールの頻度を「依存傾向」として数値化し、学習時間との関係を分析。1日の学習時間を「0ー30分」と答えたのは、依存傾向の低い児童生徒では29.6%、中くらいの児童生徒では41.7%だったのに対し、依存傾向の高い児童生徒では50.3%を占めた。すでに小学校の88.1%、中学校の94.2%が持ち込みを禁止。一方、高校では95.2%が持ち込みを禁止しておらず、うち96.8%が校内での使用を認めていることも分かった。
橋下徹知事は3日の記者会見で「大人になれば、いやでも携帯電話から離れられなくなる。子供のうちは携帯電話から離れて、ゆっくり自分の時間を使ってほしい。まずは家庭の責任で、親が制限をかけてください」と呼び掛けた。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ