2008/12/26  13:26

「朝食抜き」で性体験早まる!?  News!?

そんな大事なこともっと早く言って(調べて)欲しかったよ(´・ω・`)ショボーン部門より

厚生労働科学研究班つーところの調べによると「中学生のころ朝食を抜いていた男女は、性体験が早い傾向」が見られるそうな。共同通信から。

家庭環境で性体験早まる? 「朝食抜き」などと関連 - 47NEWS

「家庭が楽しくなく(特に母親が嫌い)」で「朝食を食べなかった」男女は性体験の早さが見られる傾向が多かったとのこと。えーと家族は別に楽しくなかった訳でないし、(昔はそうだが今でも)いじましかったので朝食は抜かなかったので私の性体験が遅い(というかゴニョゴニョヽ(`Д´)ノ)のですね(´・ω・`)ショボーン

つーか要はぶっちゃけ早婚早産なDQNな環境から生まれるのはやはり早婚早産なDQN……(ぼそ)

中学生のころ朝食を抜いていた男女は、性体験が早い傾向があることが、厚生労働科学研究班(分担研究者・北村邦夫日本家族計画協会クリニック所長)の全国調査で26日までに分かった。
「家庭が楽しくなかった」「母親が嫌い」などの答えも、性体験の早さと関連していた。
北村さんは「若い世代の望まない妊娠を減らすには性体験を遅らすことが大切だが、それには家庭の役割が大きいと示唆する結果だ」と話している。
調査は今年9月、16−49歳の男女約1,500人に調査票を手渡し記入してもらった。初めて性交渉を持った年齢(平均19.0歳)と、中学生時代の生活の関連を調べた。
その結果「家庭が楽しくなかった」と答えた人は楽しかった人に比べ、性体験が早い傾向にあった。特に母親を「嫌い、うっとうしい」と思っていた人は平均16.0歳で始めていた。父親が嫌いだった場合は18.6歳と、全体平均との差は小さかった。
朝食については「毎日食べた」人が平均19.4歳だったのに、「食べなかった」人は17.5歳と、頻度が少ないほど低年齢だった。「規則正しい生活が性行動を慎重にさせているのでは」と北村さんは分析する。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ