2011/11/10

GS400 腰上オーバーホール  ヘッド修理_moto

クリックすると元のサイズで表示します


GS400のヘッドをオーバーホールするにはまずはガイドの抜取から入ります。

そして・・・。

ヘッドのガイド穴に合わせてバルブガイドの外径を調整します。

クリックすると元のサイズで表示します


画像では分りませんがドリルチャックにはΦ7のピンが入っていてバルブガイドの位置出しをしています。

この寸法をキチンとしないと後で打ち込む時に緩すぎたり、固すぎてガイドを割ったりしますのですべての作業の基本です。

余談ですけど抜き取ったガイドを見るとなんか変でした。

クリックすると元のサイズで表示します


斜に構えとる

そしてヘッドをしっかりと暖めてから焼きバメ。今からは暖房代わりですね

クリックすると元のサイズで表示します


バルブを擦り合わせて確認します。今回は新品バルブを選択です。

クリックすると元のサイズで表示します


面研も済み、加工作業がほぼ終了したヘッド。

クリックすると元のサイズで表示します


オーナーが気にしていたカムジャーナル部分も少し手を入れて引っ掛かりが無い状態にします。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブクリアランスを調整してステムシール、バルブスプリングを組んだ事でヘッドの作業は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーの方はΦ65からΦ69にボア拡大。

クリックすると元のサイズで表示します


面研も最小量で済ませます。ガシガシ削ると中央のオーリングが切れると困りますからほどほどに。

クリックすると元のサイズで表示します


ワイセコはピストン側面の加工が結構ギザギザ感があります。これが初期当たりでシリンダーと磨耗するとすぐクリアランスが大きくなると思います。だからシリンダー側のホーニング目が粗いとヤスリのように削れてしまうのでプラトーホーニング用の砥石で最終仕上げしています。

クリックすると元のサイズで表示します


フィン欠けも修正(外部委託)完了。

クリックすると元のサイズで表示します


あとインマニに付くプレートのこの形状の意味を考えてます。

クリックすると元のサイズで表示します


なんのためなのかな〜?

最後に部品代と加工費用をまとめました。

バルブ(吸気)6700円、バルブ(排気)7600円、ガイド4800円、ステムシール1760円

ワイセコピストン(ガスケット無し)30000円

ガイド入れ替え5600円、シート面修正8000円、面研5500円

シリンダーボーリング17000円、シリンダー上面研磨8000円

ヘッド洗浄、バルブ組付け、シム調整一式 13000円

ヘッド周りのオーバーホールに必要な費用は部品代20860円+加工組立32100円=52960円(税抜き)となります。

シリンダーはワイセコピストンの費用も含めて55000円(税抜き)。

部品金額は2011年11月時点の価格です。

自分のGS400を元気にしたいな!と思いの方。

しっかり働いてそして妄想してください
8



2011/11/11  21:54

投稿者:tani

なにかスロー系の燃料の通り道のような気もします。

キャブが無いので想像して楽しんでます(笑)

2011/11/11  18:14

投稿者:seamonkey

何でしょ? 

気化燃料の整流の為でしかね(?_?)

2011/11/10  21:51

投稿者:tani

seamonkeyさん、いつも応援のコメントありがとうございます。

キチンと圧縮比を出してバルタイを組む、キャブのセットが出ているといった効果でしょうね!

基本的にカタナで弄ったエンジンは「スパルタン」というイメージです。

2011/11/10  9:45

投稿者:seamonkey

taniさんの、ヘッドまわりの手の入れようは

いつも凄いと思います(^^)

自分のカタナも上ののびが凄くて、なかなか全開できない...

仲間が乗ったら、「やばくね〜か汗)...?」といっとりました。

ハイカムよりのバルタイのおかげだったのですね^_^;

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ