2011/11/29

CB1100R ヘッド修理  ヘッド修理_moto

シリンダー編

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーは面研+ホーニングです。研磨する量は歪が取れたら終了です。

クリックすると元のサイズで表示します


カムチェーントンネル付近の油漏れには有効です。

ヘッドオーバーホール

ヘッドをリフレッシュするために一番基本となるのがバルブガイド交換です。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを抜いたらそのまま新品ガイドを打ち込みたくなりますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


左が新品、右が旧。

ヘッドとの圧入部分の寸法が100分の3ミリくらい大きいです。

これだと絶対打ち込む時にステムシールの入る部分が割れます。

一度ヘッド(自分の頭も?)を冷やしてリーマで寸法を合わせてやる必要があります。

急がば回れじゃな

そして入れ替えが済むとホンダのガイドの場合は内径もリーマーで合わさないといけません。

それらの地味な作業が済むとほぼ勝負は決まりです。

クリックすると元のサイズで表示します


面研、シートカットが終了した状態です。

クリックすると元のサイズで表示します


シートとバルブの当たり幅は加工ツールの関係で0.8ミリとなります。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを交換したので当たりの感じもかなり良いです♪

よいCB1100Rになることをお待ちします。
4



2011/11/22  18:08

投稿者:tani

丁寧にオイル下がり防止のオーリングが入ってます。オーバークオリティのような気もしますが念には念をという感じでしょうね♪

2011/11/21  23:17

投稿者:seamonkey

こう見ると、バルブ角なんか80年代のバイクだなぁ...

これ眺めて一杯いけそうです(^^♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ