2012/1/8

Z2改  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


寒い時期に活躍する工具がコレ。

ボケはほどほどにしといて、シリンダーのスリーブが入る部分をボーリングします。

クリックすると元のサイズで表示します


この部分をストーブでしっかり暖めた後にバーナーで更に炙ってからスリーブを圧入します。

クリックすると元のサイズで表示します


だから絶対にスリーブは回りません。なのでスリーブ下に入るオーリングも不要です。

スリーブを圧入したら面研をしてからボーリングです。

今回はZ1用スリーブを使いΦ70にボアアップです。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてスカート部分の面取りを加工します。

クリックすると元のサイズで表示します


ウチのボーリングする機械はコンピュータ制御でもありませんし普通のボーリングしか能の無いヤツです。

それを丁寧に油を差したり、掃除したり、ギアを直したりしてこれまで使ってます。

使い勝手は良いので良い機械なんですよ

Z2Φ70加工価格まとめ
シリンダーバレルボーリング 24000円
スリーブ入れ替え 12000円
シリンダー上面面研 5000円(セット価格)
ボーリング 30000円
 合計 71000円 (税抜き)

Z1用のスリーブは別途入手する必要がありますが13000円〜17000円程度(4本)が現状の相場です。


6



2012/1/9  22:06

投稿者:tani

seinoさん、昨年はお世話になりました。

ステンシフトロッドの手直しをしないといけないと気になってしょうがありません(汗)

また左ハンドルスイッチも試作品が出来てますのでまた押売りします。

人間の方は年末から、ビール飲む→走る→ビール飲むで現状維持するのが精一杯です(笑)

2012/1/9  21:31

投稿者:seino

機械もそれを操作する人間も、まめにメンテナンスをしていれば、いつまでも現役ですね。

機械も人も、まだまだがんばらないと!ですね(笑)


2012/1/9  17:15

投稿者:tani

seamonkeyさん、こんにちは♪

古い機械ではありますが実用にはまだ耐えてます。

今年も頑張ってもらいます(笑)


2012/1/8  21:14

投稿者:seamonkey

今の日本人は、物を大事にする事を忘れている様に思います。

大事に使いこまれた物は、使う者を裏切らない。

自分は、機械にも「心」があると思います。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ