2012/1/9


分解編

クリックすると元のサイズで表示します


今年、最初のエンジン分解はこのモデルです♪最初にまずクランクを上死点付近のポイントに合せてみます。

クリックすると元のサイズで表示します


どんなエンジンも同じ手順で必ず上死点にして確認後分解します。

な〜んも考えずにバラスのは無しです。元に戻す時に間違いに気が付きにくいですからね!

でもヘッドカバーを外す時にボルトを緩めたらすぐカバーが外れたのですでに変です。誰か開けてからなんもせずに蓋してますな。

そしてリフター周りが黒く焦げてます。

暗雲が立ち込めてきます。

ホルダーを外すと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドは大変なダメージを受けてます。

完全にオイルがヘッドに上がらずに焼きついてます。これ、一瞬でなりますからね。

「キー」とヘッドから音がした瞬間に焼付きます。そしてアルミが焼き付くと臭いです。

そしてシリンダーを抜いてみると・・・。

ピストンはこうだし

クリックすると元のサイズで表示します


コンロッドはアウト
クリックすると元のサイズで表示します


腰上オーバーホールということで受けた仕事なので最初の画像のパレットに乗った状態で作業しようというオッサンの目論見は崩れさりました。



腰下分解

クラッチを分解したら腰下の分解は終盤です。

クリックすると元のサイズで表示します


ネジの緩め忘れがないか確認したらパッカリと割れます。

クリックすると元のサイズで表示します


バランサー用のギアやスタータクラッチ部分を取り外したら終了。

クリックすると元のサイズで表示します


このクランクは車両の購入先に返却して代替品を送ってもらう予定。

まあこのエンジンでは実働とか異音無しとか言えんからね
8
タグ: エンジン



2012/1/10  8:13

投稿者:tani

まだパーツ供給はスズキからあるようです。

無い物もあるでしょうけどね。

2012/1/9  22:28

投稿者:seamonkey

GS400なんてパーツ出るんですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ