2012/3/15

GS400オーバホール  エンジンオーバーホール

GS400のオーバーホール作業をコツコツ段取りはしているのですが画像アップが追いついてません(汗)

クリックすると元のサイズで表示します


はじめの一歩はコレかな?

そして焼バメ+シートカット。

クリックすると元のサイズで表示します


普通な感じで仕上がりました。変に加工しまくる感じも無く最小限の加工の時は仕事としてはスムーズに行っている証拠です。


腰下を組む段取りをしようと思い洗浄していたらなんかドレンプラグをリコイルしてありました。

クリックすると元のサイズで表示します


リコイルがダメという訳ではありませんがドレンプラグはシールワッシャが入るのでシールする面とネジ穴の直角が出ていないと洩れるんですよね〜。

だから車体のままリコイルするとかはうまく行かないです。

クリックすると元のサイズで表示します


まずは下穴をエンドミルで加工します。

そして精神を統一してタップを直角になるように立てます?

クリックすると元のサイズで表示します


いや絶対に人間が素直では無いので直角にはできませんのでお助けでセンターを押さえてもらいます。

クリックすると元のサイズで表示します


これならtaniでも直角なネジ穴が立てられます。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてドレンプラグM18×P1.5の出番です。

ちょっと出っ張りすぎです。

腰下組み込み

クリックすると元のサイズで表示します


ミッションのベアリングはすべて新品が出ましたので交換です。

クリックすると元のサイズで表示します


クランクは左右のベアリングのみ交換です。中央を交換する必要は今回は無かったです。

上の画像はなんとなく構成部品を映すためにバランサーシャフトを仮置きして撮影しましたが一番手前にあるバランサーシャフトはクランクとの合いマークがありますので組付けには注意が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します


ミッションを動かすドグなどもボチボチ組みます。

クリックすると元のサイズで表示します


スタータークラッチ関係も一度分解して確認するのですが今回クランクを交換するため支給されたクランクにはオイルシールが付いてませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


このオイルシールはクランクベアリングから出てきたオイルをスタータークラッチ側に出さずにケース内に戻す働きをしてます。なんでなかったのかな?
2
タグ: エンジン



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ