2012/7/29


車両預かり腰上オーバーホール企画です

クリックすると元のサイズで表示します




分解する前に上死点を確認しようと思いましたがこの小窓からは良く見えません。

クリックすると元のサイズで表示します


予備?のエンジンを確認しましたがこんな細かい部分に刻印があります。

分りにくいです。

クリックすると元のサイズで表示します


カム周りを確認しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


EX側と・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


IN側。
クリックすると元のサイズで表示します


水平になればええってことじゃな。

マニュアルが手に届くまで待てないので構造をあ〜だこ〜だと考えながら分解します。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブの間に翼のような部品がありますがカムに対してバルブが傾いていますのでそのままではうまく押せないのをリンクを使って押すような構造になってます。

クリックすると元のサイズで表示します


カムギアにもバックラッシュをなくすような構造があったりと工夫されていましたが・・・。

2台のエンジンをばらしてどちらともカムスライダーの横方向を規制する部分がバキバキに割れていてカムチェーンがシリンダーのカムトンネル側面と干渉してました。

カム山も磨耗していて車体に載ってたエンジンはバルブクリアランス過大だし。

なんか根本の部分が壊れたのでは他の導入技術が生きてきませんね〜。

分解した2台のエンジンを部品毎に見ていると微妙に違います。

ピストンがまず形が違います。ピストンピン裏の形状、ピン長さが違うな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてスカート部分も違う。コンロッドも違ったので本来は右側のピストンが入っていたシリンダーを使うのでセットで交換しようと思いましたがコンロッドとあっているピストンを使って組みます。

クリックすると元のサイズで表示します


カムチェーンテンショナも交換。上が古いパーツ、下が新品。

クリックすると元のサイズで表示します


スライダーも交換。本来あったはずのゴムのリブは無くなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


リブが無いからカムチェーンがシリンダーにガンガン当たってました。

クリックすると元のサイズで表示します


チェーンが暴れてリブが取れるのか、テンションが掛かっていないから壊れるかは分りません。

どっちなんじゃろ?

そんな事を考えながらオイルポンプを確認します。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてなぜかジェネレーター側のカバーを外してます(汗)

クリックすると元のサイズで表示します


「腰上だけの修理でええんじゃから余計な所は外すなや」と言われそうですけど、異常を感じたので分解です。

クリックすると元のサイズで表示します

ワンウエイクラッチがお亡くなりになっていて噛みこんだままです。エンジンを切ったり、始動時に「カキ〜ン」という異音がするので疑ってましたがやはりアウト。

クリックすると元のサイズで表示します


部品取りのエンジンから移植するので部品代はかかりませんね。

手を動かすのを惜しんでは結果は良い方向に行かないので・・・。

ヘッド周り

シートカットを行います。

排気側:左がシートカット後、右がシートカット前です。

クリックすると元のサイズで表示します


吸気側:両方シートカット後です。
クリックすると元のサイズで表示します


当たり幅を狭めた(基準値に戻す)おかげでエンジンの掛かりはよくなった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールはカタナとかとほぼ同じ形状ですがHONDAは台湾で作っているようですな。

ちなみにカタナ用JAPAN製。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーは上面を研磨してカムチェーントンネル周辺からの油漏れを予防しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてヘッドを搭載。カムチェーンテンショナにワンウエイのべアリングは入っていたりと独特な構造です。そして特殊工具が無いと難しいです。

今回は腰下のカバーを外した状態で作業しましたからテンショナのアーム(後ろ側)を後から付ける事でできました。

クリックすると元のサイズで表示します


クラッチ周りを組みこめばもうちょいです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ヘッドに付くアイドラーギア(吸気と排気のカムを同時に駆動)にもテンショナが付きますがコレもゴム部分がダメなので交換。

クリックすると元のサイズで表示します


カムは結局吸気、排気とも交換。上段が新品、中段が今回修理したエンジンに付いていた磨耗カム、下段は予備エンジンがら取り外した物。

クリックすると元のサイズで表示します


予備エンジンのカムを使えると安易に思ってましたがベアリングの内径、外径寸法。カムギアの入る部分の軸径が違い使えません・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


2枚の重ねあったギアの間にはスプリングが入ってますがコレをセットするのがまた面倒。

冶具が無いと難しいな

エンジンはあっけなく始動しましたので作業は完了です。

クリックすると元のサイズで表示します


費用の概算は部品代5万円(カムが3万)、加工2万、エンジン分解8万でリフレッシュです。部品代についてはエンジンの傷み具合で変動しますのでご注意ください。
24
タグ: エンジン



2012/7/29  16:51

投稿者:tani

kamiさん、お久しぶりです。

GB250と最初話があったとき「kamiさんが乗ってたよな〜。」とふと思い出しました。

悪い部分を直すのは楽しいのですが、部品代がいい値段となるのが悩みどころです(汗)

2012/7/29  6:51

投稿者:kami

GB250、これよりもだいぶ前の型ですが、GB500に乗り換える前に3台も乗り継いでました。
340ccまでボアアップしてみたり・・・。
ツインカムシングル250、思い出深いエンジンです。

2012/7/24  7:16

投稿者:tani

hashimotoさん、こんにちは♪

サービスマニュアルは買ってしまいました(笑)

これからはGBも弄れるオヤジを目指します♪

空冷4発ほど人気が無いシングルですがノンビリ走るには最適かな!

2012/7/23  23:04

投稿者:hashimoto

taniさん こんばんわ。
おぉぉぉ!GBですね〜♪
差し出がましくなければ、いちtaniさんファンとして、SMとPLを速達でお貸ししますので もし必要なら、遠慮なく言ってくださ〜い(o^-')b
それでは〜また〜ヾ( ´ー`)ノ~

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ