2012/10/25

Z1000MK2 3万キロ  バイク

完成

クリックすると元のサイズで表示します


オーナーに車体を持ち込んでもらいヘッドはオーナーが組んでます。横であ〜でもないこ〜せぇとかボウズ頭のオッサンが口を挟みます。

バルタイの計測のみtaniが実施。

一発始動でしたけど、オーナー曰く「掛かった瞬間の音が違う。」と圧縮が復活した感じを体感されてました。

こういう復活作業も楽しいね!



動画を追加しました。タコメーターの反応は参考程度にお願いします(汗)


クリックすると元のサイズで表示します


ボアアップ後3万キロ走行という事でオーナーがヘッドを分解されて持ち込み。(上記画像は完成後のもの)

ちょっと圧縮が低いのが気になると言うこととカムホルダーのリコイル作業が中心です。

排気バルブのカーボンを落として観察。

クリックすると元のサイズで表示します


黒い部分がシートと当たる部分ですが幅が多少広くなっているくらいでそれほど異常では無いですね〜。

吸気バルブは4本のうち1本だけ堆積物が多かった。

クリックすると元のサイズで表示します


当たりは悪くないです。

気になるのはリフターのオイル焼け。排気側(=熱の高い部分)は特に焼けてます。ヘッドの内面も茶色っぽく変色してます。

自分はモチュール5100を組み付け用塗り油して使ったり、エンジンの出荷時に入れてます。トラブル例が無いというのもありますがリフター部分の焼けには強いと考えてます。

上記のリフターはモチュール以外のメーカーオイルを使用してます。

クリックすると元のサイズで表示します


圧縮が低い原因は排気ガイドでした。内径がガバガバですし、ヘッドとの嵌めあい部分にもカーボンが付着していることから嵌めあいはSTD外径のガイドだと確保できませんでした。
そしてガイドの硬度が低くて抜き取る時に変形するので苦労しました。

クリックすると元のサイズで表示します


吸気側はガタも無く良好なのでガイドはそのまま使用します。バルブシート周りは擦り合わせだけで済ませてもよいかなとも考えながら・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり削りました。儲かるからね??

クリックすると元のサイズで表示します


色が変わった部分が今回削った部分です。バルブとの当たり面よりポート側をRで仕上げてます。これはまあシートをカットする工具が違うのでそうなるといえばそう。

クリックすると元のサイズで表示します


吸気と排気を同時に見える角度からの写真。
クリックすると元のサイズで表示します


排気側は耐久性重視というオーナーの指示からあまり外当たりにしてません。当たり幅を狭めるのみです。

クリックすると元のサイズで表示します


面研が済んだら洗浄してバルブクリアランス確認。吸気側、排気側と別々に確認していきます。
クリックすると元のサイズで表示します


バルブスプリングを組まない状態で一度確認。この時にバルブのステムトップを研磨しておきます。そしてステムシールなどの部品を組み付けてからシムを微調整します。

今回は他社で加工したヘッドを開放して点検しましたが、程度は良かったかな。

オーナーが車両持込で組み立てるのを待つのみとなりました。
11



2012/9/7  20:23

投稿者:tani

ナナハンもセンヒャクも分解する場合は違いがありませんのでお好きな方をどうぞ♪

分らない時は画像付きで送ってもらえばサポートします。

2012/9/7  18:24

投稿者:seamonkey

1100の予備エンジンと750のエンジンが有るので

やってみようかな^^;  taniさんに指導いただかない

と無理ですが・・・(*_*;

2012/9/6  5:56

投稿者:tani

seamonkeyさん、こんにちは♪

ぜひなにかトライしてみてください。バラシて組んで火が入ると面白いよ♪

2012/9/5  19:02

投稿者:seamonkey

taniさんこんばんは♪

「オーナーがバラして、ヘッド持ち込み」なんてカッコイイです・・・

自分も挑戦したい課題です(*_*;

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ