2018/4/24

GSX1100S オーバーホール  バイク

ネジ部補修中画像。

クリックすると元のサイズで表示します





クランクケースのクラッチカバー取付けネジ部の補修作業を地味にしてました。

横からドリルで狙いを定めてタップを切ればよいだけなので簡単そうにも思えますが・・・。

このネジ穴が貫通ネジでボルトにはシールワッシャを付けて組む場所。下穴やネジ加工が斜めになるとシールワッシャが平行に当らないため油漏れをしそうなので気を遣います。

カワサキZTなどでヘッドのエキゾーストのネジ穴を直す時に使うプレートがあるのでそれをクラッチカバーに押し当てながらドリル、タップ加工をしました。

これなら目測で傾いているか見ながら加工するよりもカバー取り付け面に直角にネジ加工できますので安心です。(補足;プレートの穴加工はフライス盤で行ってあります)

地味〜。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ