2007/10/3

SR500続編  ヘッド修理_moto

秋らしくなりましたが、山口はまだ日中は暑いです
クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーの方はピストンを
クリックすると元のサイズで表示しますに注文したのでしばらく保管。宣伝ですがワイセコのピストンを注文できますボーリングをセットで行う場合は特別価格で提供できますよ人に提供するより自分のKatana用を注文しそうですが・・・。



話はSR500に戻りますがシートカットを行います。当たり面はカーボンを挟んでかなり痛んでます。
クリックすると元のサイズで表示します
オーナーがこの状態ではいけないと判断してシートカットを依頼されたわけですがこれは判断としては大正解だったと思います。排気側はきちんと当たっていませんので排気漏れを起こしています。

SR500のシート面はよく出来ていて当たり面より下の60度テーパーの部分が長く設定されています。よくシートカットすると拡大できる部分がすでに拡大済みなんでそれを損なわないように注意してカットしました。

クリックすると元のサイズで表示します
普通は1本のバイトで仕上げる部分を2本のバイトを使って当たり面の45度とその上の15度の部分、60度の部分と2回に分けて加工しました。

結構シートリングの部分は熱で変形していたりと色々あります。ですから2、3万キロ毎にシートの当たり面を確認した方が良いというのが持論です。擦り合わせだけだと当たり幅が広くなるので2回に1回はシートカットしたほうがいいんじゃないかな〜。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ