2008/5/16

kawasaki W1SA  ヘッド修理_moto

これからオーナーとの楽しい時間を過ごしてくれるヘッドが完成しました
クリックすると元のサイズで表示します




ワンオフで製作したガイドを圧入した状態です。当然ヘッドは温めます。
クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを入れ替えた状態で当たりを確認しておきます。当たり幅がかなり広いですね。
クリックすると元のサイズで表示します


これではいけんのでシートカットします。

クリックすると元のサイズで表示します


まあこれならええじじゃろ。プラグの位置が違いますのでカット前のシートとカット後のシートを同時に撮影してるのがばれますね(笑)

シートカット後に平面を最小研磨しておきます。プッシュロッドの入る穴の周辺は歪みが出てました。これでオイル漏れや圧縮抜けはまず心配ないでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーの方も当然のごとく面研しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
コヤツも笑ってるように見えます

スバルEK23のシールを流用です。部品の定価が350円だったかな?これをW1用の強化タイプ開発とか命名して大量に売るか?悪代官taniの出来上がりじゃな。
クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールを交換した後に確認しておくのがリテーナーとの距離です。まあハイカムなんてものが存在するのかわかりませんがストックの寸法に合わせてガイドを製作したので確認しておきます。
クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールをすべて組み、スプリングも組み付けて完了です。この状態でお客さんに渡しま〜す。
クリックすると元のサイズで表示します


このW1SAは比較的近くの方なので組みあがったらインプレを頂こうと思います。

メニューの予算
シートカット・・・・・・・・・1400円×4
バルブフェース研磨・・・・・・500円×4
ガイド打ち換え・・・・・・・・1000円×4
ガイド製作(鋳物系)・・・・・3000円×4
ステムシール(国産流用)・・・390円×4
最小面研(ヘッド・シリンダー)4000円

元気なW1SAできあがり♪

あ〜でも本当はシリンダーをスリーブ再生したかったのだが・・・。ちいとオイルが上がるかな。
16



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ