2008/9/20

Z1 Φ72〜76ボア用スリーブ  ボーリング moto

ZT Φ72〜76ボア用スリーブの入替作業編です。ZTでもかなり過激なメニューの方でしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーからは古いスリーブを取り外した状態です。Z1の場合純正のスリーブは手で押しても抜ける物があったりしますし、普通にボーリングしている最中にクルクル回る物もありますので注意が必要です。


これから使うスリーブ、ピストンとコレまで頑張った純正スリーブです。スリーブの内径を見ても大きさがかなり違います。
クリックすると元のサイズで表示します


ボーリングバーでシリンダーの内径を拡大していきます。アルミなのでサクサク削れそうですが意外と刃の先に構成刃先が出来たり、ハードスポットがあったりと山あり谷ありです。

クリックすると元のサイズで表示します


ツバの部分も径が大きくなります。この部分の加工はシリンダーの内径と同芯で加工しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します


スリーブをシリンダーに入れる際にはバーナーで炙り焼きバメします。百分の5〜7で焼きバメしましたがしっかり暖めるとスポンっと入るレベルです。百分の10くらいだと少しプレスで押し込むくらいです。

焼きバメするのでシリンダーの下の部分に入るOリングは必要ありません。元々油がシリンダーとスリーブのスキマに入り込まないようにOリングが付いていますが焼きバメしていますからスキマはありません。

また焼きバメすることでスリーブとシリンダーが密着していますので冷却性が上がると考えています。

スリーブを入れたら上面を研磨します。微妙にスリーブのツバの高さが違ったりするのできちんと削ります。スリーブの入替+シリンダーの上面研磨というのはセットで行わないとうまくいきませんね。
クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーとケースが初合体です。シリンダーの内径はまだ加工していませんのでだいたいΦ71くらいの寸法です。これを2ミリ削ってΦ73にしていく予定です。

クリックすると元のサイズで表示します


スリーブとシリンダーのツバ部分のスキマ加減もあるか無いかの感じで出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します


このスリーブを使ってナナハンのカタナを910CCにできんかなと最近妄想中。

妄想はドンドン進むんですが・・・。
1



2008/9/22  19:53

投稿者:tani

TKさん、浮気せずに今の仕様で突き進んでください♪

冗談はおいといて「タカトリ」というショップが出しているボアアップキットにはそのようなメニューがあるんですよね〜。かのBITOさんも以前作ってますし、可能か不可能かというレベルでは可能という事になります。

あとはやる気だけです。

それと資金か(爆)

一番チイープに済ますとすればヤフオクで1100のシリンダーとピストンを格安で落として加工すればボアアップキットがウン千円で手に入るという事なんですね〜。

なかなか落とせませんが・・・。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2008/9/22  16:14

投稿者:TK

むむむっ…
魅力的な話ですね。。


2008/9/22  5:04

投稿者:tani

seinoさん、こんにちは♪

ピストンは1100のノーマルピストンとかワイセコの84Φ、85Φが使えるのではと妄想しています。

http://www.ccsnet.ne.jp/users/quick

2008/9/21  22:52

投稿者:seino

taniさんこんばんは。

750カタナの910ccですか、おもしろそうですね〜。

ピストンは何を使う予定ですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ