2009/3/4

ハーレー サイドバルブ  ボーリング moto

ハーレーの古いモデルですね。

サイドバルブという構造です。

クリックすると元のサイズで表示します


現在でもこのような構造の単気筒はありますのでtani的には守備範囲内です

バルブとの当たり面はシートカットにより修正。バルブはアフターパーツで新品が手に入るとはうらやましい限りです。

クリックすると元のサイズで表示します


シリンダーの穴もスリーブ(これも部品供給がある)でリフレッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します


こうやって考えるとやはり4ストロークのエンジンは長く生き延びることができそうです。

古いハーレーでもキチンとしたエンジンを作りたい方のサポートとなるようこれからも頑張らないとね〜
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ