2009/10/19

カタナビックバルブ完了  ヘッド修理_moto

GSX1135ビックバルブ作業完了です。

クリックすると元のサイズで表示します


面研(最小)、ガイド入替え、ポート内段付き修正、シートリング拡大といったメニューをこなしています。

クリックすると元のサイズで表示します




部品を待つ時間が一番長かった気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

まだガイドを入れただけの段階ですが1枚目の画像のようなフィッティングになります。

ガイドもAPE製、バルブもFerrea製とオーナーの拘った物が組まれていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


次の工程はシートリングの入る穴を拡大しますがいつもはシートカットする機械にザグリ用のバイトをセットしてザグリ加工をおこないます。

クリックすると元のサイズで表示します


相手がアルミなのでボリボリと気持ちよく削れますがアルミが刃先に溶着するとエライ目にあうのでそれだけは注意して慎重に削ります。

クリックすると元のサイズで表示します


けっこうギリギリですがいけそうです。次はシートリングの製作です

クリックすると元のサイズで表示します


奥に見える丸棒からコツコツ削りだします。画像に写っているのは吸気側だけです。

クリックすると元のサイズで表示します


そして焼きバメをすればリングの入替えは終了。

これからセット長あわせなどを含めたシートカットなどの作業に入れます。


右端はまず1箇所だけシートカットした部分です。普通シートカットは1回ですむのが普通ですが・・・。

普通じゃあないんですね、今回。
クリックすると元のサイズで表示します


ほぼ同じ角度からストックのヘッドを撮影しました。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブの当る位置がどれだけ外側に出たかお分かりいただけると思います

セット長など狙いの数値に近ずけた状態の画像です。この状態を見ると普通にも見えますがノーマルとは全然別物となってます。

クリックすると元のサイズで表示します


排気側もこのような感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブをセットするとフラットな感じの燃焼室が出来上がってきました。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブガイドが2本届いたので外径を仕上げます。

クリックすると元のサイズで表示します


打ち込んだガイドを基準にしてシートリングの入る部分をザグリ加工。

そしてシートリングを製作。

クリックすると元のサイズで表示します


地味な作業を積み上げてやっと完成にこぎつけました
12



2009/8/26  22:36

投稿者:tani

寸法はキチンと測定して直接メールさせていただきます。

ノーマルとは全然別物のヘッドになりそうです♪

2009/8/26  13:19

投稿者:ヘッドオーナー

シートリングの内径は、ノーマルのそれと比べてIN,EXそれぞれどのくらいの拡大になるのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ