2009/8/22

メグロS7フィニッシュ♪  エンジンオーバーホール

この状態まで進んでます。

クリックすると元のサイズで表示します


連休明けからボーリングやヘッドのリフレッシュを計画してます

ピストンピンを短くしたりサークリップの入る溝を切ったり、コンロッドの小端部をリーマーで合わせたりという作業を地味にしてました。

クリックすると元のサイズで表示します


実際の圧縮比がどのくらいになるのかを事前に計算しておかないといけないと考えてます。

一応実績のある組み合わせのようですが自分で確認しておかないとね〜

そして次にコンロッド大端部のニードルベアリングを確認するためクランクを分解。

クリックすると元のサイズで表示します


固形化したオイルとマーブルチョコのようなピンがワンウエイクラッチのような動きをしていました

クリックすると元のサイズで表示します


コンロッドには中央に仕切りがあり2列のピンが並ぶような構造です。ちなみに上の画像は新品のグリスを塗っていますが錆び色のように見えてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します


最後にクランクを組み立てて芯出しまで行って終了。

次はボーリング

ボリボリと削りに削って終了。

クリックすると元のサイズで表示します


これでシリンダーより下の部分の加工は終了。

次はガイド製作+シートカットです。

まずはガイド製作です。左が純正のストックの物、右が製作したガイド+使用するステムシールです。

クリックすると元のサイズで表示します


焼きバメした後にシートカットを行います。

このエンジンはかなり放置されていて内部の錆びが色々でていました。排気のシートリングも腐食痕が取れない部分があります。当りとしては出ますので使ってみてもらいましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールを組む手順はこれまでも何回も書いてきましたが念押ししちゃいましょう。

今回はΦ9の丸棒を利用しています。普通はバルブを入れてやります。

クリックすると元のサイズで表示します


ステムシールの内部に油を塗って丸棒に通します。メーカーによってはバルブの頭にキャップを付けてコッターの嵌る溝にステムシールのリップがひっかかって切れないように指定するところもあります。手で慎重に入れれば大丈夫ですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてバルブの径、ステムシールの径にあった打ち込み冶具を用意します。

クリックすると元のサイズで表示します


そして軽く打ち込めば終了。冶具とやり方さえ間違えなければ大丈夫な作業です。
クリックすると元のサイズで表示します


この作業ですべての工程は完了。あとは組むだけですかな?
1
タグ: エンジン



2009/8/25  7:13

投稿者:サビオ

taniさん、お世話になります。

29日に引き取りに行く予定です、宜しくお願いします。

2009/8/23  18:58

投稿者:tani

@k641さん、こんにちは♪

クランクはベアリングピンは新品が入手できるそうなので再生は可能のようです。まだまだ旧車も頑張りますか〜(笑)

2009/8/23  0:42

投稿者:@K641

ふむふむ・・この手のエンジンは数基転がってます・・何時かは・・と思ってますが・・鬼門のクランクは・・おかげさまで安心しました・・バルブは●ヨタのフォークリフト用をゲットしようかと思案中ですが・・多分、丸投げ方向が濃厚ですね〜〜爆!!

2009/8/14  4:55

投稿者:tani

サビオさん、牛の歩みのごとくノロノロと進んでおります。

止まっては居ないというのが唯一の救いでしょうか?

希望の光は見え初めてます。

2009/8/13  9:37

投稿者:サビオ

tani様

お世話になります

コンロッド大端部の軸受けローラーも届きましたので、休み明けにお伺いします。

宜しくお願いします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ