2010/3/18

GS750ヘッドメンテ♪更新あり  ヘッド修理_moto

GS750を快調にする作業を最近やってます。
クリックすると元のサイズで表示します


画像は作業完了後に撮影しました。


ヘッドの加工で最初に行うのがバルブガイドの抜き取りです。この作業が最初でそして肝心の作業といっても過言ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドにアルミが焼きついたりして傷が深いとヘッド側のガイド穴を修正したりしないといけませんし、ガイド穴が裂けたりします。

クリックすると元のサイズで表示します


そして手を加えるだけガイド穴とシートリングの位置関係の倒れとか偏芯につながるのでできるだけ何もしなくていいというのが一番いいと考えてます。

ガイドは純正部品ですがこの外径はヘッドに付いていた部品よりも超オーバーサイズなのでそのまま使えません。外径をガイド穴に合わせて加工して使います。

そうすれば次回(多分自分が爺さんになった頃?)にまだ余裕がありますからね!

クリックすると元のサイズで表示します


そしてガイドを焼きバメします。

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドを打ち込んだ時点でバルブを入れてみると大体良い所に入らないようではシートカットの見栄えが悪くなります。この時点でこのヘッドの加工作業が後はサクサク進むか苦難の道に繋がるか分かれます。

今回も快調です

シートカット中の画像をご紹介

まずはシートカット前の吸気シート周りの画像。

クリックすると元のサイズで表示します


シートカットの工具をセットしてカット位置をにらんでます。


クリックすると元のサイズで表示します


そして軽くカットします。バルブとの当たり幅は0.8ミリ設定のツールです。そして当たり面の燃焼室側、ポート側の3面が決められた角度で同時に加工されてます。

クリックすると元のサイズで表示します


次は排気側。カット前の当たり位置を光明丹でわかりやすくしてみました。

当たり幅が広いのと右下が当たってないのが分かると思います。これはガイドのガタが大きくて偏磨耗した場合と熱でシートリング周りが変形したり、ガイドの下穴が悪いもしくはリーマーなどの寸法合わせが倒れた、ガイドの外径寸法を加工する時に同心が出ていないといったたくさんの要素が絡んできます。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてシートカット後に光明丹で当たりをみます。

クリックすると元のサイズで表示します


かなり当たり幅が狭くなったように見えます。これで0.8ミリ幅ですが、カット前の当たり幅は1.2ミリくらいありました。たかがコンマ4ミリ程度?と思いそうですが全然違いますね〜。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブの当たり位置も画像で撮ってみました。この差がどれだけの違いになるかは体験してみてください
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ