2010/6/30

GSX1135組み立て  バイク

クリックすると元のサイズで表示します


本日の作業はクラッチカバーの塗装まで進みました。

あとはバルタイです


以下は過去日記

クリックすると元のサイズで表示します


腰下を組んでました。クラッチカバーはまだ塗装してませんのでご了承ください(汗)

今回マグネトローターを固定する特殊工具を購入したので色々使ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します


ローターの固定に使ったり、

クリックすると元のサイズで表示します


スタータークラッチの固定に使ったりと結構頑張ってくれます。

マグネトローターは160Nmで締め付けるような指示になってますのでインパクトレンチで締めてOKみたいな事はできんね。

ヘッド周りを組み立てていてどうもバルブとシートの当たりが悪いバルブがありました。

クリックすると元のサイズで表示します


左がもともと付いていたバルブ、右が新品バルブです。

クリックすると元のサイズで表示します


バルブステム軸の部分と傘の部分が接合する部分に斜めに線が入ったようになってますがどうもここでバルブが曲がっています。

バルブは通常ここで接合されてますのでこのバルブは新品の時から曲がりやすい形状になっていたと自分は判断しました。

普通はこんな事めったにないんですけどね〜。

クリックすると元のサイズで表示します


ピストンを組み付けて・・・。

ポンって感じで、こうなりま・・・せんよ

クリックすると元のサイズで表示します


現在、部品到着待ち、クラッチカバー塗装待ちという状況です。

ジェネ側は塗装。組み立ては終了してます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


自分は結構このアングルが好きなんですよね〜。

実はクラッチカバーは付いているのが綺麗なのでウチにあったセンヒャクから外したというカバーをブラスト+塗装までしたんですよ

でも付けようとしたらクランクシャフト側が干渉します・・・。

ナナハン用でした

自分のにでも付けるかな(笑)

リングの位置とか結構気を使いながら組んでいきますからね〜
1



2010/7/5  5:16

投稿者:tani

耐久性はどうなんでしょうね〜。

Z系の車両がまだ生き残っているのも組み立て式クランクだからという話もありますし、CBX1000といった希少車はメタル支持でクランクを焼きつかせてしまってエンジンがダメになるというケースも多いんですよ。

オイル管理が一番です♪

2010/7/4  8:34

投稿者:seamonkey

おはようございます☀

なるほど・・・ 2型は16インチ対応なのですね。
エンジンはナナハンの方が耐久性高そうですね♪

2010/7/4  7:48

投稿者:tani

フレームは2型のみキャスター角が違います。他はファイナル以外はほぼ一緒にように思いますが、細かく較べてないので違うところがあるかもしれません。

エンジンはナナハンがメタル支持、センヒャクはベアリング支持と違う構造ですけど、バルブガイド、バルブシールなど細かい部品は共通の物がけっこうあるので助かってます。

2010/7/3  20:08

投稿者:seamonkey

taniさん こんばんは♪
ナナハンとセンヒャクって相違点多いのですか?
素人考えで、ボア、ストローク位しか違わないのかと・・・
フレームは同じですよね?

2010/6/29  19:47

投稿者:tani

seamonkeyさん、待たせすぎて首が長くなっていないか心配です(汗)

雨はウチの周りは比較的大丈夫みたいです。でも湿気がすごいのでそれに気を使うのが一番面倒です。

エンジンは今週は結構手を入れる時間を作ってやってます。もっと早くできれば一番なんですが・・・。

2010/6/29  16:27

投稿者:seamonkey

taniさんお久しぶりです♪
そちらは雨大丈夫だったのですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ