ハイブリット戦争  家業(眼鏡)

不況、不況と叫んでは見たもののどうにかなるものでもない。
何とかするには、発想を変えなくてはならない。
「二足の草鞋」を履く私にとっても簡単ではないことは承知している。
やはり、行き着くところまでいかないと上昇には向かわないのであろう。
クリックすると元のサイズで表示します


少し、違った目で不況を楽しもう。

車業界、今年はトヨタの新「プリウス」VSホンダ新「インサイト」と真っ向からの戦争になるものと思われる。
売れるであろう車は、コンパクトカーとハイブリット車しかないという事情が在るにしろ、けだし見ものである。
トヨタ側は旧型車と新型車の併売、ホンダは200万円以下で価格で勝負の様相を呈している。
技術的なことは専門家に任せるとして、健全な「競争」は進歩をもたらすと思うのです。
両者とも頑張れ!!

私の「インターネット専用メガネ店」も「世界一価格」だけで売れるものでもないとは理解している。しかし、「価格」は大事なのだ。
入ってくるお金が極端に少なくなっている現在、ひとつのアピールポイントだと堅く信じている。
何せ、この値段は絶対不可能だから・・・。

0

閉店余話  家業(眼鏡)

お店をやめて、インターネット販売だけになって半年余り、経済状況はとんでもないことになっており、いいときにやめたと正直思っている。
また、多くの人にもそういわれたりもしている。
閉店にまつわるエピソードは、まだまだ生々しすぎるのでかけることは限られてしまう。
こんな隅っこに置かれたブログでも、意外な人が読んでいたりするから要注意(笑)。

インターネット販売も去年の11月までは結構売れてはいたのだが、12月に入りそれこそパタリと売れなくなってしまった。ここでも景気の影響があるということの証明でもあるように感じる。

さてさて、二足の草鞋もそこそこ板についてきたとは思うが、生の眼鏡業界の情報がほしい。担当セールスマンの話が懐かしく思い出される。

クリックすると元のサイズで表示します

ハンドメイドメガネ、とっても物がいいのに・・・price down!!
0

トヨタショック  家業(眼鏡)

予想以上の経済の疲弊に、日本中があたふたしている印象である。
政治家のみがノウテンキな議論を繰り返しているのみで、哀れなのは国民である。と一応考えては見るのだけど、所詮政治とはこういうものかもしれない。

私のささやかな通販も去年の暮れから、パタリと動きが止まり、なるほど今回の不況は尋常ではないことが再認識される。

クリックすると元のサイズで表示します

この映画のような活躍は不可能かというと、そんなことはあるまい。経済は違った形で再生されるはずだから・・。
私たちは心して力を蓄えなければならない。

どうも経済のことは筆が進まない。

「技術に淫する」ということばがあるかどうかは知らないが、気に入っている。
私にはこだわることにある種の快感がある。
それが生きにくい原因なのだが、どうも変えられそうもない。


0




AutoPage最新お知らせ