時空を超えた拓郎と拙文と  邦画

いま少し佐々部清監督「結婚しようよ」を書いてみたくなった。

この映画の良さは、全編吉田拓郎の曲とともに進行していくのだけれど、それが実に心地いいのだ。
映画の出来としては、やや出来すぎというか、善人ばかりで今の時代にそぐわないのかも知れない。

特に「中の森BAND」のAYAKOのはつらつ振りが、映画に清涼感を与えている。

「いっぱい、いっぱい」という言葉が印象的に使われる。
中年世代の辛さは、拓郎の歌とともに軽くなったようにも思えた。
例え、一瞬でも若き頃語った夢の話がこの映画の中に残っている。

改めて拓郎の歌を聞いてみて、彼は天才だったと思う。
「今日までそして明日から」は時空を超えた歌である。
実は、私は若き頃の拓郎は普通のファンだったわけで、今ほど深く彼の曲を聴いたことはなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

業病は、彼を苦しみから解放しないだろう。
多くの中年にも、余り時間が残っていない人も多い。それでも歌のように生きていかなくてはならない。同じようにまた明日も・・・。
・・・
私の拙文、もういい加減自分でも嫌になるほど、進歩がない。
要するに、すらすらストレスなく書けないのだ、という事はすらすら読めもしないということになる。
何がそうさせているかといえば、若き日に読んだ天才本(おそらく故竹中労)が影響していることと、書くことの才能がまるでなかったことだと思う。
自分のことは、自分で分かるものではあるが、何か自信めいたものが年齢とともに喪失していくようにも感じる。

しかしながら、自分の生きるスタイルは変えられそうにもない。
「厳しい環境で頑張る」それしか私には、中年には、残されていない。
世間でいう幸福は似合わない。

少しづつではあるが「愚痴映画評論風」はやめようと思う。
本日の支離滅裂な文も、このあたりでおしまいにします。
0

拓郎は神様だ。  家業(眼鏡)

去年映画館で見た映画「結婚しようよ」をあらためてDVDで見直した。

去年の今頃は、いろいろなことを清算しなければならない時期で、何かと落ち着かなかった。
見直して感じたことは、ストーリーを無理やり作り、それに吉田拓郎の歌を詰め込んだ感じで、それはファンとしてはとってもうれしい部分も多かった。

私は当時、拓郎の大ファンという事はなかったけれど、生活の中に彼の歌が入り込んでいたことは確かなのです。

クリックすると元のサイズで表示します


自然に口ずさめる歌の多いこと。
私自信も驚いたのですが、簡単に涙が出てくるんです。参りました(笑)。
そして、これは複数で見た最後の映画にもなってしまいました。

*ユーチューブ、色々見てみたが画質が、音質が悪く、くだびれること(笑)。もうやめました。
0

徒然に  邦画

映画は、本来1人きりで見るべきだと思っている。

この頃は1人でDVDを見る機会が増え、それがたまらなく快感なのである。
しみじみと鑑賞し、つまらないものは自然と居眠りをする。

例のこだわった映画「棚の隅」を返却し、日常の映画鑑賞に戻りつつある。
・・・
タレント「清水由貴子」の自殺が報じられている。
日常のありふれたニュースとして、一瞬多くの人を驚かしはするが、またもとの生活に多くの人が戻っていく。
それが生活というものだという事は、誰もが知っていることなのだが・・・。

一般的に、誰もが自分のことで精一杯、それでいいと思う。「葬式ほど迷惑なものはない」そうだろう。

それでも、それでも、「死の重さ」があることも事実。

生きていて、悪いことばかりではないと。

クリックすると元のサイズで表示します

21歳で死に伝説になった「赤木圭一郎」、事故の瞬間彼は、何を想ったのだろうか?
3

「棚の隅」再考他  家業(眼鏡)

このブログに毎日数人訪れてくれる(笑)。やはり、多いと思う(笑)。
この頃は「愚痴映画評論」が多く、奇特な人が全国にはいるものだと妙な感心をしている。
私のような文が多くの人に読まれるようになっては、また困るわけで、ほんのひそかな楽しみとして少数の人とこっそり味わいたいと思っている。

ただ、とんでもない人が読んでいたりするから要注意(笑)。

楽天レンタルで「棚の隅」二度ほど見て返却しようと思ったが、もう少し手元に置くことにした。

この映画ような個人的な領域まで、入り込んでくる映画は本当に珍しいように思う。おそらく映画の出来としては、色々な欠点も見えはするが、そんなことはどうでもいいことなのだ。
生きていて良かったと、映画ファンでよかったと、そんな体験はこれから先の人生何度味わえるのだろうか?
哀しみのほうが多いのかもしれない。

「哀しみの数が多いほど、映画の楽しみ方も多様になる」と思いたい。

お店に馴染んだ先妻の子供が「有難うございました」と客を見送る場面、商売人当時の感情が一気に蘇ってきた。

もう一度だけ「棚の隅」見て、返却しようと思う。
そうしないと先に進めそうもない。


クリックすると元のサイズで表示します

この映画に出てくる「三島ゆり子」のファンなのです。
0

自営業者の哀しみ  家業(眼鏡)

映画「棚の隅」
製作年: 2006年
製作国: 日本
収録時間: 81分
出演者: 大杉漣 榊英雄 内田量子 渡辺真起子
監督: 門井肇
脚本: 浅野有生子
原作: 連城三紀彦



映画「棚の隅」は、小さなおもちゃ屋さんの廃業、人生の再出発の映画だと思っている。

              元妻とその彼氏
                   
     現妻、元妻の子供おもちゃ屋商店主
                  (大杉漣)
               問屋       
                  友人の肉屋→後に破綻?
                  
                           
      模型飛行機に心情を託す→結局お店をやめる 
                    
                  お店の整理
          新たの道を暗示しつつクレジットタイトル
                             
                                        
             
クリックすると元のサイズで表示します


私はこの映画を見ながら、ほぼ一年前のことを思い出していた。
元妻の部分を除いて、ほとんど同じ経過をたどったことがいまさらながら、苦く感じられる。
多くの自営業者が破綻する今、店の片隅で号泣する大杉漣に涙する人は多いはずだ。
私はこの小さな自主映画ともいえる映画に、「自営業者再生の映画」としての1人でも見てほしいと痛切に思った。
なぜならは、この映画に死のイメージがないからだ。

買い掛けが残る問屋から仕入れようとするとき「おもちゃは、気持ちで売るものだ」と店主に言われ、すごすごと帰ってくる。
資金繰りに窮したとき人は、すでに「心」まて売ってしまうものなのだ。

模型飛行機とともに上昇したいと、先妻の子供と、先妻の彼氏と、三者三様に想いを託していた場面は、とってもいい。

ラスト、家族でお店の整理・・・。これもいい

それをたった一人ぼっちでしなければならなかったとすると、それ以上の残酷さはなかっただろう。
1

「立ち直る」という言葉  邦画

石原裕次郎は52歳の若さでなくなっている。
晩年の裕次郎の悲惨さは、語りつくされてはいるのだろうが、人生の帳尻をどこかで合わせているようで物悲しく想う。

人気、特に健康いう運を若いうちに、使い切ってしまったとも思えるのだ。

それでもファンには、貴重な映画という遺産を多く残してくれている。

彼、裕次郎の最高作は、港横浜を舞台にした復讐劇「赤いハンカチ」で異論はなかろう。あらためて見直してみた。
浅丘ルリ子が実によく、匂わんばかりの色香が花を副えているし、二谷英明もすばらしい。

そして、劇中に多く出てくる「立ち直る」という言葉に私は、一層切ない想いを抱いている。

去年、私は個人的な事情で、この言葉を何度聞いたことだろうか?劇中の裕次郎も決してやってしまったことについて、後悔はしているわけではないのに、周囲が「立ち直ってほしい」と勝手に思い込んでいる節がある。
この言葉は言われた当人には、かなりきつい言葉で、上から物を言われる感じでとてもやりきれない。

私たち社会は、常識という価値観の中から外れたものに非常に冷たくもあるが、その人たちを除外することで社会が形成されていることも、また事実である。


クリックすると元のサイズで表示します


私はだからこそ、疎外されし者たちのお話(映画)は一層面白く見られるのだと思う。
勝手な思い込みであっても・・・

それにしてもとこの頃思う。
その後、日活は裕次郎去った後も、ロマンポルノで息をつなぐわけだけれど、そこでの何本かの傑作は、紛れもなく、「はずれ者」に優しい映画でした。
さらに、思うことは、裸の映画を撮り続けることはどこか「荒み」のようなものが、撮る方も見るほうも出てきてしまうものなのだ。
それを超えていったものは、作家性であり、観客の批判眼であったと思う。

「(秘)女郎責め地獄」「(秘)色情めす市場」はしがなき娼婦の、時代劇版と現代版、田中登監督の最高傑作なのである。決して、堕ちたことは後悔していない映画なのだ。



0




AutoPage最新お知らせ