「伊豆の踊子」と川端康成と西部  芸能界



この動画の最後の一分間
西部センセイの含蓄ある言葉で「伊豆の踊子」の疑問が少し解けたような気がする。

芸能と差別、ここをきちっと把握しないと本筋は見えてこない。
「川原乞食」が発祥であったことを認識すべきなのだ。

二世タレントの薬物汚染等々、何か勘違いしているのは親だけでもない、見るほうもどこかおかしいのである。
こういう私も古い芸能観であることも承知して言っているのだが・・・。

_________________

若い人はもうここまで来ているのだ。



中学生が作っているとはさすがに驚いた。

これからの日本、当然若い人に任せよう。
政治に限らず、老人は引っ込んでいることの勇気も必要なのだと思う。
0

不思議な人みーつけた!?  芸能界

NHK『100分 de 名著』宮沢賢治スペシャル
で朗読を担当していた「原田郁子」さん

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.clammbon.com/ikuko/

高名な人らしいが初めて知った。
ともかく独特な朗読と音楽には参りました。

見事に宮沢賢治の世界を表現していた。


クリックすると元のサイズで表示します

うんうん・・メガネも似合いそうですね。

こういう女性にはとことん弱いDEATH(笑)。
少し研究してみます。

またまた楽しくなりそうです。

_______________________

愚痴っぽく
ホンダF1なんとかしてください。
ベットウデモせめて楽しい話題提供して!!

あの稀勢の里を見習え
大企業の恐ろしさプライドを今こそ見せる時なのだ。


0

なんじゃこりゃ! 「死」「4」まつわる話  芸能界



西部邁を知ったのはかなり前の「朝まで生テレビ」、そこで理屈ばかり並びたてる変な右翼風おじさん。
しかしながら、現在の彼はとっても温厚で気持ちの良い話が魅力である。
特に歌謡曲には造詣が深い。

今回の「アカシアの雨がやむとき」前後の政治がらみの話には感動してしまった。
今一度歌謡曲の良さを認識した。

天才「美空ひばり」を語れる人が少しずつ少なくなっていくことが寂しくもあるが、歌が永遠に残る。
Last「死」「4」にまつわる話がいい。

自分も熱かった時代を歌謡曲とともに振り返ることになるのだろうか?

0

頑張れキムタク  芸能界

キムタク何故かシカとされひどい状況らしい。
詳しい状況を理解しようとは思わないけれど、ままあることだから私は一向に驚かない。

木村君にはさほど興味はないけれど映画「武士の一分」は彼の代表作だろう。

こういう状況、彼が成長するにはいい機会なのだ。
一度真っ暗い芸術映画に出てみるのもいいのかもしれない。
「捲土重来」を期待!!

_________________________

正月休みもあと少し。
この期間はメガネに携わることが出来、結構楽しく過ごした。

「ヤフオク」
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p538702858?u=tomiyasu22_0210
これはかなり妙な動きをしている(笑)。

何百というアクセス数があるのに入札が入らない。
ということはラストの30分勝負になるか??

暇な人観察すると面白いDEATH。


クリックすると元のサイズで表示します


0

親ばか子ばか  芸能界

今日は会社お休み
チャンスがあれば会社どんどん休もうと、今年から実行しています。

あまり多くはなかろう自分の時間は大切にしたいものです。

俳優高畑某の暴行容疑、はっきり言えば「強姦」だから犯罪そのもの。
基本的には親は自分と同じ職業を子供に選択させてはいけない。そんなことはだれでもわかっているが、性懲りもなく繰り返すのが愛情の裏返しなのでしょう。
私の会社にも親子とか兄弟とかで勤めている。

これは私にとって想像すらできない怖い世界だ(笑)。

みんな仲良くですか?

馬鹿かと本当に私は思っている。このブログは10人定期訪問の無法地帯だから何でも書けてしまうのだ。

***********

荒木一郎という俳優をご存じだろうか?
彼もまた40年以上前わいせつ容疑で芸能界表から消えたことがある。

それでも当時の映画界は彼の才能をすくい上げた。
「893愚連隊」「白い指の戯れ」「日本春歌考」は代表作

当時と現在とでは大きく違うのは日本が表面上「正義の国」になったこと、圧倒的に不正に対して不寛容になったことだと考える。

犯罪者を許せということではない。

ある一定程度犯罪を犯すものは出てくる。
そういうのをどうするかということです。

マスコミは高畑親子を血祭りにあげて溜飲を下げる。それを良しとする視聴者も気持ち悪い。

************



0

神バンド  芸能界

あらためて「BABYMETAL」の曲を聞き込んでみた
すさまじいテクニックのバックメンバー「神バンド」と呼ばれているらしい。
どこか神がかりの集団

2016年という時代が生んだ「スーパースター」の誕生だと断言してもよいのだろう。
もう世界規模です。

物事には「旬」があります。
いまが旬だとしたら、そこに立ち会えることは幸せだと思う。そしていつかはおしまいがあるのですが、いけるときはどんどん行けばいい。
いずれにしろ60過ぎの私にもこんなことが起こるなんて、長生きするものですね(笑)。
CDも借りました。会社の往復時、車中で聞こうと思う。

****************

クリックすると元のサイズで表示します

アマゾンプライムでの作品

渡哲也が圧倒的に良い。傑作である。目に力がある。
それこそ渡の「旬」の代表作
0

ロックにはまる?  芸能界

この数日「ベビーメタル」にはまっている。



ロックの何たるかも実はよくは知らない。何せ石川さゆりの大ファンなのだから・・当然です。

唯一泉谷しげるの和風ロックが耳になじんでいる。外人さんほとんど知らない。
そうそう「マッドマックス」最新作がロックだと思うが、あの下品さは好ましい。



無理にこじつければどちらも日本の音楽だと思えるのだ。
評価は専門家に任せるとして、快適な音と映像は実に心に染み入る。

「BABYMETAL」は実は外人さんに育てられたと言っていいのかもしれませんね。
それこそ変な外人さんに(笑)。

そして、いつの間にか「職人」になってしまったと・・・。

嗚呼・・これは私の好きな「職人技」です。




0

演歌好きでも興奮  芸能界



BABYMETAL
芸能界を震撼させているようだ。


このリズムの快感は私にも理解できる。以前泉谷しげるのロックに酔ったことがある。
それ以来だ。

音楽「革命」かどうかは素人の私にはわからない。

しかし、アマゾンプライムの年会費3,900円と同じぐらいの衝撃だ。
いずれも中身がすごい。

アマゾンが日本の流通を変えてしまう可能性を感じている。いやいや変え始めている。

お一人さまの私が全く不都合なく生活できるのは通販の発達のおかげでもある。

「人と違うことをする」いいことだ。
0

堕ちるには才能もいる!!スマップネタ  芸能界

外は絶え間ない雪降り
現在のところ温度が高いためすぐには積もらないけれど、夜になり温度が下がると一気に積もるでしょう。

午前中、灯油等万全の備え、明日はどこにも出かけられないのかもしれない。
こんな時は読書・・・

***********
芸能界、スマップネタで盛り上がっているのかしら?
私、彼らを評価したこともない。
何せ彼ら「芸能」の才能があるようには見えない。

ここで本当に解散し一人一人が本来の才能と向き合いじっくり、さらに地を這ってでもいきていくのならば大いに評価しただろう。

堕ちるのも人生だと思うのだけれど、この中途半端さは何なんだろう。
0

頑張れ藤田紀子さん(笑)  芸能界


藤田紀子さん 息子・貴乃花親方とは「一生疎遠になる気が…」

 喫茶店のスピリチュアルマスターとして評判となっているのが、東京・荒川区にある喫茶『パーラーオレンジ』のマスター・室井健助さん(58才)。10年ほど前、亡き父が目の前に現れ、無料で鑑定するよう告げられたことがきっかけで、食事した人へのサービスとして、霊視を開始。「当たる」と評判を呼び、国会議員や大手の会社経営者、芸能人らも足しげく通い、鑑定予約は14か月先までいっぱいだという。

 そんな室井さんが、若貴兄弟の母である藤田紀子さん(67才)に会った。

 「遅刻なんてとんでもない」と、約束の時間より30分前に訪れた藤田さん。礼儀の厳しい角界に身を置いていたからか、時間にはいつも正確。背筋がスッとのび、所作はとても控えめ。還暦を過ぎていると聞いて耳を疑うほどだ。しかし、そんな藤田さんを前に、ムロケンこと室井健助さんは、開口一番「どこをとっても前世は男性だね」と言ってのけた。

 藤田:それ、喜んでいいのかしら(苦笑)?

 室井:変だと言ってるわけではないんですよ。しっかりしていて、“人の上に立てる人”って意味なんです。他人に甘えられないでしょ? 言い方が悪いけれど、(離婚前の、子供たちが関取だった頃の)一家は、あなたでもっていました。ピンチな時に、夫の親方は、わが道を行っちゃう人だったでしょ?

 藤田:ええ。そうなんです。

 室井:だから、部屋のことも家のことも、あなたがすべてをやらなきゃいけなかった。あれだけ騒がれると、いいことも悪いことも、いっぺんに押し寄せてくるよね。よく耐えられましたね。

 藤田:いい時は持ち上げられるけど、しばらくすると落とされる。で、その時になると、親方が一切マスコミ対応をしないので、私が前に出るようになってしまって。見かけが優しそうな人(親方)は、得していいですよね。私は強く見えて、損な人生だわ。

 室井:我が強かったのは親方のほうですね。コッチ(女性問題)の問題も、1度や2度じゃなくありましたね。

 藤田:私が言えないことを…(笑い)。

 室井:あなたはそういう問題をいつもパッパと後始末をしていたんですよね。ただそういう頑張りを、残念ながら下のお子さん(現・貴乃花親方)には、わかってもらえない部分もあるようです。あなたは、お兄ちゃん(現・花田虎上氏)とはウマが合うんですよ。性格的にもあなたと似ているし、彼は人の上に立つ仕事が向いている。弟さんはパワーはあるんだけど、本当は人に使われる方が向いているのかな。ちょっと変わってしまったように私にはみえるね。子育てに差はつけていなくても、兄弟に違いってあるんです。

 藤田:同じように育てたつもりなんですけどね。でも私のせいですね、きっと。私が耐えて耐えて一生あそこにいたら、きっと違っていたんですよね。

 室井:それは違う。二十才を過ぎたら本人の問題ですから。人生で、誰かのせい、なんてないんですよ。婚約破棄の件くらいから、気持ちが変わってしまったようです。結婚が嫌なら自分でそう言えばよかっただけなんです。あなただけ悪者にされてしまいましたよね。

 藤田:むしろ私はまとめようとしたんですが…。

 室井:残念だけど、下のお子さんとは、一生疎遠のままになっちゃうかもしれないね。

 藤田:そんな気がします…。光司は子供の頃はママ大好きっ子だったので、内心では寂しいと思うんですけど。

 室井:おっしゃる通り。でも、所帯を持っている限りはね。

 藤田:でも私は、向こうから来ない限り近づこうとは思いません。冷たいんじゃなくて、本人がそう思っている以上は、そうさせてあげたいから…。ただ、事態が悪い方へ誘導されていても、その時は気づかなかった。すぐに他人を信じてしまう私がバカなんでしょうね。

 室井:人間はね、利口じゃないとバカになれないんですよ。

 (見る間に、藤田さんの目には涙があふれた)

 藤田:…親方とのこととか、いろいろと思い出しちゃいました。

 ※女性セブン2014年10月23・30日号


何気なく読んだ週刊誌の記事
私の心情にもかなり近くついついコピーして保存することにしました(笑)。
人生とはこういうものでしょう。

理解しえないのも、仲良くできることも、てきないことも、一生疎遠なのも、、、、またおかし

私、ほとんど興味がなかった「藤田紀子」さん、これからは陰ながら応援することにしました。

「頑張れ」と・・・
0

缶コーヒーを飲みながら  芸能界

同僚の男性が「悪性リンパ腫」で入院
長期療養の始まりになるだろう。

私たちの年齢になるといつどのようになるのかは、神のみぞ知るといった塩梅。

********************
藤圭子が自殺
暗い印象は売りでもあったし、本心でもあったのだろう。
あまり驚きはしないけれど、やはり自然死のほうが良いのだろう。
そうはいっても事情があるだろうから、外野はとやかく言うものではあるまい。

所詮人間は一人、孤独が当たり前なのだけれど・・・それは認めたくないこともわかる。
夫婦がうまくいかない、子供との関係もうまくいかない。

実はうまくいかないことのほうが多いような気がする。
「幸福」観念にとらわれる必要もあるまい。

好きな人と、気に入った人と少し縁を持てればそれで十分なのだと思う。




むろん私も葬儀無用、もちろん戒名もいりません。
ほとんど泣いてくれる人はいないだろうけれど、ネット仲間にどうしたら知らせることができるのだろうか(笑)。
0

放送禁止歌A  芸能界



懐かしい曲がいっぱいの番組でした。
覚悟さえすればほぼ不可能なことはない。
解放同盟との対談が物語っている。



学生時代、友人のマブチ君が好んで歌っていた「手紙
0

放送禁止歌@  芸能界



クリックすると元のサイズで表示します


森達也の本とテレビドキュメンリーがとっても面白い。
あまり面白いものだから、少しずつ読んだり見たりしている。

********************************
地震大したことないようでよかった。

中村勘三郎が死んでしまった。若すぎる。
私歌舞伎のことはよくは知らないが、映画では大したものは残っていない。
バラエティ番組での話は面白かったがそれだけという印象。
「目が死んでいる」という脚本家中島丈博のきついNHK大河批判、本人もかなり気にしていた模様。
死んだ人にはとやかく言うまい。
0

古い奴とお思いでしょうが・・・  芸能界

菅原文太、役者引退を表明「全部デジタル…そういうの合わんのだよ」
こんな記事が出ていた。

クリックすると元のサイズで表示します


故深作欣二のアクション映画に親しんだものとして、文太兄の違和感は痛いほどわかる。
肉体を使わないハリウッド映画の弊害は日本映画にも蔓延している。

本格的なやくざ映画も、もう無理な状況で文太の出番はほとんどない。
さらに政治的な動きは仕方がないにしても、ご苦労様と言いたい。
それにしても深作アクションは最高でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は会社お休み、有給休暇。
勤め人のいいところです。
**********************************
政治家の本気度を見極める時期に来ている。
おそらく年末に選挙、そして自民党が政権を取るだろう。
安倍さんまた総理!?

ほかに誰がいる?

「そして誰もいなくなった」

本気で怒っていた故竹中労、いやいや本気で怒っていたもう一人野中広努もそうだったこと覚えている。
どんな状況下でも人間の本気度はわかるはずだ。
たった一行のメールでさえ!!
0

三國連太郎  芸能界

昨日、NHKで高倉健を取り上げていた。
俳優として高倉が晩年であることは間違いないところではあるが、大NHKに取り上げられることはほぼ「終」を意味すると言ったら気の毒だろうか?

渥美清しかり、なにか嫌な予感がする。

映画「あなたへ」の宣伝にも見える今回の放送、誰でもいい人で死にたいということだろう。
この放送で唯一の見せ場は、大滝秀治の演技、映画の中でもただ一人まともな演技をしていた。

*************************************

クリックすると元のサイズで表示します

さて本題、三國連太郎私の尊敬する俳優の一人である。
現在施設に入っているとか言われているが、そうかもしれない。

彼の博識ぶりはつとに有名なれど、この本を読むと一層理解が進む。
最も、私には少し知識不足のため概要しかつかめなかったのも事実である。
三國が被差別部落の出身であること等を含め初めて知ることも多く、この本を読むと「飢餓海峡」の名演の意味が理解できる。
「出自」は人によっては極めて重いものでもある



竹中労もこの芸人論の中で三國も取り上げてる。
参考にどうぞ
0




AutoPage最新お知らせ