幸福のスイッチで検索した結果、1件見つかりました。
少し気にかかる映画と沢田研二  家業(眼鏡)

映画「幸福のスイッチ」、かなり不満があるが、何故か無視できないような情感を持っている。
地方のしがない電気店の奮闘記であるが、主役の上野樹里が終始不機嫌で見るほうをいらいらさせる。
もともと、彼女笑顔が素敵な明るいキャラクターなのに、すこしひどい演出だと思える。
現実問題として、このような電気店が生き残っていくのは至難の業で、店主(沢田研二)の創意工夫で何とかなるという映画設定は、やや夢物語に近くなりつつある。

それでも、地方で頑張っている商店主は数多くいるわけで、その応援歌として立派に役割を果たすのだろう。

どうすれば、小さいお店がが生き残っていけるのか、私にも皆目見当が付かないのだが、発想を変えること、どう変えるかは個人で考えるしかない。と無責任なことしか言えない。
「地味にコツコツ」は駄目ですし、・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
最後は私のことしか言えないけれど、
「好きなことを商売にしてはいけない」              
「その商売が好きになったら早めに見切りを付ける」
あらゆることを犠牲に出来るのならば、「自分の心に従え」と

クリックすると元のサイズで表示します

1




AutoPage最新お知らせ