2006/6/19

昔バトン  自己紹介をかねて

かえるさんより受け取ったバトンです。

●Q1●あなたは昔は何系でしたか?

昔からひとりでポツンといる(休み時間も教室で本を読んでいるとか)タイプで何系というのはないなー。
無頼。無頼系か?

●Q2●あなたは昔何か習いごとをしていましたか?

お習字とか水泳とか、普通に。
学習塾は小学校3年生ぐらいから通っている。
ほかの人と違いそうなのは、言語障害でどもりがあったため、発声練習に通っていた。タルコフスキーの『鏡』の冒頭で少年が発声練習しているシーンがあるけどあんな感じでした。

●Q3●今と昔、一番変わったなーと思うことは?

自分が変わったわけではないが、携帯電話とかパソコンとかが出て来たことでコミュニケーションのあり方は大きく変わりました。
(携帯電話もパソコンもない時代のデートを今の学生とかは想像できるかなー?と思う。待ち合わせに相手がこなくて、家に電話して親から「娘とどういう関係の方ですか?」と詰め寄られるとか。)

●Q4●今と昔、変わらないなーと思うことは?

映画館に映画を見に行くことが一番の楽しみであること。

●Q5●昔からのトラウマはありますか?

やっぱり言語障害があったことでしょうか。 口下手になった要因。

●Q6●昔なりたかったものは?

漫画評論家
(映画評論家はいるけど、漫画評論家はあまりいなそうだから穴かもとか思っていた。真面目にめざせば良かったかも?)

●Q7●あなたの昔の失態を教えてください。

いろいろあるが、知りたければブログの「恋愛論」というカテゴリーの記事でも読んでください。

●Q8●今と昔の異性の好みを教えてください。

昔から、ボーイッシュでさっぱりした感じの人が好きですが。
でも、範囲は広がって来ていると思う。結局、それぞれの人にその人ならではの魅力というものがあるわけで、自分の好みというより、その人ならではの魅力を見つけた時に興味を感じます。

●Q9●できるなら、あなたの昔の写真をはりつけてください。

これはパス。

●Q10●10人に回してください。

10人は多いので5人、あげます。
もしここを見て、よければもっていってください。

Akoさん
mirokuninoti(さんくふる)さん
はるちょんさん
ピンク屋さん
栗本東樹さん
0

2005/3/23

地球は自転している  自己紹介をかねて

今日は。フリータ−の万年映画青年、kusukusu氏のブログです。
kusukusu氏は、ある時は文化記録映画助監督やテレビ番組のADをしている『映画びと』の見習いです。
自ら公害問題の自主ドキュメンタリー作品を制作しようと構想、準備中です。

『地球が回ればフィルムも回る』というタイトルにしたのは、kusukusu氏が
『地球は自転している』ということがもしかしたら物事の基本を成すものなのかもしれないと考えているからです。

『地球は自転している』
これは別にそれだけではなんということもない、ただの現象でしかないように思われるかもしれません。しかし、kusukusu氏がこれこそ、すべての物事の基本かもしれないと考えているのは、ただそれだけのありのままのことをありのままにとらえた、ただの現象でしかないものこそがこの人間社会の基本なのかもしれないと思うからです。
そして、ありのままのただそれだけのことだけれども、地球が自転しているからこそ、世の中は常に動いているのです。時間の流れは誰にも止められないし、世の中が絶えず流動しつづけることは何びとにも止めることが出来ません。

これは映像作品にとっても本質的な問題です。フィルムからビデオ、さらにデジタルへと映像(映画)作品の制作のツールは変わって来ていますが、時間とともに進むものだという映像というものの本質の部分は変わっていません。
つまり、映像(映画)作品とは、ありのままのこの地球上の人間社会をそのまま反映したものなのです。地球が自転して回っているように、映像も常に時間とともに進みつづけるものであるからです。この時間とともに進行するしかないということにより、本質的に現実の人間社会そのものの表現でもあり得る(現実の何かを表現として昇華させたものであるというより、現実の人間社会そのものの表現であり得る)という、そこに映像(映画)表現の本質があると思います。ここが他の芸術とは異なるところであり、だからこそ映像(映画)とはやはりドキュメンタリーであることを基本にした芸術なのではないでしょうか。

話がとりとめもなくなってきましたが、映像(映画)表現の問題としてだけにかかわらず、とにかく人間社会は絶えず流動的に動くことでこそ、成り立っているのだと思います。時間が止まってしまっては社会は止まってしまいます。もちろん、いつもいい方向に進んでいるとは限りません。悪い方向に行ったり、戦争などの悲惨な方向に行くばかりという時もあるでしょう。それでも、動かなければ何事も始まらないし、動き変化することでこそ、すべての人間の営みに血が流れ込んでいきます。
だから、やっぱり
『地球は自転している』
ということが大切なのです。

前口上が長くなりましたが、アカデミー賞の授賞式で、映画づくりとは絶えず新しいことに挑む勉強であり、そのことを70をこえても続けられている自分は幸せだ・・といったスピーチをした(かなりうろ覚えの意訳なので、全然、実際のスピーチとは違ってたりするかもしれない、嘘かもしれないけれども)クリント・イーストウッドのように、進んでいるのかどうかは分からないけれども、とにかく流動し続けるしかないのではないでしょうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ