・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2008/4/24  21:34

これはもう  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


この画像にピンときたあなたはご同輩。
そうなんですよ、今日書店で絵本をさがしていたら、各安ソフトコーナーなんてものがあってなにげなく見ていたら百恵ちゃんのCDやらオルゴールCDやら、名作映画DVDやらが並んでいましてずーと追いかけていたら、なんとなんと「月光仮面」シリーズがありました、手に取ろうとすると隣には「まぼろし探偵」があります

そしてもっと驚いたのはその値段です、1タイトル500円ですよ、今では生DVD1枚買っても100円はします
それが500でソフトが買えるのです、著作権が切れたのでこの価格なんでしょうか、まさか海賊版かと思い発売元を検索してみましたが見つけられませんでした、でもJASRACマークも入っているので大丈夫でしょう

恐れ多くてまだ封をきっていないのですが「まぼろし探偵」の隣に写っているのは誰あろう「吉永小百合」様
ですよ、信じられますかあのお方も幼少時代はヒーローものに出ていたんです、そして言わずと知れた「月光仮面」自分は雪の降る中を隣町まで歩いて一時間かけてみの映画を見に行った記憶があります、確か小学校一年生だったような気がします

これから失礼して我家の100インチシアターで堪能したいと思います、レポートはまたいつか
0

2008/4/19  20:46

銀河鉄道の夜  あれこれ



先日[えほん倶楽部]の会員となった「にいつ美術館」の主催によるイベントが新潟市の燕喜館でありました
「銀河鉄道の夜」の解説と朗読とのことで行ってきました

以前参加していた市民団体が制作するラジオ番組でお世話になった「FMにいつ」の元アナウンサーの
東村里恵子」さんの朗読で聞かせてもらいました、絵本同様読んでもらうとこちらもすーと入って来て新しい感動がありました、「銀河鉄道の夜」と言えばアニメ映画の場面が印象的でこの本を読むたびに頭の中には映画のシーンが出てきます、それで銀河鉄道の夜も自分には身近なものとなりました

イベント自体はとても良いものでしたがひとつ気になる事がありました、旧家を移設して作った今日の会場
は和室を2つつなげて70人以上が楽しんだのですが、朗読にマイクを使っていてそれもかなり小型のPAなもので自分にはその音がとても気になりこの広さの会場と人数ならぜひ生声で読んでもらいたかったと思いました

大学講師の解説はなかなか面白く時間があっという間に過ぎてしまいました、「宮沢賢治」が実は裕福な家庭で生まれ育ちかなり恵まれた生活をしていたとの話には驚きました、勝手に宮沢賢治の生い立ちを想像していたのですが考えてみればだれもそんなことは教えてくれませんでしたからねー

銀河鉄道の話には「タイタニック」が登場しているので近年のはなしなのにこれまた随分昔のように想像していたのはなぜでしょうか、こうやって朗読やら解説で作品に親しむといろんなことがわかり楽しいものです
絵本読みの参考になったかな?

0

2008/4/13  19:42

おはなし隊と絵本倶楽部  絵本の読み聞かせ


昨日、講談社主催の「全国訪問おはなし隊」の新潟県説明会が開かれ参加してきました

県内の保育園・幼稚園にキャランバンカーが絵本を積んで行き、子ども達から絵本を楽しんでもらい、ボランティアさんから絵本の読み聞かせをしてもらうというものです

新潟市で開かれた説明会にはなんと80名以上のボランティア希望者が参加をしました、こんなに沢山の人達が日々読み聞かせをやっているとは驚きです、この日はそれぞれが好きな絵本を一冊持参するという事でみなさんのもってきた絵本タイトルをリストにしたものがが配布されたのですがこれがまたびっくり、なんと参加者全てが違う絵本を選んでいました、つまり80冊以上の絵本リストが出来た事になります、他の方の好きな絵本を知る事が出来てナイスな説明会となりました、自分は他の方々のようにグループでは参加していないのでまだどこで読むか決めていませんが楽しみです

そして今日は新津美術館の「絵本倶楽部」と言うボランティアグループの説明会と顔合わせ会に参加してきました、美術館での行事で絵本の読み聞かせの機会がどのくらいあるかまだ良くわからないのですがこちらは20名くらいいるようで、またあらたな出会いがありました、こちらもどのような展開になるか楽しみです

そして今日の書店での絵本らいぶは こちら で読んでね

0

2008/4/6  8:49

火垂るの墓  あれこれ



自分の中で一番印象の残っている映画はと聞かれると迷わず上げるのが映画「火垂るの墓」です
野坂昭如原作で自分が知ったのは1988年あのスタジオジブリと高畑勳さんのアニメ映画でした、当時はアニメという事であまり感心がなかったのかもしれませんがかなり衝撃的に自分の中に入ってきました

本作はその後日本テレビで終戦記念番組で幾度も放送されていますが2005年に実写版として日本テレビで放送されました、原作がありアニメ化されたものが実写版で映画化されるとかなり違和感を感じてしまうのだが
井上由美子さんの脚本によりこれはまたあらなた作品となったように思う

その実写版が何と何と本日4月6日14時からwowowで放送されるのです、むろんハイビジョン放送です、一般の自分達が手にする事ができる映画の中ではwowowのデジタル放送が最高画質だと考えていますのでこれはもううれしい限りです

今からとだと遅過ぎるかもですが、ご覧になれる方はどうぞ

http://www.ntv.co.jp/hotaru/
0

2008/4/4  13:07

もしかして・・・  あれこれ



絵本らいぶがない日が続いているのは先回も書きましたが、ここにきてもしかして・・・と思う事態になってしまいました

潰瘍を大事に持っているのですが、先日朝お腹がチクチクとするのでヤバいなと思ったのですが朝食を食べたら収まったので忘れていたところ翌朝も同じ症状になってしまいました、そこでやって気がつき、この道はいつか来た道だと

そうなんです、胃潰瘍再発です、このタイミング絵本らいぶをやらない日が続いてまもなく一ヶ月になります
毎週保育園に通って絵本を読んでいる時は日常的に机の上に絵本が乗っているのですが最近は出番がないので何もありません、よって家でも読まない日があります、以前絵本には癒し効果があると書いた事があるのですがひよっとしてひよっとします

偶然なのか・・・この時期に再発です   絵本を読まない・・癒しがない・・ストレスたまる・・潰瘍再発
この図式なんでしようか、ともあれお医者さんに行き薬をもらってきましたがその足で図書館に行き絵本をどっさりこんと借りてきました、はたして効果はいかに・・・・次週に期待
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ