・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2009/8/23  17:19

楽しいツァー  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


往復マイクロバスを連ねての横浜ツァーは大変楽しい旅行となりました、お店でのらいぶが終わってからは場所を異動して打ち上げになります、上の画像はらいぶ会場にきていただいた絵本作家「あいのやゆき」さんとのツーショットです、あいのやさんとは昨年新潟に来ていただいたときサインいり絵本を買わせていただき今回も声をかけていただきました

あいのやさんの「いっぽんばしにほんばし」は最近の自分の十八番になり保育園での絵本らいぶなどでは毎回読ませてもらっています、狸さんがとてもかわいい絵本で手遊びをしてくれるものです、和服が良くお似合いで絵本らいぶをしているときには誰だかわからず終わってからようやくご本人と分かった次第です、きれいな方で隣に座ると少し照れるふくちゃんです

打ち上げでも今の「読み聞かせ」の現状などをお話しさせていただき絵本作家さんの立場からご意見やらを聞かせてもらいました、話すほどに優しさが感じられる方で帰宅してから早速あいのやさんお勧めの絵本を三冊購入しました

画像の中段は新潟の寺泊在住のミュージシャンを自宅まで送ってきたのですが普通の家の写真ですが下段の画像は何と車庫を改造してスタジオを作ってしまったという事です
PA・楽器・スポットライトなどを備えてちょっとしたライブができます、早速みんなでミニライブをして盛り上がってきました、今は夏は暖房・冬は冷房完備とのことで多少使い勝手に難がありますがいつか絵本らいぶもやってもらいましょう

こうして横浜ツァーで盛りあがり、新潟に帰宅途中で盛りあがりあっという間に二日間が終わってしまいました、今年の夏は気候は暑くなかったのですが自分にとっては熱い夏となりました
0

2009/8/20  17:43

記事に  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




新潟市の書店でも販売されている雑誌
 NIIGATA INTERVIEW MAGAZINE に毎月絵本らいぶをやってもらっている子育て支援センターの記事が載っています、その中で絵本らいぶの様子を書いてある記事と画像が載っていますのでブログに掲載をさせていただきました

自分のブログには子どもたちの顔をだせない事が多く雰囲気を伝えることが難しいのですがこの雑誌に掲載されている画像を見ると親子さんたちがとっても楽しそうに絵本を見てくれている様子がわかります

こちらの施設に通いだして四年が経とうとしています、おかげでいろんな経験ができました今月はまた新企画ができ楽しい事になります、最近は楽しいことが次々にやってきます、いいことですねー

紹介の雑誌はHPからも購読ができますのでよろしければどうぞ
0

2009/8/15  18:48

お盆とくれば  あれこれ

クリックすると元のサイズで表示します




「火垂るの墓」
これを見てぴーんと来た人はすごいです、日本テレビが毎年お盆にこの映画をかけるようになってから何年になるのでしょうね、覚えていないのですが近年は毎年やっているような気がします

野坂昭如さんの原作をアニメ化したものです、公開当時はまだ映画が二本立てで見れた時代でした、ちなみに
二本立てというのは新作映画が二本見れると言うことです、今は一作品で入れ替えですね、本作品と一緒にかかっていたのは「となりのトトロ」でした

当時は残念ながら映画館ではみれずその後テレビで放映されたのを見てこの「火垂るの墓」がとても気になる映画になりました、そして以後はこの作品を最初から最後まで通して見ることが出来なくなりました、とにかく辛く、戦争ゆえの世相や人々の日常がこれほど衝撃的に描かれているのは自分にはとてもショックでした

戦争ものなら他にも無数の映画やこの時期には多数のドキュメントが放映されますが本作品ほどには胸をうたれることはありません、なぜそれほどこの映画が自分の中に入ってくるのかは未だに良くわかりません、ひょっとしたら突然絵本を読むようになったのはこのへんのことと何か通じるものがあるのかもしれません

ちなみに通して見れない映画があと2作品あります
「鬼畜」
震える舌」誤解をする人のためにリンクを貼っておきますのでみてください、あの手の映画ではありません
これに「火垂るの墓」を加えた3作品はぜひおすすめします、どこまで耐えられますか

画像は作品の中で主人公が大事にもっている「サクマ式ドロップ」復刻版です、20年以上前にひとつみつけて大事に戸棚に入れていたらあめ玉は全て解けてしまいました、最近またまたみつけて買いました、今度は冷蔵庫にいれましたが食べることが出来ません、映画のシーンを思い出してしまうのです

日本テレビはこの先何年この作品を放映し続けてくれるのでしょうか、ずーとお願いします
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ