・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2012/7/26  22:44

クラシックな夜  あれこれ

昨夜突然クラシックコンサートのチケットが車に乗ってやってきました、せっかくですのでありがたく聞かせていただきました

「グレンツィングルオルガンの魅力」「JSバッハオルガン小曲集」てなタイトルです

演目など詳細は芸文のリンクをみてください、ただし公演終了後はリンクが消えるようですので時間の問題かもしれません

そもそもクラシック音楽の事など全く知りません、でも時々出かけます、理由は生の楽器音が聞けるからです、いまではほとんどの楽器が電気を使わないと音が出ません、唯一生の音が聞けるのがクラシックコンサートなのです

生の楽器の音はとても心地よく聞けます、その曲を知らないと快眠できるくらいです、それはとりもなおさず「心地よい」からなのです、実際クラシックコンサートに出かけて眠ったこともあります、幸いいびきはかきませんでしたが

今日のコンサートは何と言っても会館そなえつけのパイプオルガンです、さらに今日は響きの変化が確かめる事ができるように全席自由で休憩時間には席を移動しても良いとの説明でした、前半は二階後半は一階最前列に座って堪能いたしました、最前列と言うのはクラシックコンサートではあまりナイスなポジションではありませんが、とりあえず空いていたので座った次第です

今日の出演者の中では新潟市ジュニア合唱団の八人の女子が素晴らしかった、待ちの間椅子に姿勢を正歌う直前には一斉に立ちあがり、その澄んだ声を聞かせてくれます、八人の動き方が見事に統率されているのです、若さのエネルギーが垣間見えるようでした

久しぶりに聞いたこのホールのパイプオルガンは一度は市民みんなに聞いてほしいものです、客席椅子をとっぱらってその響きで録音したと言うCDを購入させていただきました、なにやらオーディオ雑誌でも評判のCDらしいですよ

思わぬいただきものでクラシックな夜を堪能いたしました、ありがとうございました
0

2012/7/5  7:09

テレビニュースを見る前に  絵本の読み聞かせ

クリックすると元のサイズで表示します


7月5日午後6時〜からの新潟県内のテレビ Teny テレビ新潟さんの夕方のニュースの中で絵本らいぶを取り上げていただくことになりました

朝、新聞のテレビ欄を見たら画像のようなタイトルになっていました、結構刺激的ではありますが一般の人のとらえ方としてはこう言う表現もあるのかなーと思います

インタビューを受けていた中で自分の言い方で「正統派読み聞かせ」と言う表現をしたと思います、それに反応して対するふくちゃんは「型破りな読み聞かせ」となったのかもしれません

インタビューの中では話さなかったのですが、絵本を読み始めたころ後の記憶に残る事がありました、図書館で「ふくちゃん絵本らいぶ」を開催していただいたことがあります、終了後、担当司書さんがポツッといった言葉

「絵本を使ったイベントでしたね」・・・・

その時は聞き流したのですがどうにも引っかかる言い方でした、真意は聞かなかったのですが、自分なりの理解では「あなたのやっている事は読み聞かせと言う言わずイベントなのよ」・・・と言われた気がしたのです

今なら「絵本は好きなようにこどもに読んであげましょう」と言っている身なのですが、当時はそんな言葉使いにも敏感に反応していたのです

このように言い方一つでも様々な理解をされている絵本の世界なんです、こんな事を言っているから型破りなんでしょうねきっと

言いたい事は

特に子育て現役世代の皆さんはぜひお家で毎日こどもと一緒に一冊でもいいです、絵本を楽しんで下さい

インタビューではこれが言えてなかったような気がします
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ