・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2015/6/23  14:29

絵本講座 津南町  スケジュール

クリックすると元のサイズで表示します


新潟県 津南町 での絵本講座 7月12日開催です
0

2015/6/9  15:00

先生に絵本講座  絵本講師

あるのかなあるのかな
作:織田 道代 / 絵:飯野 和好出版社:鈴木出版絵本ナビ


おならうたおならうた
原詩:谷川 俊太郎 / 絵:飯野 和好出版社:絵本館絵本ナビ


クリックすると元のサイズで表示します



ご縁があって小学校・中学校の先生に絵本講演会をさせていただきました

子育て現役の父母・祖父母・読み聞かせボランティアさん・一般の皆さん・学生さんなどに絵本講座ということでお話をする機会はありましたが「先生」に向けては初めての経験でした

どんな話をするか考えるほどの事もなく、自分が絵本について話すはただ一点「親子で絵本を楽しみましょう」「絵本は大人も含めだれでも楽しめるし、楽しんで良いです」との事だけです

終了後に「絵本を読んでいない人達へのアプローチ」は新鮮だった、とのご意見をいただきました、そう言えば絵本講座とか絵本セミナーなどはどちらかと言えば「絵本を知り深める」ための学びの場が多いように思っています

そんな事を絵本の世界に入った時に感じていました
「なぜ絵本を読んでいない側からの発信が少ないのか」と考え、それならば自分がその話をすれば良いのではと思い、絵本講師と言うものになった気がします

絵本を読まない世帯が多いのは、こちら側からのアプローチが少ない結果なのかなとも思います

読んだ絵本はたまたま二冊とも飯野和好さんの絵本になりました、20冊以上を持っていったのですが、先生にはこれかなと思い選んでしまいました

アンケートでは
「このような絵本も読んでみようかな」とありましたので、意をくんでいただいたようです

それにしても各校の校長先生や教頭先生までが参加してくれ、そこは職業柄話を聞くのが上手くこちらも話をしていて気持ちが良いほどでした、皆さんありがとうございました
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ