・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2016/5/21  18:51

テキストに  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します



専門校の授業に2冊使っています


それぞれの「絵本講師」さんが


どんな絵本を


どんな思いで読んでいたのか


33名の味が出ています


「続・絵本講師の本棚から」にはふくちゃんも書いていますよ
1

2016/5/20  21:45

アンケートを集計してもらいました  絵本講師

1

2016/5/9  17:46

「おかあさんだいすきだよ」  絵本の読み聞かせ

おかあさん だいすきだよおかあさん だいすきだよ
作・絵:みやにし たつや出版社:金の星社絵本ナビ


ある方にアドバイスを求められました

あるおかあさんにこの絵本を読んであげたいが、

いかがでしょうか、と

聞けば読んでもらう方はある事情で子育てに疲れて

いるのではと思うとのこと

読む側と読んでもらう側の関係性やお付き合いはどの

ようなことなのか、判断できないので明快な答えは

出来ませんでした

ただ「読むのに迷う」と言うことは、読み手本人も

「とにかくこの絵本を読みたい」と言う勢いのような

ものはないものと感じて

であれば、避けたらどうか、との個人的な意見を述べました

具体的なタイトルを指して

この絵本を

このような人に読みたい

良いか・悪いか

一概には答えにくいかなと思うところです

2

2016/5/5  18:20

これはいいですね〜  あれこれ

以前より行ってみたかったJR内野駅前にある
  「ツルハシブックス」のイベントに参加してきました

「絵本の読み聞かせ会」と聞くとどんなイメージがありますか
今日は少し変わった読み聞かせを見てきました
読む人が若い人達なんです、高校一年生にして読む姿は
もう何年も読み聞かせをしているように姿が決まっています
他の人達もいずれも、もう絵本が好きでたまらないという
皆さんです

参加している皆さんもいずれも絵本好きの様子が見れます
「絵本の読み聞かせ会」と言うのはなじみのあるところでは
長きにわたり読み聞かせをしているボランティアさん達が
開催したりするものが多いのではと思っています

今日のようにおじさん的に見ると「若者」が好きな絵本を
読み合う会というのは知っている限りではあまりないのでは
と思います

ぜひこのような「読み聞かせ会」があちこちで普通に開催
されて、ふらりと立ち寄れるようになって欲しいものと思い
ます、終了後主催した幼稚園教諭をめざす人や参加した
保育士をめざす人とお話しをさせていただきました
この時間もまたとても意義がある時間でした
GWイベントとして自分の中では一番楽しい時間と
なりました、

絵本には縁遠い年代の皆さんの試みに大いに期待します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ