・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2016/8/25  11:13

「オノマトペ」ってなあに  絵本講座

今朝の新聞に「食のオノマトペ」と題したコラムがありました

自分は絵本の勉強をしていた時に初めてこの聞きなれない

「オノマトペ」と言う言葉に出会いました

どうも、幼い子ども向け絵本に出てくる

「ジャージャー」「ブッブー」「トントン」

などの「擬音」との意味でつかわれるフランス語とのことらしい

詳しくは ウイキペデア などで調べてください

このオノマトペ絵本を使えば幼い子どもたちへの読み聞かせは

簡単かつ分かりやすい

なんせ擬音なので正しい読み方も何もないのです

読む人の好きな読み方でいいでしょう

かみなりゴロゴロー・雨ザーザー てな感じです

このオノマトペが出てくる絵本を楽しめるようになると

読み聞かせのコツが見えてくるかもしれません

それにしてもなぜフランス語なのでしょうか

単に擬音ではいけなかったのでしょうかね

こちらは擬音が出てくるお気に入り絵本です


ゆめにこにこゆめにこにこ
作:柳原 良平出版社:こぐま社絵本ナビ


こちらも面白い 五味太郎 ばったくん 福音館書店


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/8/18  16:18

お家で絵本を読む(動画)  絵本講座




親子で絵本を楽しむ場合はどうやって読むか?


これも絵本講座で時にでる質問です


答えは


普通に読んでください


普通ってどうやるのか?


読む人の好きなように読んでください


親子が絵本を楽しむ場合は、「絵本を読む」のが目的ではなく


親子で楽しい時間を過ごすための道具として「絵本」を使う


と言う説明をしています


この3歳5か月のこの子どもはとてもおしゃべりが好きです


絵本を読んでいるとどんどん質問をしてきます


そのやりとりをしながら二人で絵本を楽しみます


この絵本を読んであげるといつも最低3回以上は読まされます


こどもはまだ文字は読めませんが


すっかりと内容を覚えてしまいました


よって、自分で話をしながらページをめくるのも


楽しい時間となっています


お家で絵本を楽しむのは、ほかのことで遊ぶ時と同じで良いのです
1

2016/8/12  10:11

子どもに絵本を読んであげるのは、だれ?  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



家で子どもに絵本を読んであげるのは誰ですか?


と聞けばたいていの人は


父母や同居していれば祖父母が読むと答えてくれます



父母や祖父母は大人です、この「大人」と言うところが大事なのです


家でわが子に絵本を読んであげた方が良い


と言うのは皆さんが知識として持っています


でも読んであげている人は意外に少ないのです


それはなぜか?


子どもに絵本を読んであげる→


子どものものなので読んであげる大人は楽しくないし面白くない→


だって「絵本は子どものもの」だから


とのことのようです


これは絵本の本当の姿を知らないとこうなります


大人が楽しめる、自分で読んでも


(できれば誰かに読んでもらった方がより楽しい)


楽しい絵本はたくさんあるのです


それらの「大人が読んでも」楽しい絵本に巡り合っていないだけです


子どもに絵本を読んであげるのは大人(親)です


その大人が絵本を読んで楽しいと思わないと


わが子に日常的に絵本を読もう、とはなりにくいのです


ではどうしたらよいのか、と言うことを「絵本講座」で話しています


1

2016/8/10  17:50

「読み聞かせ」、と言うと思い浮かぶシーンは?  絵本講座

日常的にわが子に絵本を読んでいない人に聞いてみます

「絵本の読み聞かせ」と言うと、どんなシーンを思い浮かべますか

多くの人の答えは

保育園などで先生が子どもたちに絵本を読んでいるシーン


図書館や公民館でボランティアの人が、


子どもたちに絵本を読むシーン


などが多いのです


これは一人の読み手に対して聞き手は複数です


そしてこのシーンの時には読み手は「読み聞かせ」をするために


いくつかの技術や手法を学んで行うことが多いのです


世の中で「絵本の読み聞かせ」はこうやって行う


と言うお決まりごとはほとんどがこの1:複数の場合なのです


家で父母と子どもたちが絵本を楽しむ場合はあまりこの事に


気を使う必要はありません、普通に・自由に楽しんで良いのです




2

2016/8/8  6:47

文字のない絵本はどうやって読むの?  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


絵本講座で絵本を日常的に読んでいない人の質問を受けます

「読み方が難しい」との質問です

この質問を言ってくれる人は大体ご自分の中に

「お手本」がイメージされています

それは「アナウンサー」さんや長きにわたり絵本を

読んでいるボランティアさんの

読み方が頭にあると「読み方が難しい」となります

そんな時にはこんな絵本を紹介しています

「おとうさん」は絵はありますが文字は全くありません

そう「文字のない絵本」なのです

困りましたね、これは一体どうやって読むのでしょうか

答えは「親子で絵を見ながら好きなように話を作って行く」

これだと読み方も何もありません、そうすると必然的に

「親子が絵本を使ってコミュニュケーション」をとって

いることになります、普段親子が会話しているそのままに

楽しんだら良いのです

「おふろやさん」は最初に

「これから、あっちゃんは、おとうさんと おかあさんと
あかちゃんといっしょに おふろやさんにでかけます。」

これだけが文字で書いてありますが、あとは絵だけです

最初にお話がついているのであとの展開は簡単そうですよね

普通の絵本もこの調子で「親子で会話して楽しむ」ようにして

もらえば絵本を読むのに「難しい」は忘れてしまいますよ

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ