・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2017/1/6  22:01

家庭で絵本を読む世帯数は  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



新潟市立図書館がブックスタートについてのアンケート

結果を図書館HPで公表しています

平成27年度のアンケートです

画像はpdfになっているものの一部を引用しました



興味深いデータがありました

1329人からアンケート回答があり

家庭でわが子に毎日絵本を読む世帯が

     36.7%

週に数回よんでいる世帯が

     41.0%

合計すると

     77%

の世帯で親が日常的に絵本を子どもに読んでいるとなっています



7割以上の家庭で絵本が読まれているとなっている分けですが

自分の絵本講座では「福島データ」として保育園や

支援センターでの絵本講座で保護者さんから聞いた

数値として10〜20%くらいではないかと話しています

個人的データなのですが、少なくても5割以上の家庭で

親子が日常的に絵本を楽しむことをしていない

と、話しています

だから保護者の皆さんぜひお家で親子で絵本を楽しんで

くださいね、とお願いしています



自分の感覚では世の中の子育て世帯の7割以上が

日常的にわが子に絵本を読んでいるとはにわかに

信じられない気持ちがあります


もちろんこの事は喜ばしいことと思います

では自分が接している子育て中の保護者さんは残りの

絵本を読まない人達20%ばかりと会っているのでしょうか

そう考えると不思議です


新潟市だけの数値かなとネットを探すと他にもありました

北海道・恵庭市図書館のデータでも80%との数値があります

群馬県・伊勢崎町では95%が日常的に読んでいるとなって

います


新潟市では一歳検診の時に絵本をプレゼントした親御さんに

三歳検診の時にアンケートを取ったとのことです

たまたまその時に絵本好きな人達が集まった?

一歳・四〜六歳では違った数値がでた?

では他の県ではどうなのか?


謎は深まります、アンケートの取り方なのか

はたまた世の中こうなっているのか


司書さんに聞いて見ました

「70%の世帯が絵本を読んでいるならば、もう

ブックスタート事業で絵本プレゼントは不要では」

(もちろんブックスタートに反対している意味ではありません)

答えは「もっと多くの保護者に読んで欲しいから」

とのことでした


自分が危惧するのは、公立図書館が7割以上の世帯で

毎日・週に数回読み聞かせをしているとの結果を示すと

例えば絵本に携わる人達が未だ読んでいない親御さんに

親子で絵本を楽しむことを説くことがそれほど重要な

こととの認識がなくなるのではと思うのです


就学前の子育て世帯で、親子が日常的に絵本を楽しむ

のは、もっともっと少ないかなと思っているからです

1

2017/1/5  6:17

奴隷でもいいから、帰りたい  最近読んだ本




先日ある人と話していて「子どもへの虐待」の話題なった

子ども時代に自ら虐待を受けた人の講演活動とか

虐待に関する書籍でこういうものがあった

公開講座で子どもへの虐待についてを受講した


など自分が思っていることを話したら

「なぜそんなに虐待について興味を持つのか?」

と聞かれて一瞬返事に困った


子どもへの虐待と言うのは誰でもが痛ましいと思うだろうし

虐待などというのはあってはならない事で、だれもが関心を

もって当たり前と考えていたからです


しかしそれは「当たり前」「普通に考える」ことではないので

はと言われました


言われて気がつきました、ではなぜ自分はそんなに興味を抱く

のか?自分としては人としてならば当然知っていなければ

ならない事として理解をしていました


でもそれは普通ではなかったのでしょうか?



「ファミリーホーム」というものの存在をはじめてこの著書で

知りました、虐待受けている子どもたちがどのような育ちで

生きているのか、そして年齢によって居場所が次々に変わって

いく事も知りました

章ごとに登場する子どもたちを例にしながら書いてあります

どの子どもも言葉に出来ないほどの育ち方をしています


著者はファミリーホームの人の言葉として紹介しています


「私たちにも、深い傷を抱えた子どもたちのために『何か』が

きっとできるはずだから」・・・と


自分に出来る『何か』は現実を知ることと思いました



「奴隷でもいいから、帰りたい」

四章のタイトルです、どんなに虐待されても、過酷な家庭でも

この子は実の親のところに帰りたいと

子どもにとって「実の親」とはそれほどの存在なんでしょうね
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ