・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2017/7/24  20:33

ラジオ番組のゲスト出演CD  プロフィール


クリックすると元のサイズで表示します



プロフィールを聞きたい皆さんに


先日FM放送の番組にゲスト出演しました

新潟県民ラジオ FM PORT  の番組です

朝の時間20分間を月〜金曜日までの時間帯です

今回そのダイジェスト版の放送があり

60分間にまとめたものとなりました



ふくちゃんの言いたい放題

人となり

なぜゆえ絵本を読むことに

読み聞かせと違う絵本らいぶ

絵本講師ってどんな人

絵本講座ではどんな話をするの

ふくちゃんの事を余す事なく喋り続けています

毒宴会のていをなしています



ふくちゃんのことを知りたい

自分の所に呼んでみたい

などと思われる皆さんに録音CDを

お送りします



送料無料で送りますので、聞き終わったら

同封の返送キットにいれて一週間以内に投函してください

新潟県以外の皆さんを対象にします


新潟県内にお住いのかたは7月27日まで

インターネットラジオ Rajico で無料で聞けます



希望される方は

住所・名前・電話・メールアドレス

を記入して以下に送ってください

ehon☆yumey.biz  (☆は@に変えて)

先着10名といたします
 
 
1

2017/7/14  20:06

きぼう〜こころひらくとき〜  絵本の読み聞かせ




人は困難な時に直面してしまった時には、なすすべもなく

ただただ嘆き悲しみます

自分は今の所幸いにも「死ぬほど辛い」

事には出会っていません

10年以上前に50年に一度の大雨で床上浸水を経験しました

道路から徐々に玄関に水が迫り、

やがて床上に流れて来て部屋全体に

水が入ってしまいました

文字通りこの様子は見ているしかありません

防ぐ手立ては何にもないのです、玄関の靴が浮かんで

廊下に流れてくる様はとても不思議な光景で

今でもはっきりとその時の記憶が残っています


雨が止むと同時に水は渦を巻いて引いていき、

何事もなかったかのように

なくなってしまいました

しかし床下は臭いと窪みに溜まった水が残っていました

難を聞いて駆けつけて来てくれた知人が

手際よく水を書き出して

汚れた床や壁を拭いて、どうにか日常を取り戻せました


大水が引いてもあとの事を考えると、全く行動に

移す事が出来ませんでした

知人が来てくれなければ何日も処理はかかったかもしれません


その時は「神も仏もない」

とまでは思いませんでしたが こちら で紹介

いただいた絵本はとても心うつものでした、

「希望」とはこのようなものだったのですね、

ぜひこの絵本読んでみてください
1

2017/7/7  13:20

福島県白河市棚倉町で絵本講座  絵本講座

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



「絵本講師」と言う看板で「絵本講座」を開催してもらい

親子で絵本を楽しんでほしい、大人も絵本を楽しんで欲しい

とのことをお話ししています


主催いただくのは保育園や子育て支援施設、親子が集う活動

をしている個人・団体さんなどいろいろです

今回は福島県教育庁県南教育事務所さんです

昨年会津若松市での講師を依頼してもらい、受講生の皆さんの

アンケート結果が良かったとのことで他地域に紹介いただいた

ことで今年は福島県2カ所で講師を担当いたしました


画像は3年前にできた会場の棚倉町図書館

宿から見下ろす棚倉町です、先月NHKの鶴瓶さんの番組で

棚倉町に俳優の向井理さんと訪れたことと向井さん主演

の映画が公開中とあって棚倉町は全国区?となり観光客

も増えたと宿の主人が教えてくれました


自分の立ち位置は明確です

「絵本を読んだ事がない人たちに絵本の楽しさを知って欲しい」

との思いでお話しをしています、よって絵本そのものや、絵本

とはなんたるものか、など難しい話はできません


それは自分自信が我が子にさえ絵本を読まなかったし、絵本に

全く興味がなかったという経験をしているので

他にもそのような人たちは大勢いるのではないか、

だったら自身の体験したこと

「絵本で人生が変わる」ような楽しさを伝えていきたい


とのことで始めた絵本講師です

今回も持って行った絵本を手に取った参加者の皆さんは

「この絵本はどこで買うのですか?」との質問がありました

特別違うところで売っているわけではなく、選ぶ視点が違う

だけですが、立ち位置がちがうと選ぶ絵本も違ってきます


「絵本を読む入り口」の話とでも言えばわかりやすいのかも

しれません、キャッチコピーは「絵本講座を聞いたらその日から

絵本を読みたくなる」などと言っています

他の行政さんのご依頼お待ちしています


福島県の皆さんお世話になにりました



5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ