・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

 

プロフィール 30年版  プロフィール

このプロフィールが常に一番上にあります

最新記事はこれより下の記事から始まります

絵本らいぶ・絵本講演会・絵本講座の質問
ご依頼などはこのページ右側の            

【 メッセージBOX 】       

『送信画面を開く』

からお願いします 

 
                 問い合わせ・ご依頼などの電話は

        080-5221-8825      福島まで
                   

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






絵本の楽しさ・必要性・絵本とは、などを伝える仕事をしています



1) 絵本講師とは
 
子育てをしている皆さんは「自分の子どもに絵本を読む」事は

良い事だと知っています


しかし現実には日常的に自分の子どもに絵本を読んでいるのは

非常に少ない世帯だと言う事があまり知られていません

なぜ我が子に絵本を読んであげた方が良いのか

なぜ絵本を読んでいる親御さんが少ないのか

どんな絵本を、どんな風に読めばいいのか?


実は難しい事ではありません

そんなお話をわかりやすく、楽しく伝える事をしています


絵本講座は様々な場所で開催いただいております

スケジュールが合わない

開催地まで行けない

などの人向けには

絵本講座個人版

も出来ます、依頼者自宅近辺のカフェなどで

お一人でも受講できます


料金などは問い合わせください

 

柳都オレンジスタジオカルチァースクール
       「子育てママのための絵本楽」講師担当


クリックすると元のサイズで表示します

 

 


平成27年3月より「国際こども・福祉カレッジ」にて非常勤講師
        保育士・幼稚園課程の学生さんに絵本授業

市民団体 「にいがた絵本セミナー」代表

保育園・幼稚園・支援センターなど子育てをしている親御さん

保育士・幼稚園教諭のみなさん・図書館など主催の絵本講座など

多くの絵本に携わる皆さんに向けた絵本講座をしています

主にこどもを持つ父母に我が子に絵本を読んであげてください、

との話を、現場を体験した経験から講演をします

読み聞かせ活動をしたい人達に、その方法や

心がまえなどを講演します

これから幼児教育に携わる人達に子供にとっての絵本の

大切さを講演します 


講演・講座の時間は30〜120分間など、相談させていただきます 



大人が絵本を楽しむ絵本セラピー®
絵本セラピスト協会認定・絵本セラピスト



2) 絵本らいぶ

ゼロ歳児から上は上限のない年齢層の人達まで楽しめる

絵本らいぶをしています


保育園・小学校・中学校・公民館・デイサービスセンター

開放型ステージ・子育て支援センター・各種団体・図書館

居酒屋・レストラン・など、どこでも可能

居酒屋・レストランなどでお酒を飲みながら

大人が絵本を楽しむこともできます

絵本らいぶを見た人からは

「絵本はこんなに楽しいものだったのか」と言う感想を

多数いただいてます


絵本らいぶの形式

一人で生声で読みます、保育園の異年齢全員対象の絵本らいぶ

年齢別クラス・マイクを使わない絵本らいぶは保育園などの

親子一緒の現場では100人以上でも楽しめます

特定のグループに分けたクラス・母親・父親向け・高齢者向け・

大人向けなど、いろんな形で出来ます



ピアノ・ギターさんなどを入れた絵本らいぶ

歌付絵本を楽器をいれて読み歌います

年齢対象は選ばず絵本だけで最大90分間の

絵本らいぶが出来ます

音響装置使用(スピーカー・マイクなどは持ち込み可能)



電話にて質問・依頼などの場合は 

 080-5221-8825  

までお願いします、各種料金などの問い合わせも遠慮なくどうぞ


絵本講座の開催・その他ふくちゃんへのメールは


このブログの右側の

メッセージBOX 「送信画面を開く」からお願いします


折り返しメールにてお返事をさせていただきます ありがとうございました


8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ