・なぜ自分の子どもに絵本を読まないといけないのか ・どうしたら今日から子どもに絵本を読むことが出来るのか ・絵本の読み方はどうするのか ・大人でも絵本楽しめるのか ・そんな疑問を感じたらご連絡ください

2018/6/28  18:11

父親になった日  絵本講師





あることがきっかけで自分の子どもが生まれた時の

事を思い出した、今思いだしても結構ショッキング

な思い出として記憶に残っている


もう30年以上前の事です

わが子が生まれた時に同室には何人かの新米お母さんが

いた、あるお母さんが授乳後こどもを新生児室に戻そうとし

て赤ちゃんを抱いて廊下に出たとたん、ものすごい剣幕で

看護師さんか助産師さんから強く叱責されました

赤ちゃんをお母さんの胸に抱かずに、何かとても重い

物を持つかのようなしぐさで自分の体から離して両手で抱える

ような持ち方で、傍目で見ても頼りない抱き方?だったのです

その叱責を見て自分は

「あぁあかちゃんはそんな持ち方をしてはいけないのだ」

と学んだほどです、とはいえわが身の胸に抱きかかえるように

わが子を抱いたのは自分は結構あとからだったように覚えています


専門職の方は知っているので熱心に伝えるほど

出来ない人・知らなかった人は

「強く言われた」

「叱られた」

「自分はダメな人なんだ」

と言う風に捉えてしまいかねません


最近聞いた話ですが保健師さんや助産師さんが苦手

と思うママさんがいるとのことです

知っていることを専門的な立場で教える

ややもすると聞き手の立場からは

叱られた・否定された、と思うこともあるかも

しれません


知らない人にはその人に寄り添うように教えてあげる

絵本講師は「教える人」ではなく「寄り添う人」と

教わりました、人様に何か伝えるときには心がけて

いることです



3

2018/5/17  17:34

大人でも絵本は楽しめるの?  絵本講師

 
クリックすると元のサイズで表示します
 
 
絵本講座などでいつも話している事
 
子どもに絵本を読むのは親
 
親とは大人です
 
ゆえに大人が絵本を楽しいと思えないと
 
わが子に絵本は読みません
 
と、話しています
 
 
大人が絵本を楽しいと思うのか?
 
すでに絵本の好きな皆さんには
 
今更何をかいわんや
 
と思われると思います
 
ところが一般的には、普通は
 
大人は絵本を読みません
 
楽しみません
 
子ども時代に親に読んでもらっていても
 
成長して行くと読んでもらえなくなるのが
 
一般社会ではと思われます
 
 
絵本は子どものもの
 
と思われているのが大方の気持ちです
 
ところが
 
絵本好きな大人の人たちには
 
「絵本はこどものもの」
などと思っている人達がいる事さえ
 
信じられないと思うかもしれません
 
先日あるグループで20歳の皆さんの
 
中に、子育て中で絵本も親子で日常的に
 
楽しんでいるお母さんがいて
 
20歳の皆さんの多くは
 
大人は絵本を楽しいと思わない
 
との意見に驚いていました
 
そんな風に思う人もいるんだ・・・と
 
 
どちらがどうかと言うことではありません
 
絵本は大人でもちゃーんと楽しめますよ
 
やはりこの事は伝え続けたいと思った次第です
 
 
画像はこの時期毎年届くお花です
 
ありがとうございます
 
 

4

2018/3/25  9:56

反面教師を学んだこと  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します



今朝の新潟日報です
子供の向けの紙面となっている
ものです

「教室ウォッチ」で算数を
とりあげていました
円柱について先生の授業
をレポートしています

なかなか楽しそうな授業で
こんな算数の時間なら算数
も好きになるだろうなと
うらやましくなりました


思いははるか昔の出来事に
なってしまいますが
自身が小学校の時の算数の時間
確か体積の勉強だったと記憶して
いますが何かが自分には理解できず
その時に先生がとった手段は

授業後わからない数人を
教室に残して1ミリ方眼紙
を切り抜き1センチのサイコロ
をたくさん作ってそれを重ねて
体積を理解させるということでした

1センチのサイコロを作ることは
小学生の手でつくるのは至難の
技で糊を着ける指はぐちゃぐちゃ
でサイコロを作るどころではなく
工作としても難しい事でした

1センチのサイコロは結局数個
しかできず体積を学ぶどころ
ではなく泣きながら作った事
しか記憶がありません

これで算数が嫌いになった
などといまさら言い訳には
しませんが

「教わる方法」には「教え方」があり
聞き手がわかる教え方ができて
初めて人様に自分の話が出来
るのではと今は考えています

「反面教師」という言葉を
目にするたびにこのサイコロ作り
の光景が浮かんできます

せめて今絵本のお話を人様に
伝える時には
だれでもが理解できる
ことを意識するようにしています

小学校の算数の授業を
受けたくなりました
1

2018/3/15  10:30

個別相談は満足度が高いですね  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します
 
 
クリックすると元のサイズで表示します


2日間続けて支援センター
での絵本らいぶを行いました

公立の施設と法人企業さん
運営の施設2箇所です

今回は絵本らいぶと
ミニ絵本講座と言うことで
絵本についても少しお話を
させていただきました

どちらの施設も2歳児さん以下
の子供たちとお母さん対象です
絵本らいぶという読み聞かせ?
で会場全体は盛り上がり
途中で話をいれたり

一旦読み聞かせ終了後
話をしたりのパターンです
両会場ともイベント終了後に
持ってきた絵本を自由に手に
してもらい、質問などある人に
は個別にお受けしています

実はこの個別質問時間が
参加者さんには一番良い
時間となっていると思われます

こちらがお話ししたことを踏まえて
普段疑問や何となくひっかかって
いることを納得できるように
聞いてもらえるからです

兄弟に同時に読んであげる時は
年齢の下の子どもに合わせた本を読む

小さい子どもには声をかけながら
親子で楽しく読む

絵本を勝手にめくったり
ベージ順に見ないのは
絵本は「絵」を楽しむものなので
ページ順に読まなくても良い

などなど聞いてみると
なるほどと思われることを
話しました

皆さん疑問が晴れるとすっきり
したお顔で「絵本を気軽に読める」
と話してくれました

こうやって知りたいことを
知りたいように
その人が普段思っていて
何となく変だなと
と感じていることを解消
できると、とてもうれしいです

多数に向けた絵本講座も良いのですが
こんな感じの個別相談は
子育て現役の皆さんには
とても良いかなと思いました

面白い二日間でした

画像は終了後ふくちゃんが
持ってきた絵本
「まめうしくんとこんにちは」
を一人を抱っこして上の子に
読んでいるお母さんです
とても良い光景ですね
 
 
1

2018/3/6  17:30

授業料払っても  絵本講師




 
半期15コマのみを担当
している専門学校の
卒業式後の謝恩会に出て
きました

前期担当なので卒業生
とは半年ぶりに会いました
「ふくちゃんの授業楽しかった」
「絵本が好きになった」

などと泣かせる事を言って
くれる人たちがおりました
絵本に特化した授業で
毎コマグループで自分の
選んだ絵本を読みあって
もらっています

それまでの人生で
あまり絵本に出会って
来なかった学生さんも
絵本の魅力に気がつくように
なっていました

隣の部屋では2年前に
担当した四年制クラス
の学生さんがいて
ふくちゃんを覚えていて
声をかけてきてくれました

いつかどこかで卒業生と
出会う時もあるかもしれません
数年経てば現場では
欠かせない人になっている人も
いると思います
楽しみですね

ひとコマだけの絵本講座
をお願いに行ったら
まさかの半期授業を
担当させてもらって
あたふたしたのですが
今は学生さんとの授業
時間は自分にとって
とても楽しい時間になって
います

なんででしょう・・ね
こちらも授業料を払って
講師をさせてもらいたい
くらいです
毎回自分自身が学ばせて
もらっている実感があるのです

だから楽しいのかもしれません
めでたく来月からまた
あらたな学生さんに
会えます
楽しみですよ

画像は謝恩会で同じ
テーブルの皆さんに読んだ
絵本です
みなさん「なんでやねん」
と盛大にツッコミを
入れてくれました

2

2017/12/24  7:12

絵本の現状とイメージ  絵本講師

へんしんプレゼント (新しいえほん)
へんしんプレゼント (新しいえほん) [大型本]


先日小学校で開催いただいた絵本らいぶ

の児童・先生の感想をまとめたものが届き

ました

児童の皆さんは、「楽しかった」との内容が

多かったのですが

「絵本は大人も楽しんでいい」

「絵本は大きくなってからも大人に読んでもらっていい」

「あまり絵本は読んだことがなかったがこれから読みたい」

など、絵本はつまらない、こどものもの

と言ったイメージを持っていたが、絵本らいぶを見て

そうではなかったことに気づいてくれたのはとても

嬉しい言葉でした


そんな中お一人の先生の感想で

「絵本というと幼稚なイメージがあった」

とありました、さすが先生世間一般的な事を

まとめてくれました、自分も以前は同じ

ことを思っていたので我が子にも読んで

あげませんでした、親は楽しくないので

絵本→就学前のこどものもの→大人は楽しめない

→小学生になったら絵本は読んでもらわない

→大人になったら絵本はもう関係ない

→だからその子が親になっても絵本に興味を持たない

→絵本を読んでもらえない子どもが多くなる

こんな図式になるのではと思っています

絵本はだれでも楽しめる、小学生だって絵本

を楽しんで良いのです、全ての成長過程で絵本

は身近なものとして良いのです

そんな思いを伝えたいので絵本らいぶを続けて

います、良い出会いをいただきました

ありがとうございました
2

2017/12/15  20:03

聞き手200人に絵本は読めるのか  絵本講師

クリックすると元のサイズで表示します


絵本講座や絵本らいぶをご依頼いただく時に

時々質問をいただくことがあります


例えば保育園などで親子一緒で絵本らいぶを楽しみ

その後保護者さんがそのまま残って絵本講座を

受講する、このようなバターンで前半の

親子一緒で絵本を楽しむ時間は合計200人以上

となりますが、

「そんな大勢が同時に絵本を

見ることができるのでしょうか」

「後ろの方は全く絵本は見えないし

前方の子どもたちだって皆んなが

絵本見えないですよね」

とのご心配をいただきます


以前にも書きましたが再度書いておきます


保育園の遊戯室で親子200人ほどが集まると

普通の絵本は全員には見えません

絵本の読み聞かせは参加者が多くても20名?

ほどでないと絵が見えない(と言われています)

だから200人もいる場合はプロジェクターに

絵を大きくして投影しないとだめ(とも言われている)



大丈夫なんです

ふくちゃん絵本らいぶは普通の絵本を普通に読みます

聞き手は親子200人以上いても問題ありません

なぜならばこの場合の目的は


保護者さんに

我が子が絵本をこんなに楽しんでいる

とのことを実際に見てもらう



保護者(大人)も同じ絵本が楽しめる事を

知ってもらう


絵本を読んでもらうことって楽しい事

とのことを実際に見て欲しい

との理由からです


だから実際に絵本そのものが全員に見えなくても

絵本の楽しさを味わうことができます


実際にこのパターンでの絵本らいぶを開催して

いただきその後保護者さんからは

あんなに楽しそうに自分の子どもが絵本を

楽しんでいるならば家でも読んであげようと

思った、とのアンケートをいただいております


どうぞ多数、特に親子が一緒に楽しむ絵本らいぶ

のご依頼をお待ちしています


2

2017/12/10  20:41

絵本講座を続ける理由  絵本講師




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



主催している絵本セミナーの最終コマ

の講師を担当しました

書いてもらつた受講生さんのアンケート

を読んでいます

用紙一杯に書いてくれる皆さんがいて

とてもうれしいです



許可もらった人のものを抜粋で書きます

「良い絵本のふくちゃん定義に

共感しました

選ぶ基準として心に留めたいと

思います」




良い絵本と言うのはいろんな定義が

ありますが自分で気がついた言葉で

伝えています、共感していただき

うれしいです


自分が絵本講座をしている理由は

ただひとつ

絵本はこどもだけではなく

大人だって誰だって

楽しめるし楽しいものだと

いう事です

絵本は見たことも読んだこともない人に

まずは絵本を手に取ってみて欲しいからです

そんな人はいるのか?

とのご意見をいただくことが

あるのが絵本の世界なんです


我が子に絵本を読んで来ませんでした

子育てもほとんでしませんでした


だけど今「絵本は楽しい」という事を

伝えることはできます

それが絵本講座を続けている

理由です



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ