2018/8/5

夏雲映える  駅旅

夏場は日の出が早く、あまり撮影には出かけないのですが、最近バテ気味でだらけた生活を直そうと朝4時起床で撮影に行き、近くを走る東武線の列車を撮影してきました。ですが、帰ってきたら眠くてたまらず寝てしまい11時に。まったく生活リズムが改善されていないのでした。

さて、今回の駅旅写真は、越後トキめき鉄道の二本木駅です。駅舎の写真だけ見ていては分かりませんが、全国的にも珍しく、新潟県では唯一となるスイッチバックの駅です。
そして、この駅舎は明治生まれの貴重な存在。
駅前にはサクラの木が植わり、春には綺麗な花を咲かせるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
朝一リバティー。今朝は天気は曇りで早出の意味もなし。

クリックすると元のサイズで表示します
明治生まれの二本木駅の駅舎のこの日は、夏の入道雲が湧く天候。ちょうど訪ねたときに駅舎の背後にクッキリと浮かんでくれました。

そして、お知らせが1つ。
10月14日(日)〜16日(火)の日程で、鳥取県大山の麓にある休暇村奥大山主催のふれあい写真教室の講師を務めます!
西日本最大級となるブナの原生林やサントリー天然水のCM撮影スポットとして知られる木谷沢渓流など、伯耆富士と呼ばれる大山周辺の豊かな自然を満喫します!
お申し込みなど詳細はこちらです↓(休暇村奥大山に直接ご連絡を)
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ