2009/1/30

一瞬  雑感

  一瞬のこと。そんな言葉が幾つかの出来事と繋がって浮かんで来ました。数時間、数日に及ぶ収録が数分の放映になるというテレビ局との関わりも、今回で5回目。見えないところに使われる労力、地道で根気のいる作業に専念する方々の姿は、それぞれに印象的でした。

 見えない部分で払われる労力、様々な試行錯誤や微妙で慎重な選択。これは多くの場で見られることだと思います。一瞬の出来事の陰には、それぞれが言葉に表わしきれない、伝えきれない事実の積み重ねがあるのだと思います。

 ラジオやテレビには時間。文字には文字数。何らかの制約を持ちながら生きているという視点で現実を見つめると、生かされている場も、出会いも、命の時間も能力も...と次々と浮かんできます。どんなに表現してもし切れない普遍性や永遠性を持ちながら、限られた時空の中に生かされている不思議さと知恵深さ。それをゆっくりと思いめぐらす夜をちょっぴり楽しみにしながらブログを書いています。

 長い苦悩や悲惨さも、時が過ぎて一言で表現されてしまうことも多いのですが、逆のことも起こります。一瞬の中に、とても言い尽くせない大切なことが満ちていることもあります。

 先日の酪農学園大学での演奏を終えたとき、ひとりの方が、最初に聴こえて来た笛の音が心に深いインパクトを残したと伝えてくださいました。それは、18cmのシウリザクラ・ラブフルートの4穴、オリジナルスケール、コツコツと彫刻刀で彫ったマイフルートの響きでした。

 その笛は、あるビデオを見ていた時にほんの一瞬流れた音に心を動かされて作ったフルートでした。同じ音程で2度ほど、少し間隔を開けて響いて来ただけものでしたが、自分の中のある部分が強烈な切なさを伴う不思議な感覚でいっぱいになった瞬間に繋がったのです。その時の思いを言葉にするのは無理だと感じました。そこで、その思いを確かめる意味も含めて、その音色、音程を笛にしたのでした。

 その笛の音に一人の青年が心を揺さぶられたという出来事。それは瞬間の中に潜む大切なものを象徴しているように感じます。

 写真・動画・映像・文字・CD・DVD・メールなど、様々な媒体が現れている時代の中で必要なのは、言葉の巧みさ、饒舌や誇張などではなく、事実そのものが持っている地味ではあるが、心を本当に動かすものじゃないかな...と感じています。
1

2009/1/26

映像...響き..  雑感

今年のスタートはライブと吹き初め、テレビ放映で始まりました。そこで何が生まれ、どこに繋がっているのかをゆっくりと眺めながらの歩みになりそうです。1月11日の放映に続いて1月31日には北海道テレビのローカル番組「スキップ」で正午から流れるということでした。

 こうしたメディアとの関わりには、自分でも予測できない波が起こるように思います。どんな媒体と関わっても、自分自身の実質が変わるわけではないのですが、断片を繋ぎ合せた映像が与える印象は当然のようにイメージを変質させていくように思います。

 そうしたイメージは映像に限らず文章を書いても、直接会話をしても、少なからず引き出されているわけです。興味深いのは、生まれて初めて自分自身が動いたり話したりしている様子をビデオ映像で見たときのインパクトです。この人は誰...?えっ!これが自分なんだ.....。自分ってこんな感じなんだ...と。自分で自分の映像を見てもこうした反応が起こるのです。まして、全く自分を知らない人が、その映像を見たとしたらどんなことが起こるのでしょう。

 映像で自分を見ることができる時代と、それがまったくできなかった時代にはどんな違いがあるのでしょう。こうした現象は映像のみならず、音の響きの中にもあるように思います。テープレコーダーが登場した時にも、映像ほどではありませんが、やはり自分の言葉、話し方ってこんな感じなんだ....と印象に残りました。自分で自分の行動の意味を認識できないまま生きている...。周囲を見渡し、様々な反応をし、判断している自分自身の足元が見えないまま生きているということになるのでしょう。どんなに静かに優しく演奏しているつもりでも、主張や誇張や作為が現れてくる.....。

 ラブフルートの響きには、こうした自分自身の状態を感じ取りやすい不思議な構造が隠されています。勿論、ラブフルートを吹けば誰でも自己洞察が可能だなどと安易にお伝えしているわけではありません。その独特の構造から生まれる響きの中に、自然に自己と向き合わせてくれる状態が生まれてくるのです。それは、求めている人の助けになる大きな可能性を秘めているようにおもいます。さらに重要なのは、自分の状態に気づかせること以上に、それを変化させるプロセスへと向かわせてくれるように思います。

 形、構造、仕組みにはそこに生み出される本質的な要素との深いつながりがあります。ラブフルート独特の響きには私たちの心と繋がる繊細で、不思議な道が隠されているように思います。それは、その音色、響きに触れた方々の変化となって受け取ることができます。

 何故、この時代、この国にラブフルートを求める方々がおられ、その笛がゆっくりとではあるけれど求められ、望まれて手渡されているのか....。その大切な意味は、メディアを通して伝えられるラブフルートの響きの中にも、潜んでいるのかも知れません。
0

2009/1/14

吹き初め報告2009  ラブフルート

 2009年の吹き初めは、62名の参加者が入れ替わり立ち替わりやって来てくださいました。最初から最後まで、12時間ずーっと一緒に過ごされた方たちもおられました。いろんな形で手助けしてくださりとてもありがたく嬉しい時間になりました。ワークショップ参加者の延べ人数は70名弱でした。

 持ち寄りのあれこれもとても楽しく嬉しく美味しいものたちでいっぱいでした。心をこめて作って来られた手料理が暖かく優しい空気を作ってくれました。お気に入りの品々を手にしてやって来てくださった方たちの思いも伝わってきました。たこ焼き屋さんまで登場で、なかなか皆さんアイデアを楽しんでいらっしゃいました。

 マイフルートを手にやってくる方々は勿論、フルートは持っていないけれど吹いてみたいと思っておられる方たちも予想以上におられました。それぞれに笛を手にし、ワークショップの輪に加わってくださいました。

 香のプレゼント、似顔絵のプレゼント、写真のプレゼント、舞のプレゼント、オーロラ映像のプレゼント、ディジュリドゥー演奏のプレゼント、トンコリ演奏のプレゼント、ドラムを叩きながら踊り続ける人々のプレゼント、インディアンドラムや歌や踊りの映像のプレゼントなどなど....。気ままに楽しんでいる姿、笑顔が印象的でした。

 小さな静かな駅前の石蔵の中にはあったかくて、素朴で、こころを素直に表現する方々がやって来ました。一本のラブフルートが一粒の種のように、ゆっくりと育まれ、豊かな実を結んでくれていることを感じる時間になりました。

 笑顔がいっぱいの空間に、さらに笑顔がやってきて、笑顔で去っていく人々と入れ替わる。「俺は歌だ、この道を歩く」という絵本を生きた形で見て知って感じる時間でした。

 自分の少しがみんなの喜びや感謝や楽しみになる。それを身を持って感じる時間でした。ネイティブ関係の絵本、木に関する絵本を並べて置いたのですが、じっくりと目を通している方々もおられました。

 前日に開かれたライブでお会いした方々も来られました。当日は、ライブの講演をされた方のテレビ放映とラブフルート工房紹介全国放送が重なりました。さらに前日の北海道新聞ローカル版で、島松夢創館のラブフルート吹き初めが紹介されるというおまけつきでした。

 いろんな繋がりが今回の吹き初めになりました。参加を希望しながら、参加できなかった方々の残念メールを思い起こしながら新年のスタートが切られました!!
0

2009/1/7

ゆきのよる  雑感

 降り積もるふんわり雪を横目に深夜まで工房にこもっていました。一度居間に戻って雪かきの準備。雪空にかすかに浮かぶ月明かりを眺めつつキラキラ輝く雪を運びました。一粒一粒がみんな個性的な結晶だと思うだけで、幸せ気分でいっぱいになりました。

 雪かきをすると、ついつい色んな空想をしてしまう自分は、子供のころから変わっていないようです。砂糖工場で働いてるとか、雪が白じゃなかったなら、何色がいいかな..とか。今回は、柔らかくて不思議で個性的な宝石いっぱいの工場で働いている自分がいました。

 冷たくて痛い指先や足の先が、ゆっくりと暖かくなって汗ばむ頃になると、色んな季節を楽しみながら生きられてるんだな...と呟いてみたり、週末に予定されているチャリティーライブのことや吹き初めの顔ぶれを思い描いたりで、なかなかいい夜でした。

 お送りしたラブフルートを受け取られた方々からの嬉しい連絡をいただいて、感謝で始まった新しい一年。昨年の暮れから、今年の初めにかけて、ラブフルートを希望される方々からのお電話が続いています。遠方からのお電話なのですが、直接工房に伺った方がいいでしょうか?との問い合わせも幾つかありました。

 一本のフルートのために北アメリカから来られたり、沖縄、九州、四国、神戸、名古屋、大阪、東京、千葉、仙台などから来られた方々を思い起こしながら、自分はとてもそこまでの行動はとれなかったな..と思います。

 むしろ、そうした方々からフルートの大切さをじっくりと見つめさせていただいたように思います。その音色、響きがどれほど深く心と繋がっていくかを強く感じ、その姿を目の当たりにして来ました。多分、これからは来ていただくばかりではなく、こちらから出かけていくことも増えてくるような気がしています。

 東京方面で展示会やワークショップや演奏会はないでしょうか?という問い合わせもチラホラしています。程よく出会いの場があり、製作や演奏やレッスンも繋がっていくのでしょう。楽しみながら、色んな方々と出会い、それぞれの豊かな人生の糧をおすそわけさせていただきながら、もう少し旅を続けてみたいと思う雪の夜でした...。
0

2009/1/1

吹き初め準備  ラブフルート

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

 さて、昨年の吹き初めは旭山記念公園の山小屋で開かれました。新雪の中、険しい階段を上る段階で足もとが危うい状態でした。とはいえ山小屋には温かい薪ストーブが待っていて、おいしいスープもありました。持ち寄りの食事もみんなで分け合って楽しみました。天候にも恵まれ、楽しい吹き初めになりました。

 今年は、出来るだけ多くの方が集えるようにと考え、地元の石造りの建物で開くことになりました。今回は少し豪華に?持ち寄りプラスアルファで集まろうと計画しています。

 吹き初めらしいアイデアを持ち寄って楽しく過ごしたいと思っています。格別な催しものはありませんが多彩なラブフルートの音色と個性的な世界で活躍しておられる皆さんが混じり合う不思議な時間になりそうです。

 午前9時から午後9時まで、好きなだけ過ごして存分にフルートを吹き交わし、交流して過ごせればいいな..と、それだけです。いくつか、サプライズもありそうですから楽しみです。

 格別なプログラムはありませんから、どことなくお正月を好きに思いつきで遊んで過した子供のころの感覚に近いかもしれません。一部ワークショップを設定していますが、そのほかは全く自由気ままに過ごしてスタートを切ろうという企画です。

 一本のラブフルート、その響き合いが素敵な人生の旅に彩りを添えてくれることを楽しめる時間になればいいなと思っています。

 12時間、吹きたいだけ吹く空間がどんな道に繋がっているか楽しみつつ準備を始めようと思っています...。
  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ