2013/6/21

月夜の宴というひとつの始まり  ラブフルート

「星の少年 」シャイアン・インディアンに残された物語 が目に止まり、やらなくてはならないことがいっぱいなのに、ページを開いてしまいました。(発行 ビイング・ネット・プレス / 発売 星雲社 /再話 北山耕平 /作画 菊地慶矩)

次々と現れる言葉に押し出されるように読み進み、しばし別世界を漂いました。既に読んでいた物語ではあるのだけれど、新たな発見をしている自分がいました。

それは明日の夜、見上げるであろうスーパームーンと夥しい星々への思いと繋がっているのでしょう。

風の噂だけで集まる人々。

月夜の晩にドラムを叩き続けるという、ただそれだけの一夜のために、やって来る人々がいる。これは、始まりからすでに物語なのでしょう。

北海道勇払の原野に数千人の小さな町があります。その農地の一角にある敷地に、ただそれだけのために人が来る。それは楽しみ喜んで生まれて来た小さな案内を手に、細い農道を辿ってくる密かな集いです。

あの手この手で、其れなりの経費をかけ集客するイベントとは全く違う集いです。接客というスタンスはありません。

僕は呼び掛け人ではあるけれど集いの主催者などではありません。いつも通り、静かにドラムを叩き、心の底に湧き上がる響きを感じ、時に声を出したり、ゆらゆら身体を動かして過ごすだけです。

中には祭りのイメージをお持ちの方もおられるでしょう。ワイワイするのが楽しいという方もおられるでしょう。それはそれで、いいのだと思います。ただ、この宴は一気にエネルギーを発散させて、はい終わりますという催しものではありませんから、時間の経過と共にいろんな気づきが起こるのではないかと思います。

僕は、いのち、鼓動、呼吸そのものを感じ、そこに潜んでいる何ものかに触れたいのです。結論めいた言葉や、悟りの極みのような言葉、これぞ真理といった教えたちに邪魔されず、いのちの姿、事実そのものを純粋に感じたい。それを密かに求めているであろう人たちとの出会いを楽しみたいと思っています。

アラスカのクリンギット族の中の熊のクランを持つ方々が来られて、熊の踊りをしてくださったことがありました。僕はその時の踊る姿と、聞こえてきた歌を鮮明に覚えています。その時に流れたメロディーをときおりラブフルートで吹いてきました。また、踊りのスタイルもお伝えしてきました。

ところがみなさんの踊りは静かで淡々ととはならず、あっという間に盛り上がり、大宴会さながらのエネルギッシュな踊りになります。僕は勝手に、感じた印象のまま「静かに踊ろう」と曲名を付けていたのですが、一度も静かな感じになったことがありません。

彼らクリンギット族の中の80歳を越えた女性は静かにドラムを叩き、踊りの輪を見ていました。太鼓といえば、元気に力強く叩くものだという和太鼓のイメージとは対象的な姿でした。

実はインディアンハンドドラムも、踊り同様、しばらくすると激しく叩くようになる方が多いと思います。和太鼓のイメージが強いのかもしれません。太鼓と言えば大音響という思考パターンが出来上がっているのかもしれません。

ラブフルートの吹き方も、やはり似たような傾向があるような気がします。外に向けて発散する、発信するエネルギーの方向性を感じます。ラブフルートの構造は、むしろ内側に深く浸透する響きを生み出すようになっています。

今回の月夜の宴622 は、すでに動きだし、集まられる方々によって生まれて来る、未知の時空間になりそうです。そこには、誰もが予期しない何かが待っているのでしょう。

ただ、僕自身は、明日への思いと同時に、次のスタンスに向かっています。インディアンドラムだけで過ごす時間、ラブフルートが歌い続けるだけの時間。声の響きだけの時間。いずれも特定の存在が中心にならないというポイントを押さえて、しっかり、はっきり、どっぷり全身で関わる。そういう時間、空間の必要を感じています。呆れるほど情報が交錯する環境の中で明らかに変化し始めている自分自身が原点を確認する時間といったところです。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/12

大地に立ち、いのちの鼓動を打ち鳴らす「月夜の宴622」  雑感

ラブフルートを背負って富士山の5合目に出掛けてから随分時が流れました。広い駐車場いっぱいに太鼓達が陣取っている中に、一本のラブフルートを持って参加した富士山奉納太皷。

ギックリ腰が回復し切らないまま、夕方から翌日の朝まで太鼓を叩き続ける。それは富士山を背にした印象的な世界でした。老若男女が思い思いに、うねるように太鼓を叩き続ける一夜でした。

腰の痛みを気にしながらも気が付けば数時間叩き続けていました。大掛かりな照明や音響設備が用意され、大テントが幾つも張られていました。大型バスも乗り込んで来る大イベントでした。それは世界的に知られたシンセサイザー演奏、作曲者の喜多郎主催ですから当然の規模でした。

僕はカッターナイフで削った素朴な細くて短いラブフルートを吹く時間を楽しみ、様々な交流を楽しみ、喜多郎との会話やツーショットを思い出に北海道にトンボ帰りでした。たった一晩のために富士山まで出向き、翌朝には帰路につきました。

この体験を振り返り、何が大切かを吟味しながら時を待ち、備えられた場所を待ってきました。そして2013年6月22日夕方から翌朝6時まで開かれる「月夜の宴622」が動き出しました。

それは何の知名度もない勇払の大地(勇払郡厚真町字上野4番地の4/電話番号:0145-27-3380)厚真インターから会場までは約10分くらいの農地で開かれることになりました。

大音響の設備もなく、大掛かりな太鼓もテントもなく、人々を呼び込む知名度もありません。ポロトコタンからお借りする松明4個、催事用テント2張り、各自持ち寄り分け合いの食料品、有志の助け合い、声掛け合いの手作りの宴です。

噂の風だけで伝えられる「月夜の宴622」楽しんで生まれて来たパンフレットは自主コピー拡散で大活躍。意外なところまで噂は届いているようです。

様々な価値観や主義主張、民族や国家、年齢、性別から生まれる対立や確執は存在の多様性の現れでもあるのでしょう。それは一人一人の人間から生まれてくるものです。

その一人一人が与えられている命の原点、鼓動と呼吸で繋がり、大地に立ち、天を見上げ、満月と満天の星々、太陽との繋がりを喜び、楽しみ、それぞれの道を歌いながら、踊りながら歩き出す宴になればと思っています。

果たして誰がどこからやって来るのか全く分からないけれど、素朴な呼び掛けに応えて集われる方々は、すでに豊かで力強い鼓動のドラムを叩き始めているのだと思います。

真っ暗闇、低い気温、夜明けまでの宴です。安全のためにも各自照明を
用意し、寒さ対策も、椅子や暖かい敷物、仮眠などの必要は全て自己防衛ください。

特別な規制はありませんがピュアーな時間になるようアルコール類はご遠慮くださるようお願いします。また、一晩中ドラムが鳴り続けるためにご協力下さい。ドラムの数には限界がありますので、各自創意工夫して参加して頂ければと思います。

参加費(100円以上)は最小限の必要経費以外、すべて東日本大震災の為に(現地訪問、交流、協力活動など)使わせて頂きますので、よろしくお願いします。

お問合せ先
ブルーレイバンクリエーション
電話番号0123-36-8881
携帯電話090-8906-9916
Eメール ravenono@basil.ocn.ne.jpクリックすると元のサイズで表示します
3

2013/6/5

小さな街からお出かけ演奏  ラブフルート

クリックすると元のサイズで表示します

 モンクールという名前を聞くようになって、色んな方が様々な催しをされているな〜と思っていました。そんな僕も、ちょっとしたきっかけで演奏やワークショップをさせていただくことになりました。

 遅ればせながらお世話になりますと、あいさつと下見を兼ねてモンクールさんをお訪ねしました。普通のお客としてお店に入り、パンを選ぶことにしたのですが、パン以上にオーナーさんの笑顔とお話しが印象的でした。

 以前、酵母パンでお世話になったルシルさんのパンを頂いた時、ああ本人がパンになってるという感じがしました。面白いものです。そんな経験から、きっと彼の人柄がパンになっているんだろうな〜と思いました。

 どれも個性的で、どれもお勧め!わが子をお届けする感じで、嬉しそうでした!僕は幾つかのパンを選び終え、置かれていたパンフレットに目をやり、この写真僕です...と呟きました。

 彼はかなり意外で、びっくりといった様子でしたが、すぐに笑顔であいさつをされました。こちらこそよろしくお願いしますということで、奥にある小さなスペースを見せていただきました。

 お客様がお一人席についておられました。顔なじみ風でしたので、少し試し吹きさせていただきました。次々とモンクールファンの方が来られるので、あまりのんびりできないほどでした。気がつくと、ほとんどのパンが無くなっていました。

 ああ、僕はここで木の笛の声をお届けするんだな...と、ゆっくり心の準備を始めました。
どんな方がいらっしゃって、どんな雰囲気になるのかな...

 僕にできるのは、ラブフルートの音色もさることながら、みんなでゆったり喜び、楽しみ、ふっと身も心も一歩、歩きだせる感じになれたらいいなと思いながら過ごすこと。
木々の響きが集まられた皆さんの全身をつつみこんでくれるように呼吸を大切に使わせてもらうこと。

 演奏が終わってからパンと飲み物のバイキングなので、ちょっと嬉しいです。いつもはライブ2時間前は飲食をしないのですが、今回は大丈夫!?

 もっとも、その後はフルートやドラムのワークショップもありますから、控えめにはなるのですが...

 久々の札幌市内のライブです。これからもポツリポツリとどこかで木々の響きをお届けする機会はあるかもしれませんが、地方の街から都会に足を踏み入れる独特の感覚を楽しむつもりです。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ