2008/11/30

マドンナ、コンサート最前列に噂の男性の姿  最新ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000293-bark-musi

マドンナ、コンサート最前列に噂の男性の姿


先週、ロンドンの裁判所で手続きが行なわれ、数週間後にはガイ・リッチー監督との正式離婚が成立する見通しのマドンナ。そんな彼女のコンサートに、あの噂の男性が姿を見せて大きな話題となっている。

26日、マイアミのドルフィンズ・スタジアムで行なわれたソールド・アウトのショウで、客席の最前列に陣取っていたのは、MLBニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手。この夏、マドンナの不倫相手として報じられ、離婚騒動の発端ともなった相手だ。ステージのマドンナは悪びれることもなく、彼を見つめながら「You Must Love Me」を歌い上げ、歌い終わると彼から水のボトルを受け取っていたという。

Daily News紙などによると、A・ロッドはこの翌日、元妻と2人の娘とともに感謝祭のディナーを済ませた後、マイアミ近郊にあるマドンナの別荘に駆けつけたそうだ。マドンナは北米ツアーをマイアミで打ち上げ、29、30日のメキシコ公演までの間、つかの間の休暇をA・ロッドと過ごしたのではと伝えられている。

Eugene Fields

【関連情報】
マドンナのショウにジャスティンとブリトニー飛び入り - 2008-11-09
叶姉妹がマドンナ初監督作品を語る - 2008-10-27
マドンナ、離婚発表後のライヴで「私は悪くない」 - 2008-10-18
マドンナ、離婚 - 2008-10-16
マドンナ、貫禄の世界ツアー開始 - 2008-08-27
0

2008/11/15

全裸ベッドシーンこなした“艶技”女優リン・チーリン  最新ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000019-ykf-ent

全裸ベッドシーンこなした“艶技”女優リン・チーリン


 アジアのトップモデル、リン・チーリン(34)が映画デビューで魅せた。三国志・赤壁の戦いを描いた大作映画「レッドクリフ PartI」(公開中)で新人ながらトニー・レオン(46)との全裸ベッドシーンにも挑み、台湾美女の心意気を大いにアピールしている。

 リンが演じたヒロイン・小喬(しょうきょう)は、呉の名将・周瑜の妻。三国志演義では姉とともに絶世の美女として名高い。

 それだけに小喬は美女じゃないと務まらないが、ジョン・ウー監督が白羽の矢を立てたのがリン。174センチ、公称「86・61・91」のスーパーボディーで、出身の台湾はもちろん、中国本土や香港でも大人気だ。

 モデルから女優業への転身に迷っていたころだったが、巨匠の誘いに身をゆだねた。

 「小喬は歴史的にとても有名な美女。とてもプレッシャーがありました」

 共演が周瑜役のトニーほか天才軍師・孔明役の金城武(35)、孫権役のチャン・チェン(32)といった人気スターだらけで、初めての撮影現場ではファンの目で見てしまった、と初々しい。

 トニーとのベッドシーンは中盤のクライマックス。カラミ合う2人をカメラが追う。

 「恥ずかしい気持ちでいっぱいで、ずっと悩んでいました」とリン。雨が降り出し、現場は静粛な雰囲気に。

 「現れたトニーを見て安心したの。きっとうまくいくって。でも実は、一番恥ずかしがっていたのは監督だったのよ」

 目が潤いを増した。

 「歴史に残る美女たちの悲劇的な運命は社会的な地位の低さにあったの。現代の女性は自分から運命を選び取れる」

 カナダ・トロント大学で経済学と西洋美術史を学んだ才女だけある。濃厚シーンは「もう、自分の心はしっかり定まっています」と、堂々の女優魂を発揮している。

【関連記事】
「レッドクリフ」ジョン・ウー監督、お手本は黒澤監督作品
金城武「レッドクリフ」でグリーンカーペット
空前の歴史絵巻!「レッドクリフ PartI」
ハリウッド離れ? 映画産業、中国進出を加速
制作費100億円「レッドクリフ」上陸
0

2008/11/3

ジェイ・Zの後任としてDef Jamトップに就いたシャキール・スチュワートが自殺。  最新ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081102-00000005-notr-musi

ジェイ・Zの後任としてDef Jamトップに就いたシャキール・スチュワートが自殺。


今年6月にジェイ・Z(Jay-Z)の後を継ぐかたちでDef Jam Recordings副社長に就任したシャキール・スチュワート(Shakir Stewart)が、1日未明にアトランタの自宅マンションで、遺体で発見されるというショッキングなニュースが入った。当局からの正式発表ではないが、自ら拳銃で頭部を撃っての自殺と報じられた。現時点では詳細は不明とのこと。

スチュワートは副社長ながら実質Def Jamのトップに就任していた人物。2004年のDef Jam入社以前は音楽出版会社Hitco Music Publishingでビヨンセ(Beyonce)と楽曲管理契約を、LaFace RecordsではA&R顧問としてシアラ(Ciara)と契約するなど音楽業界の要職を歴任。Def jamではリック・ロス(Rick Ross)、ヤング・ジージー(Young Jeezy)を獲得するなどその手腕を発揮していた。Island Def Jam会長のLA・リード(Antonio "L.A." Reid)、最高責任者のスティーブ・バーテルズ(Steve Bartels)両氏も「シャキールはすぐにDef Jamに必要不可欠な存在となった。新人発掘の才能は業界でも有名だし、わが社の事業運営のあらゆる側面を理解してリーダーシップを発揮してくれている」とコメント。その一方で彼が上層部からの圧力にさらされていたとの内部情報も取り沙汰されている。

Def Jamからは「LAリードをはじめ、Island Def Jam Music Group社員・関係者全員が、我々の友であり仲間であるスチュワート氏の死を深く悼んでいる。彼はアーティストや社員に対してだけでなく、家族、友人にとっても非常にすばらしい人間だった。ご遺族のみなさんに心から哀悼の意を表したい」と声明を発表している。(t)

【関連アーティスト情報】
ジェイ・Zのアーティスト情報/ビデオ/タイトル
ビヨンセのアーティスト情報/ビデオ/タイトル
シアラのアーティスト情報/ビデオ/タイトル
ヤング・ジージーのアーティスト情報/ビデオ/タイトル
リック・ロスのアーティスト情報/ビデオ/タイトル
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ