2017/10/14

日本橋川逍遥1  東京の景観

クリックすると元のサイズで表示します
ここは飯田橋と九段の間、日本橋川が外堀りと合流するところ
ここにゴミ収集所があり今でも船で運搬してます
クリックすると元のサイズで表示します
後楽園にも近く、こうらくはし を渡ります
鉄道が発達する戦前までは外堀り、神田川、日本橋川の分岐点、合流点なので水道橋、飯田町(現・飯田橋)、九段下の中間が便利だっんだ
クリックすると元のサイズで表示します
そして外堀りの堤を切り崩して明治政府は鉄道開発を行い、甲武鉄道(当事は民間)が飯田町(その後須田町)から八王子まで鉄道を作った
当時の橋脚
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツの大手橋梁メーカー、ハーコート社の橋梁、明治後期に輸入、架橋、このメーカーは皇居前の二重橋でも有名
クリックすると元のサイズで表示します
補修もしているが約150年前の橋が現在も現役です
クリックすると元のサイズで表示します

2017/10/6

深川界隈 3  東京の景観

クリックすると元のサイズで表示します
深川2丁目で3丁目はないですね
クリックすると元のサイズで表示します
半妻さんとお話しするときは材木屋の裏が多かった
クリックすると元のサイズで表示します
木場の差残りで材木屋も少し残っている しかし川谷拓三はいい役者だった・・・なぁ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
すずめも寄ってくる下町だぁ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
市川団十郎の成田屋!! お不動様

2017/10/3

深川界隈2  東京の景観

クリックすると元のサイズで表示します
サブちゃんのお父さんは大滝秀治でした、この回はちょっと考えさせられました、ちょっとほろ苦い
クリックすると元のサイズで表示します
サフちゃんのアパートは分田上から徒歩数分、同じ町内 深川3丁目 でも深川って2丁目までしたかないんだよね
クリックすると元のサイズで表示します
富岡八幡宮には力石がいっぱいの碑、境内で自慢大会やってたようで・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
分田上のおかみさん 北村谷栄 最近高速道路建設の話が出てきて、立ち退きをしなければならなくなった・・・・とか
クリックすると元のサイズで表示します
首都高9号線ですね、70年代末に湾岸道路が出来て、辰巳から枝川を通って呉服橋へ続く新線建設の話ですね、ちょうどこの下に分田上があったわけですね

2017/9/28

深川界隈 1  東京の景観

クリックすると元のサイズで表示します
その昔、根津の門前にあった私娼窟が明治政府のお達しで洲崎に移転(東大の学生の風紀を乱すから)
突然繁華街が出現、辰巳芸者もおきゃんな心意気で男っぽい(?)ところが人気に・・・・
昭和初期から50年代まで料亭が多かった
クリックすると元のサイズで表示します
お不動さんや八幡様もあって江戸期より賑っていた
クリックすると元のサイズで表示します
元々は埋立地で地下水も豊富
クリックすると元のサイズで表示します
こんな街に山形出身の片島三郎が料亭の板前として就職した
クリックすると元のサイズで表示します
料亭「分田上」わけたがみ サブちゃんは無口で口下手で、でも今のドラマのように状況説明や
台詞の行間をわざとペラペラナレーションすることなく、見るほうに想像させたり、思案させたりする
作りだった
クリックすると元のサイズで表示します
前半は本家のいとこの 海ちゃん が出てややドタバタでなんとな展開の先が見える話し
2話、3話と続いて一話完結ではなかった、
クリックすると元のサイズで表示します
サブゃんは状況的に焼きが中心なので、恐らく3番位で、5.6年は働いている感じ、20歳の かすみちゃんが積極的にアタックして、お互いまんざらではない関係・・・坂口良子のやや怒った顔や困った顔にノックアウトされた男子が続出



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ