2017/2/25

転び 2  伊能忠敬

クリックすると元のサイズで表示します
隠れ切支丹が見つかって処刑されて葬られた寺 見性寺 江戸初期の痕跡は何かあるのか?
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
なかなか痕跡は見つかりません、唯一元禄時代前後の石像が残っているだけ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
近くには野口英世が通っていた教会 木造の古い礼拝堂があります プロテスタントの教会
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと歩くとこんどはカトリックの教会 サベリオ教会 ザベリオとはサビエルのことで
フランシスコ・ザビエルのことでカトリックのイエズス会の系列の教会です
この南側には今は共学になったけどサベリオ幼稚園、高校があります

2017/2/20


クリックすると元のサイズで表示します
会津は東北でも一番の切支丹殉教ん゛多い町です
戦国時代、近江の豪族だった蒲生氏郷が織田信長に見出され、秀吉により伊達の備えとして会津に移封させられました、そのとき日本でも有数な商人(近江商人)や工業、土木、建築のエンジニアを一緒に連れて行きました。その中の多くが切支丹だったのです
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/2/15

続いて今度は小弓公方3  中世の城、人

クリックすると元のサイズで表示します
室町末期の小弓公方館の地図
クリックすると元のサイズで表示します
大手口から見た館跡
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ネコヤと描かれているあたりにある空堀り、今は小川になっていました
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
橋戸と書かれているあたりは谷になっていて、今は外房線が通り、湿地帯のままだ
クリックすると元のサイズで表示します
江戸期、森川藩時代の地図、縄張りがほぼ一緒だ

2017/2/11

続いて今度は小弓公方 2  中世の城、人

クリックすると元のサイズで表示します
今は生実池と言う名前の湧水池(当時の堀)が現存しいています
クリックすると元のサイズで表示します
斜度10度ほどの長い坂が続くこの高地の上に小弓公方の館がありました
クリックすると元のサイズで表示します
江戸期には森川出羽守、生実藩 一万石 の大名の居城でもありました
その後戊辰戦争では新政府軍に組し、その後、生実県、印旛県、千葉県になります

クリックすると元のサイズで表示します
本丸近くには生実神社あり、小弓公方から原氏を経て森川藩までの歴史を見守っています
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
こんな石碑もあります
クリックすると元のサイズで表示します
本当にあった室町末期の空堀り、もちろん江戸期に再度整備されているけど、元々はソレだった・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ