2017/1/17

太田道灌築城3  中世の城、人

クリックすると元のサイズで表示します
内堀りの名残り的な池、湧き水が出ています
クリックすると元のサイズで表示します
なにやら怪しげな台地が出現
クリックすると元のサイズで表示します
太田道灌から命名された?太田の町
クリックすると元のサイズで表示します
岩槻と言えば日本人形の街、で、その博物館を作るために整地された台地
クリックすると元のサイズで表示します
昔の城を縦断している県道、登って下がってます、一番下がった所が水源ですね
クリックすると元のサイズで表示します
さらにドンドン台地を登っていくとガソリンスタンドの中に本丸の碑があります
クリックすると元のサイズで表示します
こんなのが給油機のとなりに立ってます
今は樹木屋敷から登ってきて土塁をまたいで本丸まで歩いてきたわけです
そして二の丸方面に行ってみますか・・・・

2017/1/13

太田道灌築城2  中世の城、人

クリックすると元のサイズで表示します
これが空堀の上です、戦国末期でずいぶん埋もれたとはいえ5mは高低差があります
クリックすると元のサイズで表示します
ズンズン進んでいくと・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
岩槻城、別名 白鶴城 の碑があります

クリックすると元のサイズで表示します
本丸へ向かう途中にあった内堀方面へ行きましょう
クリックすると元のサイズで表示します
今でも湧水は出ているので整備して池になっていますが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
昔使ったと思われる石もその辺に転がっています
クリックすると元のサイズで表示します
広大な芝生の広場になっていますがその昔は大きな遊水地と言うか内堀りでした
で、突然「けごん号」が!!
クリックすると元のサイズで表示します
「きぬ」でした 「けごん」は向島の博物館でした、ここできぬが見れるとは
クリックすると元のサイズで表示します
エアサス使ってましたね、昔は高級だったけど今は都バスでも使ってますね、乗降時に左だけ低くなっちゃうヤツ、東武のロマンスカーはコレだったのでフワフワしてた・・・らしい、乗りたかったけど乗れなかったので・・・・

2017/1/9

太田道灌築城1  中世の城、人

クリックすると元のサイズで表示します
岩槻城は元荒川沿いに建てられた湿地帯の中の平城で、忍城同様にやや小高い丘の周囲に川の水を引き込み堀として築城しました
室町中期から後期の扇谷上杉の家臣太田道灌が対岸の(と言っても10キロ以上離れているけど)古河公方対策としての築城です
と言うわけで早速名物の「豆腐ラーメン」を食べました
クリックすると元のサイズで表示します
どこかの店が始めたのでしょうが、小麦の産地で麺と豆腐の炭水化物コラボレーション、マーボー豆腐的味で正直超おいしいです、ニュータッチからも発売されているのでお土産によいです
クリックすると元のサイズで表示します
通称「黒門」本丸の門ではありませんし、どこに使われた門かは不明ですが立派な門です
クリックすると元のサイズで表示します
裏門です、改修したのは大岡越前の忠相の家臣と伝われています、大岡家の領地でもあったわけです
クリックすると元のサイズで表示します
現在の城跡は公園として整備されていますが新曲輪の一部だけですね、でも痕跡はあるでしょう
クリックすると元のサイズで表示します
空堀りが現存しています、右手の緑の植物の崖を上ると道路です、10メーター以上の落差のある堀りです
クリックすると元のサイズで表示します
落ち葉がスゴイ遊歩道ですが、昔はこうなってました
クリックすると元のサイズで表示します
堀障子と言って隔壁を作り攻め手を分断して各個に矢や鉄砲で倒していった北条早雲以来の独特な堀りです、小田原城もこんな堀りがあります

2017/1/4

俺たちの旅始まりますよ 2  町の散策

クリックすると元のサイズで表示します
有名な噴水です
クリックすると元のサイズで表示します
京王井の頭線の鉄橋、伝説のアングルです
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
開放で夜間露出。新幹線に見える京王線
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
「三十年目の運命」では親子関係やいじめ問題、男性更年期などのリアルな問題がテーマです
洋子こと金沢碧が死んだので(本物は生きてますよ)四十年目の予定はないようですが、徘徊、痴呆症、特養・・・・などがテーマになるのでしょうか? 俺たち(老人の死出)の旅 になりそうですね
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ