綾見由宇也*こころ、添う。

深遠なる文学の聖地へ。綾見由宇也、そこに添う。

 
 「青い瞳は動かなかつた、 世界はまだみな眠つてゐた、 さうして『その時』は過ぎつつあつた、 あゝ、遐い遐いい話。」中原中也『青い瞳』拠り。 ***書き記すことは、問うこと。私なりに愛でる文学世界に纏わる事柄や、小説サイトに関するちょっとした思索的な様々を、真摯に想いを込めて綾織っていこうかと思考致しております。感情流布な文章でしたら、どうぞ平にご容赦、くださいませ。***2006・3・11 綾見由宇也
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:gamenotatsujin

あんね たまには息抜きしてぼくのピアノの演奏会見にきてね 猫の「虎太郎」より

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin
gamenotatsujin様、コメント、有難うございます。勉強させてもらいました。残念ながら、僕は武田泰淳の「異型の者」、読んだことがありませんね。恐れ多く、傷み入っております。綾見由宇也

http://kazenomai.blog42.fc2.com/
投稿者:gamenotatsujin

 旧サイト嬉しく拝読しております
 この太陽の季節なんですが武田泰淳の
 「異型の者」にあの障子紙を突き破る
 シーンがあります。文体はへミング
 ウエイの「日は又昇る」にそっくり
 の完全な盗作です。万葉集で育った
 三島由紀夫とは雲泥の差があります。
 
 しかしながら文春の圧力でこの「異型の
 者」は絶版となっています。僕は
 大江健三郎の受賞はわかりますが
 商業主義に堕落した芥川賞はいただけませ
 ん。 作家は怖いですね。
 また旧ブログおねがいします

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ