2015/9/9

ヤブッキー  

3週間ぐらい前かな。

近所の施設で夏祭りがあるとの事、子供たちは行く気まんまん(笑)

歩いていける距離なので、かなりありがたい。

その施設には初代ベーシストであるヤブッキーがいることは知っていた。

祭りの雰囲気に浸っていると、ふと声を掛けられた。

ヤブッキーだった。

彼は今や仕事でもりっぱになり、家庭をしっかり持ってがんばっていた。

彼は仕事中だったのだが、いろいろな話をしてしまった。

もともと彼との出会いも、インターネットのバンドメンバー募集サイトだった。

その頃の俺は、バンドを立ち上げるべく、可能性のありそうな記事を見ると

積極的にアポイントをとり、直接あって話をした。

ヤブッキーには一度スタジオを見学してもらい、そして一緒にバンドをやることになった。

彼はベース初心者ということだったが、俺にはそんなことは関係なかった。

彼はバンドの為にとても努力してくれた。

やさしいタッチのベースラインは、丁寧に楽曲を支えてくれた。

しかし、彼と別れる時が来てしまった。

俺の心が狭すぎたのだ。

数年が経ち、振り返ってみれば、その頃の自分の行動や言動などが今の自分とリンクしない。

自分自身、歳を重ねることで、考え方が変わっているのだろう。

バグフィルを立ち上げた頃は、32歳。

まだまだ青い。

若さゆえ、輝きを放つ一方で、ナイフのように危ない面もある。

最近、ご縁という言葉の意味を、深く感じるようになった。

まじめに生きていれば、一つ一つのご縁が、いつか実を結んでくれると思う。

がんばれよヤブッキー、俺もがんばるで。







0

2015/8/16

(無題)  

今日でお盆休みも終わり!
今年は、遠出せず家の片付けなどをやってました。
息子は、滋賀や静岡に遠征にいき不在。
私達は、新盆があったり、家のかた付けをやったり。
何もない休みでしたが、要らない機材が処分できたのは良かったよ
0

2015/7/3

最近  

なかなか多忙で、音楽活動もほとんど出来ておりません。(メンバーのみなさんごめんなさいね)

そんな中、東京出張の際、兄貴と飲んできました。

新宿歌舞伎町、それはそれは夜の街、ネオン街、夢のようなところだった。

田舎でサラリーマンをやっていると、忘れてしまいそうになるもの、それは若き日の夢だ。

しかし、歌舞伎町にはそれがあった。

掛けてゆくホスト。

彼女たちは誘惑などしていないのに、つい目で追ってしまうエンジェル達。

こんなところで兄弟酒を飲める日が来るなんて、大人になったもんだ。

不思議と東京へ行くと、帰って来たという気持ちになってしまう。

俺はやはり、今でも尚、感覚が東京へ向いている。

また近いうち行きたい、東京へ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ