2017/8/12

ブルース・リーとの夢の対決!  武道・アクション

あのブルース・リーが亡くならずに、今も生きていたらどうなっていただろうと良く考えることがある。

ブルース・リーは新たな武道を編み出し、また独自のトレーニング機材なども考案する"革新家/発明家"であった為、今も生きていたら、マーシャルアーツ業界に更なる革命を起こしていたかもしれない。そして良く考えることに、生きた時代が違う武道家たちと、お互いにピーク能力で対決出来たらどちらが勝つだろうなどと妄想してみたりすることも多い。

そんな妄想を叶えてくれるのがCGによるバーチャルな世界。以前、完全CGによるブルース・リーのJohnny WalkerのCMを紹介したが、You Tubeには他にも実に良く出来たブルース・リーのCG映像が存在する。中でも、ブルース・リー対ジャッキー・チェン、そしてブルース・リー対ドニー・イエンの夢のCG対決映像が秀逸だ。

ブルース・リー対ジャッキー・チェンの映像も幾つか存在するのだが、ブルース・リーがジャッキー・チェンの酔拳と対決するこちらの映像が素晴らしい。お互いに、過去の映画での動きを取り込みながら、忠実にCGとして再現しているから、とてもリアルな映像に仕上がっている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

また、更に秀逸なのはブルース・リー対ドニー・イエンのこちらの映像。A Warriors Dreamと題したこの映像は、ドニー・イエンが自身のトレーニングルームに現れた謎の4人組覆面戦士を相手に戦い、全員を蹴散らしたところで、4人とも幻のように消滅。そこへ、今度は後光と共にブルース・リーが登場。お馴染みの表情やポーズでドニー・イエンに対決を求める。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

キックや突きを繰り出す二人の対決はほぼ互角に進み、最後はお互いに飛び蹴りを繰り出したとかころで、ブルース・リーが幻のように消える。ドニー・イエンのトレーニングルームにはブルース・リーのポスターが何枚も貼られており、彼がブルース・リーを尊敬していたことがわかり、ドニー・イエンがブルース・リーとの対決を笑顔で感謝するところで映像は終わる。

クリックすると元のサイズで表示します

映像の最後には、尊敬するブルース・リーとドニー・イエンに捧ぐと言うテロップも記され、二人が大好きなファンが映像を制作したことが判明する。この映像のクオリティはかなり高いし、二人の動きや表情がとてもリアルなのである。ぜひ一度You Tubeでご覧頂きたい(Bruce Lee vs Donnie Yenで検索すればすぐに出てくるので)。

もう一つ感動するのが、EAのUFC(アルティメットファイティングチャンピオンシップ)ゲームの中のブルース・リー対決CG映像。様々なブルース・リーの対決がYou Tubeにアップされているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


ブルース・リーはシューティングと言う寝技や関節技を絡めた総合格闘技の先駆け/創設者とも言われているが、もしブルース・リーがUFCに出たらどう戦っていただろうか、と言う夢のような妄想を叶えてくれるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

バーチャルCGは、束の間のブルース・リー復活を実現してくれる大興奮のテクノロジーであった。
0

2017/8/11

少女時代、復活!  音楽

少女時代が約2年ぶり、6枚目となるニューアルバムをリリースした。2015年にリリースした5thアルバム『Lion Heart』以来2年ぶりとなる。今年少女時代はデビュー10周年を迎えたが、まさにアニバーサリーイヤーに満を持して電撃復活だ!

クリックすると元のサイズで表示します

ニューアルバムのタイトルは『Holiday Night』。全曲韓国語によるアルバムだが、タイトル通り、アルバム全体を通してホリデー/リゾート感満載のアップテンポなサマーアルバムに仕上がっている。華やかで美しいメロディー、聴きごたえのある歌唱力。まさに少女時代らしさがしっかり詰まっていて嬉しいアルバムだ。

クリックすると元のサイズで表示します

収録曲は下記全10曲。過不足無い曲数とバランスだ。

1) Girls are Back
2) All Night
3) Holiday
4) Fan
5) Only One
6) One Last Time
7) Sweet Talk
8) Love is Bitter
9) It's You
10) Light Up the Sky

『Girls are Back』では、自らの復活をアピールするタイトル通りの曲で、先日紹介したTLCの復活アルバムの一曲目にも似た位置付けだ。

クリックすると元のサイズで表示します

『All Night』と『Holiday』の2曲でアルバムタイトルを形成しているが、どちらもアップテンポなパーティーソングで、アルバム全体の印象もこの2曲が決定付けている。


確かに全体的にはアップテンポで楽しいアルバムと言う印象だが、テヨンやティファニーの歌唱力を堪能出来るしっとりバラードも見事だ。僕が特に気に入ったのは『Fan』。ミディアムテンポなのでバラードまではいかない曲ながら、とても切なく、サビが美しい曲だ。韓国語なので歌詞は良くわからないが(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

後半はミディアムからスローバラードの曲が続く。『Only One』、『One Last Time』はどちらも魅力的なバラードで、ハーモニーが心地良い。『Sweet Talk』はちょっとクールなR&B感じの曲で、これもある意味少女時代らしいナンバー。そして最後の曲、『Light Up the Sky』は、ライブの締めを飾りそうなスケール感のある美しい王道バラード。

クリックすると元のサイズで表示します

ユナは相変わらず美しい!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのニューアルバムに思わず興奮したが、ニューアルバムを引き下げた久々の来日ツアーが開催されることに期待したい。
0

2017/8/7

女性ねぶた師、北村麻子!  アート

先日、日テレの日曜日朝放送の『シューイチ』を見ていたら、女性ねぶた師の北村麻子さんが紹介されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ねぶたとは、あの青森のねぶた祭りのことだ。僕はねぶたについてごく一般的な浅い知識しか無いが、動機が不純ながらも(笑)まず、この北村麻子さんの可愛らしさにすっかり魅了された。34歳で結婚していて、既に子供もいるらしい。話し方がとてもソフトで、癒される女性だ。

クリックすると元のサイズで表示します

ねぶた師として、北村さんは唯一の女性ということでこれまで話題になってきたらしいが、彼女の父親、六代目ねぶた名人の北村隆に従事し、これまで修行をしてきたというから凄い。
彼女は可愛いだけでは無く、今では実力も兼ね備えた素晴らしいねぶた師なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ねぶた師はこれまで完全に男性Onlyの世界で、女性には無理だと思われてきたし、かなり体力、精神力的にキツイ世界かもしれない。ただ、真剣にねぶた師になりたいと思う女性も、これまであまりいなかったと言うのもあるかもしれないが、なりたいと少し思っても、やはり男性の世界と言うことで入り込む勇気がなかった女性も過去にいたかもしれない。しかし、北村麻子さんは、すぐ近くで父親の姿や、父親のねぶた作品の世界観に魅了され、ねぶた師を真剣に志そうとしたのがまず大きな決断だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

女性と言うだけで注目を浴びてしまうだろうし、中には彼女を歓迎しないねぶた師も最初はきっといたことだろうと思う("神聖なねぶたの世界を汚すな"的な)。初めてのチャレンジには常に反対、リジェクトは付きものである。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、彼女は実力でその固定観念を跳ね除けたのだろう。2012年にデビューして、作品『琢鹿(たくろく)の戦い』がいきなり優秀制作者賞を受賞し、華々しいデビューを飾ったのだ。その後も毎年受賞するような素晴らしいねぶたを制作し続け、そしてなんと今年2017年は、『紅葉狩』でねぶた最高の名誉となる、最優秀制作者賞を早くも受賞したのだ。もはや誰もその実力を軽視する人はいないだろう。やはり、女性ならではの繊細さや独特な柔らかいセンスをさりげなくねぶたアートの世界に持ち込んだと言う要素もあるかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

北村麻子さんにより、ねぶたの世界観がまた更に広がり、僕のようなねぶたにあまり詳しく無い人も興味を持つようになることだろう。

0

2017/7/15

祝!Mr.Children 25周年!  音楽

1992年にデビューしたミスチルが今年でデビュー25周年を迎えた。これを記念して、初めてiTunesでも2枚のベスト盤が配信されることになったのには驚いたが、2枚のベスト盤は長い期間iTunesのアルバムダウンロード1位、2位をキープしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

1992年と言えば、ちょうど僕が社会人になった年だから、僕もまさに社会人生活25周年。思えば、僕の社会人人生は、まさにミスチルと共にあった。色々な節目に、ミスチルのヒット曲が常にそこにあった。

クリックすると元のサイズで表示します

ミスチルは5枚目のシングル『Innocent World』がミリオンヒットを記録して以来、『Tomorrow Never Knows』、『名もなき詩』などのミリオンヒットを連発し、90年代、2000年代、2010年代と、常にヒット曲を量産し続けてきたし、今でも変わらず第一線で活躍しているが、ここまで凄い、国民に愛されるモンスターバンドは他にいないのでは無いかと思う。サザンオールスターズは別格としても、記録的に長い期間をコンスタントに活動をしているのは、後B'zくらいなものだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

リリースしたシングルは37曲。。。ミスチルはヒット曲があまりにも多過ぎて、厳選するのが極めて難しいが、数々の大ヒット曲の中でも、僕が特に好きなのは下記。

抱きしめたい
君が好き
Any
HANABI
蘇生
Drawing
Sign
箒星
しるし
エソラ

数々のヒット曲の中でも、比較的初期の『Innocent World』、『Tomorrow Never Knows』、『名もなき詩』などのメガミリオンヒットはもちろん大好きなのだが、やはりミスチルの曲の中でも、特に『HANABI』のような切ない旋律が流れる曲には特に心を奪われてしまう。『HANABI』はドラマ『コードブルー』の主題歌としても大ヒットしたが、シーズン3が今週から放送されるので、また『HANABI』もまたヒットチャートに三たび登場することになるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

『Drawing』は比較的ミスチルの中でも地味目な曲かもしれないが、僕の大好きだったドラマ『幸福の王子』の主題歌として印象に残っている。『Sign』はドラマ『オレンジデイズ』主題歌、『しるし』はドラマ『14才の母』主題歌。どちらも好きなドラマだったので、曲もドラマにマッチしていて、とても好きであった。

クリックすると元のサイズで表示します

初期の楽曲の中では、やはり『抱きしめたい』がダントツで好きな曲だ。この曲も美しいメロディーと歌詞が見事にマッチして奏られる、感動的な曲である。

最近では、NHK朝の連ドラ『べっぴんさん』の主題歌『ヒカリノアトリエ』が記憶に新しい。
また、最新動向としては、今劇場公開されている映画『君の膵臓を食べたい』の主題歌として『himawari』を提供しているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

また、先日僕がいつも好きで観ている『関ジャム』で、ミスチル特集が放送されたが、いかにミスチルが様々なアーティストに影響を与えてきたかや、その楽曲や歌詞レベルの高さ、短いメロディーに如何にたくさん歌詞を詰め込んでいるテクニック等、ミスチルの特徴をマニアックに分析していたのがかなり面白かった。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりミスチルの曲は、いつの時代にもドラマや映画の盛り立て役にぴったりなのだ。デビューから25年経った今でも、常に第一線で活躍してメガヒットを飛ばし続けているのは本当に凄いことなのだと、改めて思う今日この頃である。
0

2017/7/10

石原裕次郎、没後30周年!  映画

国民的大スター、石原裕次郎が亡くなってから今年で30周年。52歳という若さで亡くなった裕次郎は、生きていれば今年82歳である。

クリックすると元のサイズで表示します

30周年を記念して、今年はまた様々な特番が組まれているようで、先日もNHK BSプレミアムで放映された3時間生放送特番、『スーパープレミアム 日本人が最も愛した男・石原裕次郎』が放送されたので、録画して後日鑑賞した。中山秀征と北乃きいをメイン司会に、徳光和夫、桂文枝、石原良純を迎え、更には往年のファンが喜ぶような様々なゲストを招き、映像やエピソードなどを交えて石原裕次郎の魅力が凝縮された楽しい3時間であった。また石原まき子夫人が小樽の石原裕次郎記念館から生中継で参加し、石原裕次郎と親交のあった

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

八代亜紀や倉本聰なども小樽から参加。これに加え、徳光和夫による、石原プロ幹部 (渡哲也、舘ひろし、神田正輝)の3人とのインタビューの模様も紹介され、何とも豪華で贅沢な内容であった。

クリックすると元のサイズで表示します

僕は石原裕次郎の凄さをリアルタイムでは全く経験していない。当然僕が産まれる前から石原裕次郎は国民的大スターであったし、かろうじてリアルタイムで経験していたのは、晩年の『太陽にほえろ!』、『大都会』、『西部警察』等の人気テレビシリーズであった。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、不思議と僕は1950年代、60年代頃の日活黄金時代の日本映画に妙に惹かれてしまい、特に石原裕次郎の魅力には後にハマってしまったのだ。

今とは違い、当時は年間7-8本の主演映画がバンバン公開され、各映画の興行収入もそれぞれ数億円も出れば大ヒットの時代。石原裕次郎はまさに日本の高度成長期の波に乗り、日本映画界の中心的な存在であった。誰もが新たな“人種”、型破りなスターの登場に熱狂し、日本の新たな時代の幕開けを感じさせた俳優であった。そして、若き日の石原裕次郎を見て思うのは、良く見ると決して超美形の顔をしているわけでも無い。しかし、背も高く、誰も真似出来ない独特な雰囲気を持っており、昼間から水代わりにビールを飲むという破天荒な人物であり、ある意味誰もが持つ、“不良”に対する憧れを代弁しているような存在として、日本国民の目にも衝撃的に移ったのだろう。石原裕次郎ほどの独特のオーラ、スター性を持った人はそう多く無いが、当時で言えば石原裕次郎か長嶋茂雄というイメージだろうか。今の時代では、石原裕次郎のインパクトに匹敵するようなスターはなかなか見当たらないし、時代がそもそも違うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そういうわけで、僕は日活全盛期の石原裕次郎映画作品が特に好きで、中でも僕が一番好きな日本の女優、芦川いずみと共演した『あした晴れるか』や、『乳母車』などは大好きな映画である。今回のNHK BSプレミアムの3時間特番で一番感動したのは、なんと芦川いずみの旦那である藤竜也へのインタビューが紹介され、当時日活の人気女優、芦川いずみとの結婚は日活上層部から相当の反対があった模様だが、それを石原裕次郎が間に入って調整したエピソードが語られた。

クリックすると元のサイズで表示します

芦川いずみは藤竜也と結婚する時にスパッと女優を引退し、その後メディアに顔を出すことは一切なくなった (山口百恵並みにメディアには全く姿を現わさないのだ)。しかし、藤竜也のエピソードを通じて、奥様、芦川いずみもご健在である“気配”を少し読み取ることが出来たのは本当に嬉しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

石原裕次郎は大スターであったが、ある意味“永遠の少年”のような、遊び心を持った人であったと感じる。石原プロモーションを設立して以来、スケールの大きな社会派映画を目指し、製作費をふんだんにかけたことから一時は倒産に追い込まれたが、その後テレビに活路を見出し、『太陽にほえろ!』、『大都会』、『西部警察』というヒットシリーズを世に送り出すことで復活を果たす。

ヒットドラマ群の中で、個人的には骨太なドラマに比重が置かれた『太陽にほえろ!』が一番好きであったが、インパクトという意味では、なんといっても建物を派手に爆破しまくり、毎回たくさんの車を破壊した『西部警察』だろう。テレビ時代の石原裕次郎は、主役の座からは一歩引いて、新たなスターを育成しようとする面と、純粋にドラマ作りを楽しみたいということに専念していたように思う。しかし晩年のドラマ作品は、少年が仲間を集めてみんなで“映画ごっこ”
を楽しんでいるように思えてしまい、僕はかなり独り善がりな雰囲気が前面に出た“映画ごっこ”がどうも最後まで好きになれなかった。本人の意思に反して、やはり往年の銀幕スター、石原裕次郎としての魅力が一番個人的には一番輝いていたように思う。

クリックすると元のサイズで表示します

石原裕次郎は常に病気や怪我との闘いの人生であったようにも思う。若い頃の不摂生がたたったのかもしれない。入退院なども繰り返しながらも、奇跡的な復活をしたりと、常にメディアからも注目され続けた。今のように、ガンであることを本人には告知しない時代であった為、実際にどこまで本人も知っていたか知る由もないが、最後の数年は、ハワイで静養出来たのはせめてもの救いであったろう。

クリックすると元のサイズで表示します

石原裕次郎、没後30周年。いつの時代になっても、裕次郎の魅力と、彼の生きた人生は色褪せることは無い。
0

2017/7/8

味わい深いドラマ『みをつくし料理帖』  TVドラマ

春クールのドラマは以前ブログで取り上げたが、かなりの数のドラマを観た。どれもなかなか面白く、出来も良かったのでは無いかと思う。

しかし、以前取り上げていなかったドラマで、実はもう一つハマっているドラマがあった。NHKで土曜日の夕方に放送しているドラマ、『みをつくし料理帖』である。全8回のドラマだが、7/8(土)に最終回を迎えたばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

黒木華主演の時代劇ドラマだが、いわゆるチャンバラドラマでは無い。かなり地味な設定だが、江戸時代の料理人、澪(みお)の活躍を描いたドラマだ。若手演技派女優の黒木華の主演は、まさにハマり役である。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

物語は、大坂に生まれた天涯孤独な少女・澪(みお)が、料理の腕だけを頼りに江戸に行き、艱難(かんなん)辛苦を乗り越えながら、やがて一流の女料理人になるまでの波乱万丈の物語を描いている。つる家と言う料理屋を江戸で始めるが、澪の作る素朴ながら美味しい料理はたちまち江戸中で話題となり、料理番付でライバル料理屋に登龍楼と言う老舗料理店に並ぶまでに成長。危機感を感じた登龍楼は、つる家のメニューを盗んだりするようになり、挙げ句の果てには、つる家に火を付けたりと邪魔をする。

クリックすると元のサイズで表示します

このドラマ、確かに一見地味な設定だが、とても豪華な俳優陣が彩りを与えている。森山未来、永山絢斗、安田成美、小日向文世、麻生祐未、萩原聖人、成海璃子、伊武雅刀などが出演しており、演技派が脇をしっかりと固め、NHKらしい、見応えのあるドラマになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマは全体的にとても"ほんわか"した、柔らかい雰囲気で進行するが、まさに黒木華のイメージにぴったりである。しかし、そんなほんわかな中にも、ドラマの展開がしっかり描かれ、いつの間にか、次の展開が楽しみになっていることに視聴者は気がつく。なかなか中身のある骨太ドラマになっている。また、ドラマ自体は一話40分くらいなのだが、CMが入らない為、集中して40分続けて観られるのが、やはりNHKならではで良いのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

音楽もイメージ通りでとてもほんわかしていて、良いBGM効果を産み出している。

森山未来が演じる小松原は、澪が料理人をつとめる「つる家」の常連客の武士。澪の料理に対して常に本質をついた批評をし、味のみならず、澪の料理人としての生き方にも道筋を与えていく。その厳しくも深い愛情に、澪は次第に惹かれていくのである。普段は浪人風情だが、その正体は将軍に仕える御前奉行の小野寺様。彼もなかなか結婚せずにいるが、澪をいり豆に例え、素朴でどこか懐かしい澪を"下がり眉"と呼んで次第に彼女の料理と彼女自身にも惹かれて行く。一方、永山絢斗演じる医者の永田源斉先生この恋模様の行方もドラマの楽しみの一つである。

クリックすると元のサイズで表示します

また、僕が長年大好きな女優の一人でもある安田成美も、澪と一緒に暮らし、母親のように可愛がるお寮さんを演じているが、安田成美は歳をとっても美しく、可愛らしい!

クリックすると元のサイズで表示します

料理ドラマならではの斬新な試みも見逃せ無い。ドラマのエンディングタイトルのバックでは、そのエピソードに登場した料理の作り方を、澪が役柄そのままに割烹着姿でレシピを紹介するのだが、普通の近代的なキッチンでやっているのがまたギャップを産んでいて実に面白いのだ。ドラマ中にレシピを紹介するのは、これまでにもあったし、『釣りバカ日誌』でもみちこさんのワンポイント/魚料理の作り方が登場するが、今回はエンドロールに登場するのがとても新鮮である。

最終回を迎えてしまったが、終わり方的に今後続編が期待される。シーズン2を楽しみにしたい!

クリックすると元のサイズで表示します

0

2017/7/4

タヌキちゃんへのメッセージ!?  好きな場所

我が家の近くの生田緑地は、愛犬きなこも好きな散歩スポットだ。

週末しか行けないが、月2-3回は散歩で訪れていると思う。
最近はすっかり暑くなってきたので、かなり早い時間から散歩しなければ散歩が厳しい。

クリックすると元のサイズで表示します

先月、生田緑地に行った際、一番高い場所にある桝形山城跡の近くにある小さな公園スペースを覗いてみた。ここにはいつも野生の猫が(誰かがご飯などを与えているようなので、本当の野生とは言えないかもしれないが)、朝のんびり寛いでいるスポットなので、きなこに猫を見せたいと思って公園に足を踏み入れてみた。

すると、なんと驚いたことに、猫2匹に交じって、タヌキの親子がちょうど遊んでおり、きなこと僕に気が付いた。タヌキ側も驚いて、動きが完全にフリーズしていたのが面白かった(笑)。

しかし、こんな至近距離で野生の生タヌキ、しかも親子で遭遇出来るとはとてもラッキーだった。その後も何回かこの公園を早朝にきなこと訪れているが、猫はいるがタヌキはおらず。残念ながら、なかなか再会が叶わない。

先週末も6時台に生田緑地に出かけて行ったが、今回は少し短めにしようと、いつもとは違うコースを散歩した。残念ながらタヌキには会えなかったが、そこで何とも可愛い小さな看板を発見! 字が読める筈も無いタヌキに宛てた看板。何ともユーモラスだ。こんな楽しい遊び心が生田緑地にあったとは、正直驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します

またタヌキに会えるかもしれない、という期待感が、週末早朝散歩のささやかな楽しみになっている。
0

2017/7/2

ベトナムグルメを満喫!  マイグルメ

4月に続き、今年2回目のベトナム出張に出かけている。
前回はハノイだけであったが、今回はハノイ4泊、ホーチミン1泊の計5泊のベトナム出張である。通常アジア出張の場合は一か所に長く滞在することは少ないが、今回はかなり長い方である。

クリックすると元のサイズで表示します

今回宿泊したハノイのホテルはThe Chi Boutique Hotelというその名の通り、小さなブティックホテルである。場所は旧市街のホワンキエム湖近くのエリアで、観光には絶好のロケーションである。前回宿泊したアプリコットホテルにも近い場所だ。

クリックすると元のサイズで表示します

このホテル、何と1泊6,000円程度とアパホテルよりも安い。しかし、ホテル自体は比較的新しく、部屋もオシャレでキレイ。決して広くは無いが、とても機能的に出来ており、また窓の代わりにトレリスにより緑のフェイクプラントが飾られたウィンドースペースが有り、とても可愛いデザイン。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのフロントは2Fになっており、とても落ち着いたスペース。1階には有名な中華料理のお店も入っており、点心がとても美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル従業員のホスピタリティーも素晴らしく、逆にブティックホテルならではの木目細かいアットホームなサービスがとても心地良かった。次回もぜひこのホテルに泊まりたい。これで6,000円とは素晴らしいコスパである。

今回は色々なお店でフォーを食べまくったが、どのお店もフォーが美味しい。外れ無しであった。前回も行ったPho 10というフォーの有名なチェーン店にもまたランチで立ち寄ったが、ここのフォーはやはり美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ホテルの朝食に出るフォーも負けず劣らず美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ハノイ最初の夜は、前回も訪れた有名なレストラン、Cau Goへ。ここはホワンキエム湖が一望出来るロケーションで、美味しいベトナム料理が食べられる。有名人や外国からの政府関係者も多く訪れる名店である。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ホーチミンには火曜日だけ、1泊の滞在。ハノイのホテルに大きな荷物を置いたまま、小さいバッグだけでホーチミンに移動。国内線はベトナム航空で移動。2時間弱の飛行時間で、30分置きくらいに便が飛んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

ホーチミンでは大戸屋のホーチミンでのフランチャイズ経営にも関わる方との会食でもあって、大戸屋で食事。日本の大戸屋にメニューは近いが、日本よりもブランドイメージは高級。お刺身も築地からの直送らしく、なかなか美味しい和食をホーチミンでも味わうことが出来た。掘り炬燵の畳個室も完備しており、なかなか良いお店であった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ハノイに戻った木、金は、湖のほとりにある日本人が経営するレストラン、Pepeへ。ここは中華のシェフとイタリアンのシェフがおり、それぞれのシェフが変にメニューを融合することなく、それぞれの得意料理を提供しており、味も素晴らしい。特にここのパスタは日本のレストランレベルで比較しても美味しかった。地元の日本人駐在者や旅行者にも大人気のレストランになっているのも頷ける。そして屋上にはルーフトップの席も有り、風に当たりながら、湖の夜景を堪能することが出来た。味も雰囲気も素晴らしいレストランであった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

帰国する日のランチは地元の駐在メンバーに有名なブンチャ(Bun Cha)というベトナムローカル料理に連れて行って貰った。ブンチャとは、ベトナム式のつけ麺で、ハンバーグやカルビのような美味しい肉が入ったスープに、冷たいお米ベースの麺を漬けて食べる料理。フォーほどは知られていないが、これもベトナムのソールフードとして有名らしい。僕は今回初めて食べたのだが、お肉がまずはとても美味しく、麺との相性も最高であった。フォーは熱いが、ブンチャは汗だくにならずに食べられる点で良いかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ブンチャを出すレストランは多いが、今回行ったのはあのオバマ元大統領が訪れたことで一躍有名になったHuong Lienというレストランだ。旧市街からも程近いホワンキエム地区にあり、いつも行列が出来ている。オバマ元大統領が食べたセットが、“オバマセット(Combo Obama)”と呼ばれており、ブンチャに加え、エビ揚げ春巻きと焼き鳥がセットになったものだが、ボリューム満点である。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

今年2回目のベトナム出張は、仕事での成果も大きかったが、色々なベトナムグルメも堪能出来て、とても充実した滞在であった。これからベトナム出張が増えそうなので、今後も色々とチャレンジしたい。
1

2017/6/30

『TLC』最後のニューアルバム!  音楽

90年代にヒップホップ業界を席巻した3人組ガールズグループTLCが15年ぶりのニューアルバム、『TLC』をリリース。音楽シーンに再び帰ってきた!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

TLCことT-ボズ、レフト・アイ、チリの3人は1992年にデビューし、3枚の大ヒットアルバムをリリース。シングル『Waterfalll』、『No Scrubs』などが大ヒットし、グラミー賞も受賞。たちまち世界一のガールズグループとして90年代を席巻し、一時代を築いたのだ。しかし、2002年にレフト・アイが不慮の事故で他界。それ以来TLCとしての活動は停滞してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、クラウドファンディングのKickstarter上で、ファンに対してアルバム制作資金の出資を募ったところ、出資募集期間内に総計40万ドル以上を集めることに成功、無事に新たなアルバム『TLC』の発売日を迎えることとなった。

ニューアルバム『TLC』は下記12曲を収録。どの曲もあまり長過ぎず、清々しさを漂わせている。

1. “No Introduction”
2. “Way Back” (Feat. Snoop Dogg)
3. “It’s Sunny”
4. “Haters”
5. “Perfect Girls”
6. “Interlude”
7. “Start a Fire”
8. “American Hold”
9. “Scandalous”
10. “Aye MuthaFucka”
11. “Joy Ride”
12. “Way Back” (Feat. Snoop Dogg) [Extended Version]

1曲目の「No Introduction」は、昔のヒット曲名などもリリックに入れながら、"私たちに自己紹介は必要ない!"と言う貫禄と、新たなる挑戦を高らかに宣言しているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

MVが先行公開された2曲目の「Way Back」ではSnoop Dogを迎え、マイケル・ジャクソン、マーヴィン・ゲイ、プリンスらの名前を出して過去を振り返る。

何と言っても、3曲目の「It's Sunny」が最高である。アルバムの中で一番好きなイチオシ曲だ。Earth, Wind & Fireのあの名曲、「September」を大胆にサンプリングした底抜けに明るくポジティブな曲となっている。

ラップで始まる4曲目「Haters」は、サビがメロディアスで明るい曲。"色々なことを言うやつには言わせておけばいい!"と、個性を賛美するメッセージが歌われる。

クリックすると元のサイズで表示します

9曲目「Scandalous」はちょっと切ないメロディーで気に入っているし、10曲目の「Aye MuthaFucka」は過去のダメ男をパッシングする内容なので、「No Scrubs」にも通ずる曲だが、メロディーには明るさを漂わせる。

また、ミディアムテンポの11曲目「Joy Ride」もジャネットジャクソン的なサウンドで、ライトな明るさがとても心地良い好きな曲だ。ファンに対して、これまで応援してくれたことに対する最後の感謝(Thank you)を告げるような内容で、とてもポジティブなメッセージが伝わってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

アルバム全体的に、若い頃のギラギラ感満載なヒップホップサウンドでは無く、アダルトファンクな雰囲気が漂う上質なR&Bアルバムに仕上がっているので、僕のようなかつてのTLCファンであった年代が、昔のTLC的な要素も楽しみながらも、成熟した彼女たちの、年相応の落ち着いたサウンドが楽しめる内容になっている。

TLCの懐かしさと共に、久々に良いR&Bアルバムに出会ったと言う思いだ。
0

2017/6/26

小林麻央の旅立ち  

乳がんと闘っていた小林麻央さんが、6月22日(木)に亡くなった。34歳と言う、あまりにも早い旅立ちである。

クリックすると元のサイズで表示します

大学生時代に『恋のから騒ぎ』に出演していた頃から、小林麻央さんをテレビで見ていた。その頃から、美人でとても穏やかな性格ながら、芯のしっかりした清々しい女性と言う印象がとても強かった。そして、その後フジテレビのお天気お姉さんなどで人気は高まり、NEWS ZEROではその芯の強さが発揮された骨太ながらもハートのあるキャスターぶりがとても魅力的であった。

クリックすると元のサイズで表示します

やがてキャスターとしてのインタビューが縁で2010年に市川海老蔵と結婚。

昨年5月に乳がんであることを告白してからも、常にマスコミで取り上げ続けられてきた。

そして、昨年の9月にブログを開設して以来、僕も毎日のようにブログを拝見してきた。亡くなる2日前の6月20日までブログをアップし続けた。闘病生活の中で入退院を繰り返し、アップされる写真からは元気な様子もあれば、体調がとても悪く、苦しそうな時も伺え、一進一退であることを伺い知ることが出来たし、日に日に痩せて行く姿を見るのが辛くもあった。

次元が全く違う話だが、自分もブログを書いている身として麻央さんのブログを読んできて、強く感じたことがあった。ブログは自分が"生きた証し"を綴ったライフログ=日記であり、麻央さんの場合は、ブログが"生きる希望"でもあり、ファンや家族への"遺言"でもあった。生きることへの執着と、最後まで諦めないという姿勢でメッセージを発信し続けた麻央さんの言葉一つ一つに、強い決意と覚悟を感じていた。

ステージ4のガンであることが公表されてからは、確率の世界では極めて厳しい状況であることは誰もが理解出来たが、それでもブログで元気な姿を拝見すれば、少しずつ回復に向かっているのでは、ガンであったこともいつか笑い飛ばせるようになる筈!と常に奇跡を願ってきた。

ガンであることを本人が初めて知った時に、恐らく感じた恐怖、絶望感たるや想像を絶するものがあったと思われる。もし自分なら、家族に八つ当たりしたり、ヤケになって自虐的な行動に出てしまったと思うし、前向きに人生を考えられなくなっていたのでは無いかと思う。それでも小林麻央さんのブログには、辛さの吐露は多少あるものの、そこには常に前向きなメッセージがあり、自分のことよりも、同じガンと闘っている患者を励まし、他人への思いやりを欠かさない。。こんなにも強く、天使のような女性がいるものだろうかと驚かされた。自分ならとても出来そうに無い。

5月末から自宅看護となったことが公表された時は、もはや残された時間が短いことを誰もが感じた。しかし、それでも、少しでも、自宅で家族との穏やかで濃密な時間が、一日でも長く過ごせればと心から願って止まなかった。最後は家族に看取られて、少しでも安らかな家族との時間を過ごすことが出来たのであればと切に願う。

もっと、もっと、長く生きて、まだ幼い子供たちの成長を見守り続けたいと言う思いは強かったに違いない。それを考えると無念で、胸が張り裂ける思いだが、母がブログに綴った生きた証しは、いずれ理解が出来るようになる子供たちへのかけがえのない遺言になったと思う。

心から小林麻央さんの御冥福をお祈りします。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ