2011/3/12

希望を捨てずに  日常生活

 一日中テレビに釘付け、というのはしょうがないのかもしれない。明日起きたら原発が安全に運転を停止して温度が下がっていることを期待。そしてまだ救助されていない方々が全員救助されることを期待。

 テレビでは報道されないけど、昨日から東京電力の職員の方は必死に最悪の事態を回避するために努力していたんだろうな、と思ってる。蒸気を逃がすために手動で危険な場所に代わる代わる入っていく職員の方の姿を想像すると胸が痛くなると同時にすごく感謝。

 被災地の方々のためにできることは一体なんだろう。今出来ることが募金と節電しかなく、直接的に手を貸せないのが残念。だけど義援金を少しでも送ることが重要なんだろうと思っている。

 与野党が協力する姿を見るのは初めてかもしれない。この姿に希望を持てたのは自分だけではないはず・・・
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ