2010/4/23

心機一転 みなさん・こんにちは〜  

皆さん、ご無沙汰しております。

Mooneyです。

心機一転、下記ブログサイトに引っ越しました〜

これからも、
宜しくお願い申し上げます。

http://blog.goo.ne.jp/mooney1974
0

2008/12/20

試斬会  

本日は、

月例・試斬会

であった。

所属している居合道では、
2009年から昇段試験で試斬が必須になるとの事である。

という事は、
今までと違い必須になると言う事は、マジで練習しないと
いけない事になるのだが、金がかかるので、正直、
あまり参加はしたくないのが本音である。

まあ、
それより日本刀にしても模擬刀にしてもそうであるが、
正直、居合の練習でも試斬でも危険と常に背中合わせであるのだ。

日本刀(真剣)でも模擬刀でもそうであるが、刀に刀油が塗ってあるので
若し、身体に刺してでも、斬ってでもしてしまったら、
回復するまで時間が相当かかるのである。

Mooneyも、
夢想返しという型をしていた時、抜刀の勢いが足りなく、
自分の愛刀である模擬刀で左腕を刺してしまったが回復までに4週間を
要してしまった。
正直、痛いし、流血はする。

まあ、
それにしても、今日は上手い具合に斬る事が出来たので、
そんなにお金がかからなかったので助かった〜♪
0

2008/12/13

フライトシュミレーターでの2008年ラストフライト  

本日、

2008年度
本当に最後の最後のシュミレーターによるラストフライト


となった。

シュミレーター訓練は、
何時もの

東京航空計器 羽田事業部 地上訓練課
http://www.tkk-air.co.jp


にて行ったのであるが、
やはり、
実機と比べ何時も書いているが双発機を無理矢理
単発航空機の設定にして訓練しているものだからラダーの
感覚が掴み辛いのである・・・。

但し、
本日の教官は、操縦席の調整の合理的な指導をして下さった為、
理論的に理解する事が出来、大きな収穫となった。

シュミレーターだけの訓練を考えると、
???????????????
と一杯付いてしまうが、教官によるオーラル指導が結構良いので、
自分としては操縦技量の訓練より口頭での指導を重視している面が
多い。

だって、
ラダーからいきなりオーバーコントロールになって、
実機でもした事がない、滑走路逸脱とかしてしまうんですから・・・。

話は変わり、以前、
ここのビルにはANAのエンジン整備メンテナンスセンターがあったのだが、
撤退されて代わりにスカイネットアジア航空が入居する事になって
いた。
何となく、寂しい思いをしてしまった。

Mooneyの第二種航空身体検査証明の有効期限も、来週で期限切れなので、
本当に今年のフライト納めとなったシュミレーター訓練でした。
0

2008/12/11

えっ!? マジ!? たけしのアンビリーバボー  

先々週末、
MooneyがHome-Baseで飛行訓練をした事は、
ブログで掲載していたが、

実は・・・
その時TV関係の撮影をしている光景があった。

芸能人が来ているという情報ではなかったので、
あまり興味も無く、ブログにこの事は載せなかったのだが、

何とっ!!

あの時のロケが本日、
オンエアーされているではないかっ!!


しかも、
またしても

たけしのアンビリーバボー

驚きであったっ。

何時も見慣れているHome-Baseが、
こうやってメディアを通して放送されると
何だか嬉しくなるのは何故だろうか?
0

2008/12/7

実機フライト納め  

本日、
実機による最後のFLTとなる。

その理由として、
・使用機材が、2008年12月9日〜2008年12月17日まで、
 オーバーホールとなるので使用が出来ない・・・
・Mooneyの第二種航空身体検査の有効期限が、
 丁度オーバーホールの期間に重なり、更新をしても
 年末になってしまうのであるが、年末は色々と行事が
 多いので、年度内でのFLTは無理・・・

という事で、本日は、

2008年度・実機によるラスト・フライト

という事になる。

折角なので、記念にビデオ撮影を依頼した。

FLTの内容は、
Home-Baseから何時ものShort-Naviをやって、
そこからHome-BaseをOverfieldし、
Traffic-Pattern規定高度まで降下してからTGL
の訓練となる。

まあ、
自分で言うのもなんであるが、
結構、上手く操縦できたと思う・・・。
途中、2回ほどゴーアラウンドをしてしまったが、
これが結構、楽しいので困りもんである。
正直、
わざとゴーアラウンドをさせる時もある・・・。

まあ、
こんなそんなで実機での操縦納めとなってしまいましたが、
航空身体検査・・・面倒臭いな〜
と思ってしまう、今日この頃でした。
0

2008/11/30

飛行訓練〜♪  

本日、
朝6:00に起床し、ホームベースにて訓練をする為に
電車で向かった。

本日は、横風が20kt〜25ktであるのでちとMooneyにとっては
Touch-Downの時に問題がありそうな気がしていた。
天候については、
朝、天気予報等を調査したのだが予想通りの風向きと気圧、気温
であった。

それからShort-NaviとTGLをするのであるが、
何せ横風が強いのでTaxi、T/O、LDGにおいての操作にてエルロンを
思いっきり右に倒して操作をしなければならないのである。

TaxiとT/Oはまあ良いとしても、問題はLDGである。

T/Oの時もエルロンを右に思いっきり倒して、
Vrの55ktでローテーションをすると同時にエルロンをニュートラルに
戻す。
ここまでは、何の問題もないのであるが、

午前中、空気の温度変化による気流の乱れを結構もろに受けたような気がする。

で、
Finalが課題なのであるがFinal-Approachまでは良かったが
決心高度を割った100ft〜150ftあたりで、パワーを絞っている為、
横風に振られる。
進入はクラブとウィングローを兼ね合わせてしているのであるが、

こりゃヤバイッ!!

と感じ、

ゴーアラウンドッ!!

とCallしてFlapを20度のままAir-Speed55ktを割らないように離陸上昇
をする。
200ftに達したらプロシジャー通りにFlap-Full-Upにして75kts上昇しながら、
ATCを入れる。

『XXXX,JAXXXX、Going-Around、will entering right down-wind』

とするのであるが、
毎回思うが、このゴーアラウンド、
操作とプロシジャーが面倒臭い・・・。

で、
もう一回チャレンジしてみたが、
やはり振られてしまうのと、気速、高度が安定しないので連続して、
ゴーアラウンドをやってしまった。

ウィンド・ソックスを見てみたら20kt⇒25kt⇒20kt⇒25kt⇒30kt
と滅茶苦茶に変化しまくっていた・・・

そして、
最後にもう一発やってみたのだが、
これは右席に同席して頂いている教官にもご指導を頂きながらLDGした。

100ft〜150ftまでは、
On-Final Approachとなって自分でも言うのは変だが、
そんなに悪く無く良いのだが(教官も認めてくれました)、
そこから先がなかなか難しい。

そんなこんなで1時間飛行訓練をした後、
教官は仕事でこれからこのセスナで岡山・甲南空港まで行かなければならない
らしいのでここでお別れをした。

来週の日曜日にまた訓練の予定で、その後はシュミレーター訓練が控えている。

何だかここ最近は訓練ずくめだが、資金が・・・心配である。

ところで、
自分の所有機では無く、教官の所有権である機材であるが、
Mooneyは勝手に愛機と言っているが写真が何故か
Up出来ないのである。

何故だろう・・・!?
0

2008/11/24

操縦訓練〜♪  

本日の予定は、
AMに操縦訓練をしてから昼に自宅へ帰る。
それだけである。

AM7:45にホテルロビーにて他のクラブ員の方々と集合し、
クソ寒いAPへ向かう。

そして、
Pre-FLTインスペクションをしていた頃、教官様の雷が落ちた・・・

朝っぱらから教官から全員説教を戴く。

Pre-FLTインスペクションと機長としての自覚が足りないと。

これを横一列にセスナの前に整列し並んで指導を受ける。

ここまで熱く熱心に生徒を思って教育して下さる教官、感謝である。

本日も、天候に恵まれ良い天気である。
しかし、予報では午後からは雨が降るという。

ブロックアウトは8:50頃に行い、
昨日と同じカリキュラムの訓練を行う。

エアーワーク、ゴーアラウンド、タッチアンドゴー 等

早朝だけに気温、気圧、風向きが変わりやすいだけに
外からの視界の情報もとくに大事である。
焚き火とかしているところがあればそこの風向きや速さ、
煙の昇り方を瞬時で観察して飛行に応用するのである。

昨日は、
夕方近くの飛行であったのでピッチアップ気味の姿勢となるが、
本日はその逆でトリムタブをUpにしないとピッチダウンになり易い
状態であった。

ここで1時間ほどの訓練をしたわけであるが、
昨日の課題については解決が出来ていたので問題無し。
但し、
LDG前のパワーカット時に風に若干流されると言う課題が残った。

パワーカットまではセンターラインにOnしているのだが、
カット後にラダー操作が甘いので流されてしまうのである。
しかも右に・・・

次回は、ここを直していきたいと思うが、
教官からの評価は技量も安定しているとの事で、
このままの技量を保つようにすれば良いという事だった。

その後、1時間他のクラブ員生の訓練を見学した。

本日は、残念ながら富士山は見えなかった。
後部座席に座ったら写真を撮ろうと思っていたのに・・・
残念である

で、
訓練も終わり帰宅するのであるが、JR成田駅近くの

餃子の王将

で、昼御飯を頂く事にしたがケチなMooneyである。

一番安いラーメンと餃子を注文したが、

JP\703.- もした・・・。

で、
JR成田駅まで歩いている途中の路地で精肉店があったのだが、
サンタクロースが登っているお店で可愛かったので写真撮影を
してしまった。

この風景、
人を和ませてくれ、感謝感謝です。
0

2008/11/23

超ハード・スケジュール〜居合と操縦  

本日の予定は、少しハードであった。

朝は9:00〜12:00まで居合&剣術の稽古をする。
しかしながら、
恐ろしい事に稽古に行くまでの電車の中で、
10代の若者チンピラが高校生に喧嘩を吹っかけているのである。
それを傍でやっているのだから此方としてもたまったものではない。
どちらが先に原因を作ったのかは知らないが、チンピラは1人、
高校生はは部活かなんかなのだろう、
6〜8人はいたのであるがひたすら高校生は謝っている。
立派な姿だなーと感心した。

ただ、
一番怖かったのが、自分が持っているこの模擬刀を奪われてしまうのでは・・・
という要らぬ心配事であった。

この模擬刀、実際には斬れない日本刀であるが、
刺す事は可能なので殺傷能力がある武器である。
つまり、
使い方を一歩間違えれば人を殺める事も可能なのである。
昔はよく夢想返しの時に、左手を刺して血だらけになったものである。
おまけに模擬刀と言えど刀油をさしているので傷口がくっ付き難く、
完治するのに3週間〜4週間はするのである。

それだけに、
要らぬ心配で済んだので良かったが気になってしまった。

結局は、
チンピラの方が面倒臭くなって降りていってしまったのだが、
あの威圧感は凄かった・・・。

で、
午前中は稽古をしっかりとして、
午後は電車で2時間ちょっとかけて、
ホームベースに行って飛行訓練を1時間ほどしたのである。

訓練が始まる前、
隣に駐機しているMooneyと同じ、

Mooney

という飛行機を何時も飛んでる姿を見たことが無いのだが、
飛ぶ姿を見ることが出来るので撮影をした。

この飛行機は4人乗りで脚引き込み式と空飛ぶスポーツカー
と言われるぐらい巡航速度が速い飛行機である。

そしたら、我が愛機セスナ社C172Pが帰還してきたので、
ここでまた撮影をした。

早速、
Mooneyがこの後直ぐに機上の人となり操縦する事になった。

ブロックアウトが15:00頃であったので、夕方近くの天候となるのであるが、
滑走路の延長線上に富士山が見え天候も気流も良い環境で、
エアーワーク、TGL、ゴーアラウンド
の練習をする事が出来た。
感謝である。

夕陽と富士山がすごくきれいで写真に収めたかったが、
訓練中なので出来ない。
残念だった。

飛行技量については落ちていなかったので安心はしたが、
但し、
ダウンウィンドからベースに入る旋回の時に気速が5kt規定より落ちるのと、
Flap20度での気速がぶれるのが課題であった。

明日は午前中1時間の訓練であるが、この課題をクリアしたいと思う。

それにしても、
今日の天気、本当に良かったな〜
0

2008/11/19

笑えるイタリア・カルチョ  

本日、
非常に笑えるニュースがあったので掲載してみる。

カターニアのプラスマティ、
        FKでパンツを下げてGKを惑わす

11月19日11時51分配信 スポーツナビ

「サッカーのテクニックはもう開拓し尽くされた」
というのは多くの監督の常とう句だが、カターニアのワルテル・ゼンガ監督には
“違法ギリギリ”の手段が残ってい たようだ。
 16日に行われたセリエA第12節のカターニア対トリノ戦、カターニア
は、FKから直接シュートを狙ったジュゼッペ・マスカラのゴールを含む3得点
で、3−2と試合を制した。マスカラのFKの直前、チームメートが二重の壁を形
成する作戦で、トリノのGKセレーニの視界を妨げようとした。実はそのどさくさ
にまぎれて、ジャンビト・プラスマティがさらにGKを惑わそうとパンツを下げて
いた。

“事件”が起きたのは前半終了間際のことだった。1−1で迎えた40分、主審はカ
ターニアにFKを与え、それを蹴ろうとマスカラが助走をした瞬間、チームメート
4人がGKセレーニの視界を妨げようと一瞬オフサイドポジションに飛び出し、二
重の壁を形成するというかく乱作戦に出た。しかし、この作戦にはプラスマティの
“仕上げ”が用意されていた。カターニアの“16番”がGKの前でいきなりパンツを
下げると、空白の0.1秒の間にボールはネットに収まっていた。

 イタリア審判委員会(AIA)のピエルルイジ・コリーナ顧問は、プラスマティ
の行動を「スポーツマンシップに反する」と批判している。
「オフサイドポジションに割り込む手はどのチームも使っているし、処罰の対象と
は言えないが、今度はペナルティーエリア内でパンツを下げる選手にまで注意を払
わなければならないというのか」

 ゼンガ監督はこれまで、何度かセットプレーでルール違反を犯しているが、今回
の作戦ばかりは、一部のイタリアサッカー批評家のひんしゅくを買ったようだ。同
監督は試合後、イタリアの国営放送局RAIのコメンテーター、エンリコ・バリア
レと激しい口論を交わしている。カターニアのピエトロ・ロ・モナコ理事は、絶え
間ない中傷、脅迫、あてこすりなどに嫌気がさしたのか、「ゼンガには罰金が科さ
れるだろう」とコメントしている。

(C)MARCA.COM
0

2008/11/16

東◎電◎って・・・新居大トラブル  

本日は、
朝9:00から12:00まで居合いの稽古をしてから、
新居を見学しに行ってきた。

居合の流派を変えたので、
一から勉強のし直しをしなければならないのである。

つまり、
流派によってやり方が違う。
刀礼、抜刀、納刀、鍔切 等 が流派によってやり方が全く異なる。

また、
流派によって刀の長さ、重さも変わるのである。
先日注文した刀が
1週間前に納品されたのでそれを持って稽古をした。

Mooneyが現在、所属する流派は

無●流

という流派であるが、ここでは刀は短く軽くと
以前所属していた流派と考えが異なるので、
刀自体が短く軽いので前の流派よりは楽であるが、
礼法やら何やら一からの勉強となるので、

超きつかった・・・。

で、
稽古の後に新居を見に行ったのであるが、
先先日より揉めている電信柱の件が未だ解決されていない・・・。

東◎電力

ってすげーっ横柄な態度らしくて対応が非常に最悪らしい。

原発事故を起こしながら弱い者虐めみたいにするらしい。

此方には、
お客様の為に最大限サービスし努力します
とか言いながら、
不動産業者や建設業者には、

バカ野郎っ!!
テメーラがしっかりしないから
こっちがクレーム受けるんだろうがっ!!

という対応をしているらしい。

此方は治安上の問題で、
電信柱を撤去してくれって言っているのに・・・

現在の構造からすると、余裕で侵入出来てしまうのである。

今の怖いご時勢で何かあったら東京◎力に全責任を取って貰おうと思う。
また、
不動産業者には撤去が完了するまでは残金を払うのを停止すると通達した。

それにしても、
これ、
最初ッから分かっていた事なんだから
不動産業者も含め最大の設計ミスだよな〜

実名を2チャンネルとかで公開してやろうか?

と思うほど頭にきている新居である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ