2016/11/28

スチールギターをはじめて見た?  スティール・ギター

先日某所で開催されたカニカピラで感じたことです。このイベントは、今やどこでも見られるような、フラダンスとバンドのコラボレーションで、今回集まったお客さんはおよそ150名ほど、皆さんの熱気で場内は大盛り上がりでした。大半のバンドは、演奏する曲ははフラ曲で、それに合わせて各チームのダンサーが踊るといった具合で、次から次へと踊られるフラは壮観です。そんな中をぬって、私はスチールギターのインストルメンタルで2曲を演奏しました。演奏後スチールギターを抱えて自分の席へ戻ると、フラダンサーのお姉さんから、“これは何と言う楽器ですか?始めて見ます”という質問を受けました。独りよがりかもしれませんが、フラをやっている人でもスチールギターを知らない人がいるのにビックリしました。今日もスチールギター編成のバンドは多くあり、皆さん楽しそうに演奏していますが、スチールギターソロがなくヴォーカルや楽器のバックアップばかり、そんなことからスチールギターの存在が見逃されているようです。最近のカニカピラでは、ほとんどがこういった形態なので、フラダンサーなどにスチールギターには全く気にとめていないのが原因のようです。スチールギター人気を少しでも高めるには、日頃からのスチールギター・プレーヤーの演奏形態にも一考が必要のように思います。



0

2016/11/21

晩秋の北陸路 3  

2泊目の宿泊先は娘宅です。主人の転勤に伴って金沢に移り住んでおり、金沢駅からはバスで20分くらいの所に住んでおり、近くには泉ヶ丘高校があり、静かな住宅街です。3日目は、ちょうど金沢マラソンの開催日で、泉ヶ丘高校前の道路もコースになっているというので、応援見学に外へ出ました。30分くらいランナーの応援をして、まずは金沢観光の定番コース東茶屋街に足を運びました。静かな主税町も散策。その後、金沢城によりましたが、金沢城は、天守が焼けないで残っていると、姫路城より大きいそうです。武家屋敷、尾山神社とブラブラ歩きをして夕方に娘宅へ。その夜は回転寿司“寿司食いねえ”という寿司屋で食事をしましたが、さすが鮨処といわれる金沢だけあって、回転寿司といえど、大満足の寿司でした。その晩も娘宅にもう一泊してあくる朝午前中に帰途につきました。久しぶりに夫婦水入らずで晩秋の北陸路を楽しみました。

0

2016/11/8

晩秋の北陸路 2  

能登半島先端の輪島市は数年前に放送された朝ドラ“まれ”で一時観光客が増えたそうですが、放送終了後の現在ではまた平穏を取り戻しています。初日宿泊先のルート・イン輪島は、市内の外れにあり、すぐそばには外国船が停泊できる埠頭があり、中国船の接岸もよくあるそうです。2日目は輪島駅バスターミナルから定期観光バス輪島号に乗り、金沢へ向かいました。まず輪島の朝市を見学、大勢の観光客がぞろぞろと散策しています。きりこ会館見学後、次に向かったのは白米千枚田です。ここは日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定され、2011年6月には「世界農業遺産」にも認定されました。前小泉総理や小泉進次郎さんなども棚田のオーナーだそうです。昼食後、車で海岸を走れることで有名な千里浜なぎさドライブウェイへ向かい、バスで海岸を走行するという貴重な体験をしました。ここも海岸の侵食などで、いずれはなくなるだろうとの話です。輪島号のバスの旅は6時間半で金沢駅に到着、今日も天候にも恵まれ楽しいバスの旅でした。
0

2016/10/31

晩秋の北陸路  

10月中旬から北陸路を旅してきました。今回はまず、曹洞宗大本山の永平寺の参拝から始まりです。ここは今年の1月にも訪れているので、今年は2回訪れたことになります。ここ永平寺は雲水が常時150〜200名修行をされているそうで、七堂伽藍のひとつとなっている東司などもピカピカに磨かれており用を足すのにも注意が必要です。境内は紅葉の始まりで、厳粛で静寂な雰囲気に身も洗われる思いです。帰途はバスで福井駅へ向かいましたが、途中、朝倉義景の一乗谷経由で寄り道をしました。JR福井駅からはサンダーバードで金沢へ、金沢からは北陸バスの特急で輪島まで2時間のバス旅を楽しみました。
0

2016/10/17

トワイライト・ハワイ(黄昏のハワイ)  スティール・ギター

最近、集中的に聴いているのが、ハワイはカネオヘ出身のハーバート・K・ハナワヒネがリリースしたCD“He Kanaka Maoli”です。以前、アラモアナ・ホテルのプールサイドでジェノア・ケアヴェなどと組んで演奏しているシロクロの写真を見たことがありますが、独特の甘いスチールギター・トーンを聴かせる実力者です。シロクロというからにはかなり以前に演奏されていたものと想像できます。このCDは“Tiari No Tahiti”、“Papalina Lahilahi”など11曲が収力されており、ホノルルで録音しているようですが、現在ハーバートはL.A.に住んでおり、音楽活動もそちらで行われているようですが、これまで、リリースされているCDが少ないのが残念です。偶然ですが、昨日、友人からハーバートのライブ盤の中の1曲“トワイライト・イン・ハワイ”がMDに録音され送られてきました。“トワイライト・イン・ハワイ”はいろいろなミュージシャンがカバーしていますが、なかでもハーバート・K・ハナワヒネのスチールギター・インストルメンタルで演奏される“トワイライト・イン・ハワイ”は絶品です。以前から演奏してみたい1曲であったので、これを機会にスチールギターで演奏できるよう練習を始めようと思っています。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ