2018/9/17


16日は午後4時まで会合があったのだが、途中で抜け出して日産スタジアムへ行った。

選手入場時くらいだったので、その前にあったイベントは何も知らない。もちろん沸騰ユニもユニ用チケットを購入しなかったので、もらってない。(前のユニフォームの方が良かったと思う。今回のは白いペンキがぶちまけられたようで好きでない=個人の意見です)。

クリックすると元のサイズで表示します
ビッグフラッグいつもありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
浦和のサポーター。みんな跳ねているから、スタンド全体が揺れているみたい。2階のサポーターの横移動もあって、目がおかしくなった。

今日は4万人入ったとか、確かに。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏2階も、メインもぎっしりだ。

試合経過はマリノス公式⇒http://www.f-marinos.com/match/report/2018-09-16

そうだねぇ、前半のポストに当たったのとか、惜しいシュートが何本もあった。みんなが思ったろうけど、攻勢の時に決めておかないと後できつくなる。

仲川もキレキレだったし、大津は守備ですごく頑張っていた。チアゴの守備には周囲から「あいつ、すげーなー」と感嘆の声が上がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
あまじゅんのFK。注目度高し。決まらず。

前半も残り少ない時間帯、浦和のFKからゴールを許す。嫌な時間帯に先制をされてしまった。

後半開始。頼むよー
クリックすると元のサイズで表示します

後半も追いつこうとマリノス攻勢。でも時間かけ過ぎ、というか、パスをしているうちに浦和の守備が整ってしまう。

仲川が裏へすごい勢いで走り出して手を挙げているのにボールが出なかったことがあった。周囲の人たちは「ボールが出ないのか」「見てないのか」とがっかりしていた。その後仲川はいいシュートを放ったが西川にはじかれてしまう。残念。

大津⇒ウーゴ。

ウーゴの粘りのゴールで追いつく。
クリックすると元のサイズで表示します
ウーゴのゴールへの執念を感じた。

その後もずっとマリノス攻勢なんだよねぇ。でも、クロスをあげても浦和のDFにばかり合っていて、跳ね返されてしまう。これは技術の問題ですかね。それとも攻撃が単純すぎて読まれているのかな。

そして、手数が多くて、いや足数というのか、多くてチマチマやってる。もっとシンプルにやれないのか。

と思っていたら、お手本を見せられた。浦和の武藤、DFとの駆け引きしつつ、センター付近からのパスが出た途端、走りこんでGKと1対1、これを決められる。

老練。したたか。さすが元日本代表だね。

自分たちはカウンターができず、カウンターをされてしまう。

その後も攻める。伊藤翔ヘディングは弱かった。山中へボールが渡った時、周囲は「打て打て」。山中のミドルシュートの威力を知ってるからだ。でも、打たなかった。

ロスタイムには早く攻めないといけないのに、後ろでボール回し。&小競り合い。。こういうのはいただけないな。

結局1−2で敗北。

4万人の大観衆。勝ちたかった。
クリックすると元のサイズで表示します
2階席観客席の一番後ろは立ち見客。黒く点々とシルエットが見える。それくらい観客が入ったのだ。

私の感想は「マリノスの選手はナイーブ。浦和はしたたか・老獪」。

ナイーブを日本語で言うと、どういえばよいのかな、未熟、素直、単純、真面目、バカ正直、簡単に言うと、したたかさがない。

試合後の監督インタビュー、選手の反応がYahooニュースのトップになってた。「内紛」と。残留争いをしてるとこうことが語られがちだ。でも「内紛」は大げさだと思う。

しかしまぁ、監督のインタビュー(上記マリノス公式HPにある)を読むと、かなり執拗に「メンタリティ」と言っている。

サンスポとYahooニュースではちょっとニュアンスが違うのね。
Yahooニュースの方の伊藤翔発言「負けた結果を次にどう生かすかがない」という発言は責任回避ではないと思う。チームとして問題点を共有すべきということでしょ。

それは選手が個人で反芻することでもなく、選手同士で話し合うのでもなくて、監督の仕事だと思う。

いろいろコミュニケーション不足なんだなとは感じる。

まして、中断期間後、新入りの選手がいるわけだから、そこはしっかりとやってほしい。

ほとんどの選手は反省していたわけだし。

選手たちのプレーぶり、上で「ナイーブ」と書いたけれど、闘う気持ちも必死さもあったと思う。空回りしてるのがもどかしかった。

だからこそ、自信を持って、果敢にプレーできるよう、監督は励ましてほしい。

頼みます。選手も崖っぷちなのはわかってるはず。名門だから降格しないなんて甘い考えは通用しない。

次は磐田戦。見るの辛い。お互い負けられない。必死の闘いをしてください。
0

2018/9/15

ハーバーリウム  生活

孫娘がやりたいというので、「ハーバーリウム」教室に行ってきた。

テーマを決めてから、素材を選ぶ。

初心者なので、色をテーマにした。直接的に「ピンク・白」「青・紫」

慣れている方だと「アンティーク」「グラデーション」等をテーマにする。

で、とにかく初めてなので、先生は「どんどん詰めてください」とのこと。空間をうまく作るようになるのは、上級者みたい。

というわけでどんどん詰めました。そしてオイルを入れて出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します
左が「青・紫」、で右が「ピンク・白」

素材はドライフラワー、造花、ドライフルーツ、プラスティックパール、ヤシの繊維とか、いろいろ、

素材を選んで順番を考えて、ひたすら詰める。かなり集中した。楽しかった。また教室に行ってもいいな。
0

2018/9/14

涼しいってすばらしい  生活

ここ数日、涼しい。自転車に乗っていても頬に当たる風が心地よい。

涼しいってなんて素晴らしいんだろう。

朝も暑くて起こされるのではなく、いつまでもいつまでも寝ていたい。夏の疲れが取れる気がする。

本当に猛暑は辛い。

一日をボーっと過ごしてしまう。猛暑の夏は出かけない。ずっと家にいる。すると何をするでもなく時間が過ぎてしまう。

今年はいろんなことがおっくうになった。

たとえば、三ツ沢競技場にマリノスの試合を見に行くのは面倒。日産スタジアムだって最近は遠く感じる。

自主的なウォーキングはほとんどしない。お金を払っている習い事だけは出かける。

町内会の仕事もできるだけ先延ばしにする。日記や家計簿もいい加減。

都心の抗議活動にもなかなか出かけられない。以前は毎週のように出かけていたのだけれど。

体力も落ちてるけど、気力が衰えつつあると感じる。

気力を奮い立たせるのはミーハーなんだけれどね、マリノスにはそんなミーハーを引きつけるものがなくなりつつあるし、音楽のミーハーは遠すぎてミーハー力を発揮できない。

どうすればよいでしょうね。

涼しくなったので、多少は気力が戻ってくるかしら。涼しくなったので、抗議活動には行きたいと思っている。
0

2018/9/13

代表戦を久しぶりに見た  サッカー(代表)

マリノスから代表選手が選ばれなくなってから代表戦への関心が薄れていた。

今回も最初の発表の時はマリノスからは選ばれていなかった。が、負傷などで代表を外れた選手がいたため追加で天野純選手が呼ばれた。

なので、代表戦を始めから見た。顔と名前が一致する選手は必ずしも多くない。南野と中島、時には浅野、がわからなくなる。

日本代表はテンポ良い攻撃で見ていて飽きなかった。

天野、あまじゅんがいよいよ交代で出場。その前、twitterの私のTLは「あまじゅんを出せ」で埋まってた。

CKでは期待大。でも誰もいない所へ飛んでった。本人の話では芝生がめくれたとのこと。

FKの場面では私のTLは「あまじゅんに蹴らせろ」ばかり。結局堂安が蹴った。伊東純也のゴールはマリサポの間では「あまじゅんの動きがよかったから」と結論付けられた。

結局3−0の快勝

試合経過はJFA⇒http://www.jfa.jp/samuraiblue/20180911/match_page.html

あまじゅんはテレビ解説で「マリノスのキッカーを任されている。中村俊輔の後継者」と何度も言われていた。

だから、当然こういう反応が出てくる。

天野は天野であって、俊輔云々は関係ないというのは分からないでもないよ。


でもね、俊輔の後継者と言われることはこの上ない名誉じゃないの。

私なんか、俊輔の後継者というにはまだまだ、というか、おこがましい、と思ってるよ。俊輔の後、キッカーを務めているだけで、後継者とは言えない。

そのことは天野自身が一番よくわかっていると思う。



代表の10番を8年間つけた選手だよ。本当にね、マリサポオジサンたちの俊輔に対する冷たさ、許せないよ。

前述のtweetとは違う意味で、あんな偉大な選手とあまじゅんを並べないでほしい。

でも、もちろんマリノスでの働きは期待しています。


0

2018/9/11

NHKBSプレミアムで  音楽

9日深夜(10日未明)に2015年ロイヤルオペラハウス「アンドレア・シェニエ」を放送した。
クリックすると元のサイズで表示します

アントニオ・パッパーノ指揮 ロイヤルオペラハウス管弦楽団
ヨナス・カウフマン、エヴァ・マリア・ウェストブレーク、ジェリコ・ルチッチ出演

ブルーレイも持ってるけど字幕に日本語がない。仕方なく英語字幕で見ていた。NHK放送は日本語字幕が出るので、とてもありがたい。

もうね、「アンドレア・シェニエ」の出だしの音楽が流れるだけで、あの幸せすぎたウィーンの夜を思い出して、幸せに包まれる。と同時に、「もう4か月も過ぎてしまった、あの時間は取り戻せない」と思って切なくなる。

このロイヤルオペラのヨナスさんは今よりも細くてかっこいい。そして、フランス革命時のクラシックな服装がとてもよく似合う。

ウェストブレークさんじゃなくて(もちろん歌は素晴らしいのだけど)、ハルテロスさんだったら文句なしだ。

ジェラールはもちろんこのROHのルキッチさんやウィーンのフロッターリさんもよいが、ミュンヘンのサルシさんが良いと思うのね。

このヨナスさんのシェニエは凛とした革命詩人。

貧しい人々に思いを寄せ特権階級に怒りを持つ。社会の暗部を見つめ批判し、社会改革を実践し、また祖国の危機には武器を持って闘う兵士でもある。思想家であり詩人であり、革命家だ。

これに比べると、ザルツブルグのドン・カルロは弱弱しかった。社会のしきたりに翻弄され、追い詰められていく青年だった。感情に支配されて、自分の生きる道を見失っている若者だった。

歌を歌い上げるだけでなく、人物像をくっきりと表現できるのだから、本当に優れたオペラ歌手だなぁと改めて感じた。

そして、改めて「アンドレア・シェニエ」は美しい音楽だなぁと思う。

聴きごたえのあるアリアがいくつもある。美しくて、感動してしまう。

シェニエの「ある日青空を眺めて」「私は兵士だった」「5月の晴れた日のように」

マッダレーナのアリア「亡くなった母を」は「フィラデルフィア」で使われている名曲。何のオペラの曲か知らなくても聴けば自然と涙が出てくるような名曲だ。

2人の二重唱「胸像はここに」「貴女のそばでは、僕の悩める魂も」

それ以外の合唱が歌うメロディもとてもきれい。

インタビューでカウフマンが「100点満点のオペラを1つだけ書いて、あとの作はあまり後世に残らない作曲家がままあるが、ジョルダーノはそのひとり」と言っていた。

この「アンドレア・シェニエ」はハードディスクに録画してあるので、いちいちディスクを出し入れしなくても見たいと思った時にこの録画を見ることができる。

今日も、昨日も見てしまった。2時間ちょっとだから、手仕事しながら見る(聴く)のにもちょうど良い。

本当にNHKありがとう!

今度はクラシカ・ジャパンがウィーンオペラ座の「アンドレア・シェニエ」を買って放送してください
0

2018/9/10

1987、ある闘いの真実  映画

韓国・光州事件を描いた「タクシー運転手」を見逃してしまった。

だから、「1987年ある闘いの真実」が公開された、素晴らしいと聞いて絶対に行くぞ!と思った。

しかも横浜駅近くの「ムービル」で上映するではないか。

なので、行ってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

これ、映画ファンの方が「韓国すげぇー」と感想を言っていたが、まさにまさに。

「全斗煥政権下ソウル大学生の拷問死を警察は隠蔽しようとするが、検事、新聞記者、医師、刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく」

実話を元にした映画。

「韓国すげぇ」とは、

まず、映画として「すげぇ」
フィルムノワールのような強面男たちの暴力、脅迫、威圧、ハラハラドキドキ、サスペンス仕立て。

悪の権化のような治安本部のボスにもその背景があること。

そして家族愛。ソウル大生の母親の嘆き・号泣もそうだが、遺灰を川へ流す時の父親の慟哭の痛切さ。涙なくして見られない。

(追記:ソウル大生の墓が聖地となることを怖れた権力によって墓に埋葬できず散骨させられたとのこと)

更に人としての誇り。検事や看守の職業の誇り。「ペンタゴンペーパーズ」や「スポットライト」にも通じるメディアの矜持、使命感。

淡い初恋。

これらを一篇の映画に盛り込んで、社会性とエンタメを見事に両立している。

俳優さんが「すげぇ」

クリックすると元のサイズで表示します

「小沢一郎と梅宮辰夫を合わせたような」パク所長を演じたキム・ユンソク。存在感ありまくり。冷血のようで部下を庇う時は庇う、残酷の裏にある心の傷。見事でした。

チェ検事(ハ・ジョンク)。エリートのはずなのにどこかタガが外れている。はみ出し者のようでいて職務に忠実、パク所長を怖れない。変わった人物を魅力的に演じた。

看守長、平凡な官吏のようでいて、気骨がある。看守(ユ・ヘジン)、家族を愛し、職を遂行しながら、ひそかに活動をしている。こういう平凡な一般人そのものなのに芯の通った人物であることを納得させる演技

拷問死の罪を一身に背負わされる刑事(パク・ヒスン)。国を信じる心(愛国)、職務に忠実であろうとするが、良心の呵責、政権への幻滅に向き合う。にもかかわらず権力に屈服させられる屈辱無力感、それでもなお、と揺れる心情表現は素晴らしかった。

指名手配中の民主活動家キム・ジョンナム(ソル・ギョング)。ちらっとしか映らなくてもオーラがあって、只者ではないと感じさせる。さすが名優。

若者二人、カン・ドンウォンとキム・テリ。気恥ずかしいような場面もあるけれど、美しい二人であるからこそ、映画のテーマがより浮き彫りになったと思う。

そして韓国社会に「すげぇ」

徹底した「赤狩り」と「拷問」。懐柔と脅迫、家族愛を逆手にとっての拷問はひどいけど、そういうことをしたのだろうなぁ。軍事独裁国。悪い意味で凄いと思った。

それにもかかわらず、抵抗する社会各層の人々の良心。検事や医師、できる範囲で自らの職業倫理に忠実であろうとする。民主闘争を命がけで行う人々、民主活動家、宗教家、学生。それらの人々に敬意を持つ市井の人々。

少しの勇気や良心が合わさって大きな民衆運動になって行く。

もちろん、無関心、無気力、積極的に政権を支持する人もいただろう。

それでも不正義に立ち上がる人々、民主主義を実現しようとする人々、ここが韓国の凄さだと思う。

デモの場面は感動。この力で100万人のキャンドルデモがあり、パククネを退陣に追い込んだのだ。

映画を見ながら、日本のことを考えずにはいられなかった。韓国のように軍部がクーデターを起こす国ではない、分断国家ではない、思想を理由の拷問はない、

しかし、良心を貫く官僚は?メディアは?

緩い柔らかいファシズムに取り込まれているのではないか。改めて、日本の今を考え、こんなでたらめ政権に負けてはいけないと思った。

(追記:荻上チキsession21で韓国研究者の話では、亡くなった遺族はその後も監視され、社会からも距離を置かれて非常に苦労されたとのことだ。
また、好意的に描かれた看守たちについても、この看守たちに暴力を受けた政治犯たちもいて、未だに彼らを許していないそうだ)。

神奈川ではムービル、横浜シネマリン2館の上映。もっと観客動員が増えれば上映館も増えるだろう。ぜひ見に行ってください。

0

2018/9/3


5月以来の日産スタジアム勝利。長かった。勝つとどういうわけか、観戦記を書こうという気がなかなか起きない。余韻に浸ってしまう。勝利は久しぶりだし仕方ないね。

雨予想もあり、出かける頃にはポツポツ降ってきたので、心配したが、試合中〜帰宅まで雨は降らなかった。浴衣デーだったので、暑さもほどほど雨は降らず、で良かったね。

試合経過は公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2018-09-01

清水戦でドゥシャンが退場になってしまったので、勇蔵が入るのかと思ったら、扇原がDFに入ってた(先発メンバー表)。

システムの事は良くわからないけど、4バックだったよね。チアゴ、畠中、松原、山中。

ウーゴ、久保は疲労を考えてかな、ベンチで、伊藤、仲川。実は私はこちらの方に期待している。

ダゾーンはないし、TVKの録画はしなかったし、だから印象だけで書く(いつもの通り)。

クリックすると元のサイズで表示します
マリノスはもう絶対負けられない。スタジアムの空気も最初から熱かった。バックスタンドも手拍子が響き渡っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
絶対に勝とう!

マリノスの選手は果敢だったと思う。守備がよかった。何度も柏からボールを奪った。

それと、柏の弱点がわかっていたというか、いつもと違って左からの攻撃に偏らず、真ん中へのズバッというパスが通った。

弱点というのは結果論かもしれないけど、パク・ジョンスくんですね。元マリノス。新横浜プリンスペペですれ違ったことがあるよ。

ブマルのバー直撃のシュート。その前の細かいパスの交換は見ごたえがあった。

先制点はブマルから伊藤翔。よく見えなかったがクロスが入ったと思ったらネットが揺れた。GKDFと交差しながらの泥臭いシュートだった。

嬉しくて思わず飛び上がった。結果、写真が撮れなかった。

そうそう、ゴールの前に山中が脚(ハムストリング?)を傷めて途中交代、大津が入り、喜田がサイドバックになった(頑張ってた!)。山中も大したことがないと良いが。

ハーフタイム。名古屋が磐田に先制していた。金井のゴール。俊輔復帰というから気になって「他会場の結果」を検索したのだよ。

後半。マリノスは相変わらず良い感じ。

大津と仲川が被って、仲川が倒れたりしたが、その後話し合ったか、良い連携になった。

ブマルがよく走り、よくキープし、そしてゴール前であまじゅんにパス。冷静に決める。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな2点目。ホッとした。

その後、1点を返されるが、あまり危機感を感じなかった。

柏は迫力不足だったと思う。

そして、3点目。どうやって入ったか分からなかったが、後でジョンスとGKのミスと知る。こういうの見逃さない伊藤翔はさすがだ。

3点入れば、さすがに大丈夫でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、周囲が「バックパスをGKがミスった」と言っていた。間接FK?珍しいね。

その後は危なげなく試合終了。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのトリパラ。きれい。

ヒーローインタビューをして、それから円陣をして、観客へ挨拶。この日は18時半開始だからまだよいけれど、これさ、円陣を止めて、もっと早く観客に挨拶に来るべきと思うよ。子ども達帰るの遅くなる。

クリックすると元のサイズで表示します
選手も晴れやか。トリパラを持つ選手も増えた。選手にトリパラをプレゼントするイベントがあったんですか?

サントリーのMVPは伊藤。「次も勝ちましょう」と強いメッセージ。日清オイリオMVPは天野。「ありあけのハーバー1年分」は今年はないの?

名古屋戦も、清水戦も終了を待たずに帰る人続出だったが、この日は少なかった。周囲の人たちもお隣さんたちとハイタッチをしながら帰って行った。

ゴール裏も嬉しそうだったね。みんな余韻に浸っていた。

帰り道もみんな幸福そうで、笑いさざめいていた。やっぱり勝利はいいねぇ。

とはいえ、まだまだ予断は許さない。連勝してできるだけ早く残留を決めましょう。

(磐田は1-6の負けはひどすぎる。俊輔はアシストしたそうだ)。

ところで、天野純選手、日本代表選出おめでとう!遅咲きの選手、マリノスの他の選手にも良い刺激になったと思う。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ