2017/7/23

ウエストサイドストーリー  音楽

毎年1回、娘たちとミュージカルに行くことにしている。

今年はウェストサイドストーリー@シアターオーブ。

シアターオーブは気に入っている。東横線渋谷駅直結だから。

ウェストサイドストーリーは映画も何度も見たし、サウンドトラックは飽きるほど聴いた。

だから、もう今更ステージを見なくてもいいかな、と思っていた。でも、娘たちに聞くと「行きたい」という。なので、行くことに決めた。映画とステージとどれほど違うのか、という興味もあった。

クリックすると元のサイズで表示します

最初から、ダンスの振り付けは映画と同じなのね。二つの対立する不良グループの一触即発の雰囲気は映画ではニューヨークの街でダイナミックに描かれていた。舞台では何しろ狭い。でも逆に狭い分エネルギーがあふれている。目の前での若いダンサーたちの踊りは大迫力。

肉体の動きの美しさ、本当にダンサーにあこがれるなぁ。

リフは映画のラフ・タンブリンのお茶目な悪がき風のイメージが強くて、今回の長身ハンサムのリフには違和感がある。俳優さんのせいではありません。私が悪い。でも、白人金髪はいかにもニューヨックッ子なので、これで良いのだ。

トニーも長身ハンサム。テノールの歌は力強かった。マリアの声がねぇ。細くてビブラート多め。私の好きな声ではないのよ。でも姿は美しく、清純なマリアにふさわしかった。

このミュージカルがブロードウェイに登場した時どれほどの衝撃を持って受け止められたのだろうか?ダンス、歌(歌詞)、音楽、セリフ。

効率的な舞台装置・舞台転換にも大・大感心。

バーンスタインの音楽はもう聴きなれ過ぎているが、でも大傑作だよねぇ。現代音楽、ジャズ、ラテン、そして美しいアリアの数々。マリア、トゥナイト、ワンハンドワンハート、サムホエア。

姉がサウンドトラックのLPを借りてきたので、それを当時のテープレコーダー(オープンリールだった)で録音し、もう、それはそれは毎日聴いた。

歌詞もコピーなんてなかったから書き写したのかな?そして辞書で意味を調べた。

The most beatiful sound I have ever heard なんて文法の教科書の出てきそうと思ったものだ。

ダンスパーティの、マリアとトニーが出会うシーン。二人が向き合って、両手を真横に伸ばし、膝をくるりと回し、指を鳴らす。これ、友人たちと真似しました(笑)。

マネといえば、指ぱっちん?は流行りましたねぇ。小学生でも一生懸命練習した。

ステージを見ながら、いろんなことを思い出していた。とにかく、「ウェストサイド物語」が日本のエンタメ界、いや若者に与えた影響はとても大きかった。

高校時代、学校の映画鑑賞で「サウンドオブミュージック」を見に行った。同級生たちはみんなこの映画に夢中になり、誰かがギターを弾き「エーデルワイス」を英語で歌ったりしていた。でも、私はそれには染まらず、断然「ウェストサイドストーリー」派だった。

ステージと映画の違いもいくつかあった。映画で決闘の後アイスが歌う「クール」は決闘の前にリフが歌う。←これは1964年にブロードウェイの引っ越し公演で映画のアイス役タッカー・スミスがリフ役で歌ったと姉から聞いていた(姉はこの公演を見に行っている)。」

I feel pretty、 クラプキ巡査殿、アメリカ、も歌う順番が違った。アメリカは映画ではシャークス団の男女の掛け合いだが、舞台版は女性たちだけだった。

私は、この「アメリカ」と「五重唱(tonight)」が良かったなぁ。「アメリカ」はダンス、「五重唱」は歌、の大迫力。盛り上がった!大拍手、そして私も「ヒュー」なんて言ってしまった。

決闘の悲劇の後休憩。この後半は前半に比べるとやや興奮度が落ちる。そりゃ悲劇だから、気分は沈む。

前半だって、溌剌とした若者たちの姿を見てると、「あぁ、この若者たち3人も死んでしまうのね」と胸を衝かれる思いがしたのよ。

「ロミオとジュリエット」と違う点は「ジュリエット=マリア」が死なないところ。

ラストシーン、マリアが二つの不良グループたちに「殺したのはあなたたち」と銃を向けるところ、がマリアの一番の見せ場なんだけど、このマリア役の方、ちょっと弱かったかな。映画はなんてたった顔のアップがあるから表情豊かに演じることができるけれど、舞台では難しい。最後の盛りあがりに欠けたのはそういう点もあった。

十代で見た時は「クラプキ巡査殿」の歌詞の意味はよくわからなかった。大人になって映画を見た時「親はジャンキー、アル中」「マリファナ」という言葉に「えぇ、当時からなのか」と思ったものだ。「社会的ビョーキ」「福祉問題」とか歌詞の中に出てくる。

そして、「移民」問題。1950年代の問題が今なお、生きてる。ウェストサイドストーリーがブロードウェイで2009年にリバイバル公演されたのがわかる。アメリカのエンタメ界は「人種」「移民」問題を取り上げ、それを克服しようとしてきたのだとも思う。

シアターオーブは見やすい劇場と思うが、今回は前の席の女性の頭が邪魔になった。この女性落ち着きがなく、首をやたら右左に曲げるのだ。そのたび、頭が邪魔にならない位置に私も頭を動かす。ほんと、困った。それと、トニーとマリアの結婚式の真似事「ワンハンドワンハート」の美しいシーン。この前席の一人がガサゴソやった挙句席を立って出て行った。本当に興を削がれたよ。

カーテンコール、スタンディングの人は数人だった。「キンキーブーツ」の時は終わった途端、ウワーっと皆立ち上がったのに、ちょっと意外だった。娘は「最後がしんみりだから、盛り上がらないせいでしょ」と言った。そうかもしれない。

終了後家路につく人たちと見ると、若い人たちが多かった。完売公演で、相変わらずの人気。それはよくわかる。

次はどんなミュージカルを見ようかなぁ。
0

2017/7/19

手縫いでチュニック  生活

NHK・Eテレ「すてきにハンドメイド」のこのチュニック

クリックすると元のサイズで表示します

作りました。

でも、着る勇気がでない。

手縫いはこれ以外もポンチョ風チュニックとトートバッグを作った。

座ったまま、チマチマと作業をするのが性に合う。

楽しい。
0

2017/7/17

誕生会  生活

3番目の孫も1歳になった。歩きだしている。

娘夫婦が誕生会を企画したので行ってきた。

和室の個室。和室ならハイハイもできる。個室なら周りに迷惑をかけないで済む。

美味しかった
クリックすると元のサイズで表示します

特にこれ

クリックすると元のサイズで表示します
冷やし煮焚物。だしが効いていて、しかも素材の味も生かされて、冷たくてさっぱり。幼児にも好評。

みんなすくすく成長している。これからも健やかにね。
 
0

2017/7/13

動画がアップされてた  音楽

7月11日にこの動画がyoutubeにアップされていた。

追記:と思ったら、もう消されてた。

「Otello」から「Dio, mi potevi」

この歌と、演技すごいですねぇ



オペラ対訳より
***********
神よ!私にあらゆる悪しきものを投げつけられるとは 惨めさを、恥辱を、
私の大胆な勝利の栄光を 瓦礫に、嘘に変えてしまわれた...
そして、私は残酷な十字架を担うのだ
苦悩と恥との 穏やかな顔をして 天のご意志を甘んじて受けるのだ
だが嘆きよ、悲しみよ!お前たちは幻影を奪い去ったのだ
私がその中で幸せにこの魂を安らがせた夢を あの太陽を、あの笑顔を、あの輝きを
私に生気を与え、私を幸福にしてくれた輝きを!
お前はついに、寛容にして、聖なる不滅の天使よ バラ色にほほ笑む
その聖なる顔を包むがいい 恐ろしき地獄の亡霊で!

ああ!地獄に落ちろ!
まず罪を告白し、そして死ぬのだ!
告白を!告白を! 証拠だ!
(【イアーゴー】 カッシオがあそこに!)
あそこに?神よ!ああ、嬉しや!
恐ろしい!汚らわしき拷問だ!
***********

実際に舞台を見た方のtweetの通りと思います。



リンクだけで、動画は貼らないけど、ラストシーンも絶唱。

https://youtu.be/uoMHl6rsVNg

「オテロ」はヴェルディの最高傑作で、テノール歌手がオテロ役を歌い演じるまでには、その時期が来るまで待たなくてはならない、というのがよくわかる。
0

2017/7/12

サッカーが遠くなってしまった  サッカー(マリノス)

6月25日の神戸戦、7月8日の広島戦、ともに行けなかった。

25日は風邪で鼻水ポロポロ、身体だるい。その上雨。(試合中は雨は上がった)

8日は午後孫をお預かり。夕飯を食べさせても19時キックオフの試合には間に合うはずだった。観戦準備(リュックにタオル、トリパラ、水などを入れた)もしていた。

なのに、男孫が発熱。出かけていた娘夫婦には連絡が取れない。これは観戦は無理だなとあきらめた。

2試合連続ホームの試合に行っていない。三ツ沢の試合を入れればもっと行っていない。

だめだなぁ。

無理しても行こう!という情熱に欠ける。

今日、3年前7月12日の三ツ沢の写真を載せていた方がいたが、勇蔵以外誰も残っていないとのこと。端戸、ファビオ、ドウトラ、小林、藤本、熊谷とか。更に俊輔も兵藤も哲也も三門もいないよねぇ。

学くんや中町さんとかが「クラブへのロイヤリティのない選手はいない」とか言っちゃってるけど、「ロイヤリティ」があったって、クラブから簡単に切られちゃうことはあるのよね。

そこが腹立たしいのよ。

俊輔の移籍発表、磐田戦での俊輔へのブーイング、マリサポの俊輔dis。心が折れた。

折れた心はまだ回復してない。

俊輔も段々磐田の水色ユニが似合ってきたしなぁ(グスン

何度も言うけど、ダゾーンでしかアウェイの試合は見られない。スカパーも天皇杯のマリノスホーム試合を放送しなかった。代表にはマリノスの選手はいない。代表の魅力的な選手がいない。

もう老女がサッカー好きでいる理由がなくなっちゃった。沢山ある昔のサッカー雑誌ももう捨ててしまおうかと思っている(俊輔特集以外)。
1

2017/7/11

イラン映画「セールスマン」  映画

先日イラン映画「セールスマン」を見に行ってきた。ジャック&ベティに初めて行った。

ジャック&ベティは作品のラインアップがいいですね。この映画の後は「マンチェスターバイザシー」だった。見たかった映画。今週からの「20センチュリーウーマン」も見たい。

帰り、伊勢佐木町の「珈琲焙煎問屋まめや本舗」でコーヒーを飲んだ。
http://www.coffee-mameya.co.jp/

「まめや本舗では、店内で召し上がっていただく珈琲はすべて焙煎したてのフレッシュな珈琲をご用意しています」。おいしかったです。

さて、映画。
クリックすると元のサイズで表示します

事前の知識は今年度アカデミー賞外国語映画賞を取った作品、監督は以前「別離」で同賞を取った方、サスペンス仕立て、ということだけ。

感想は以下のtweet。


なぜ分かりにくかったかというと、
*題名にもなった「セールスマン」は主人公たちが素人劇団で演じるアーサー・ミラー「セールスマンの死」から取っている。これが映画のテーマとどう関わるかがよくわからなかった。「セールスマンの死」は大まかな筋以外は知らないから。

*サスペンス調で話がどう展開するか分からない、筋を追うだけでせいいっぱい。

「イランの市民生活」が興味深かったというのは
液晶テレビがあり、スマホを使いこなす、車が必需品で外車も沢山ある、アパートの部屋は広くて西欧的。市民劇団では女性たちも演技する(イラン女性が素人劇団で不特定多数の前で演じるとは知らなかった)、高校生たちが映画上映中に居眠りする教師をスマホで撮りネットにアップしようとする、敵国のアメリカの戯曲を市民劇団が上演するのか、etc

まぁこちらが無知なんだけど、スカーフ以外はほとんど西側の映画と変わらない。

脚本が巧み、というのは冒頭のマンションから住民が避難する場面から何が起こったの?どうなるの?と、観客を映画に引き込む。劇団の練習、高校の授業の様子、引っ越しを友人たちが手伝う等ののんきな画面が続き、突然事件が起きる。え、え!という展開。最後の方も「え?彼なの?」という驚き。

監督が何を描きたかったか分からない、ものの、男女の気持ちのすれ違いなのかなと思ったり。

以下ネタバレ含む。





そして、この映画を見ててずっと感じていたこと。

アルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」みたいじゃん。

この映画で私が違和感を感じるのが、「瞳の奥の秘密」もそうだけど、夫・婚約者の犯人への怒り、に、妻・婚約者を自分のモノと思ってないかい?自分の大切なモノが壊された怒りじゃないかい?と思ってしまうのだ。自分の面子だったりさ。

この主人公も、妻に気持ちを寄せる、寄り添うより、犯人への怒りが先に立つ。

こういうのが嫌なんだよね。「瞳の奥の秘密」の婚約者は犯人に陰湿な形で、長年に渡って復讐する。そっちの方が余程怖いよ。気持ち悪い。愛なんかじゃないよ。

この映画の救いは、妻が生きていること。夫へ自分の意見が言えること。妻の思いがテーマだったのかなぁ?犯人側の家族の姿も、テーマの一つだったのかなぁ?

よくわからない。

俳優さんたちはみな良かったですね。イランの方々は美形が多いです。
0

2017/7/10

安倍やめろ緊急デモ  政治

史上最低の総理大臣安倍晋三の退陣を求めるデモに行ってきた。


<安倍政権に退陣を求める緊急デモ>
呼びかけにこうある。
**********
加計学園問題の新たな文書の発覚、さらなる告発があっても、与党自民党は臨時国会の要請を拒否し、安倍首相は一向に説明責任を果たそうとしません。
国会が閉会し、安倍政権が臨時国会の招集を拒否し続けることで、疑惑の追及の場は国会から路上にも広がりました。彼らを追及する手は議員から私たちにも広がりました。今こそ私たちが、それぞれが生活する場で声を上げる番なのです。

この「#安倍政権に退陣を求める緊急デモ」は、我々実行委員会が日時、スタートとゴールは設定しますが、デモそのものには正式な主催団体も、統一した呼びかけも、さらには正式なデモのタイトルもありません。デモのスタイル、デザイン(さらにはタイトルも!)を決めていくのは参加団体、参加者一人ひとりの皆さんです。このデモに参加するすべての団体、個人が、新宿中央公園出発とするデモの呼びかけを各々で行なって下さい。
**********

私は新宿三丁目からアルタ前まで歩き、その後、集会に参加することにした。新宿三丁目までは最寄りの駅から37分なのだ。副都心線とつながって良かったのはここだね。

新宿三丁目に来た時、最初のデモ「未来のための公共」若者たち中心の先頭が見えた。サウンドカーが先導し、リズミカルにコールしている。

私は2番目の梯団「怒りのドラムデモ」に入れてもらった。ドラムは大迫力。コールは「アベはやめろ」だけ。いろいろな人がいた。買い物に来てそのままデモに入ったような方もいる。

クリックすると元のサイズで表示します
伊勢丹前を歩く。沿道はスマホで写真を撮る人ばかり。好意的な視線だった。

アルタ前でデモを抜けて、街宣車がよく見える場所に位置取り。

次々に来るデモ隊をお見送り。エキタス(最低賃金を1,500円に)のデモ、ここで雨宮処凛さんを見かけた。

最後がもっぱら声で勝負のアンティファ(TOKYO AGAINST FASCISM)中心のデモ。このデモの一番後ろは学者の会かな。大学名の入った幟がいくつもあった。

街宣車前では司会のUCDくん、馬場さんがスタンバイしている。その間にMCJOEさんのカッコイイラップが流れる。 このtweetで紹介しているラップ↓ ↓



まず開会宣言、次に学者の会から高山先生「共謀罪」はテロ防止とは何の関係もない、とのスピーチ。

野党議員、福島みずほさん、初鹿明博さん、山本太郎さん、小池晃さんのスピーチ。どのスピーチも迫力だった。みずほさんはいつも熱い。いつも本当にエネルギッシュだ。太郎さんは「タロウ、タロウ」とコールがあった。太郎さんは現在の経済(貧困、格差拡大)について述べ、「税金はないところから取るな、あるところから取れ!」に大拍手だった。

小池さんは途中、背広を脱いだら「TOKYO AGAINST FASCISM」Tシャツだった。聴衆からどよめきがあった。


初鹿さんは2015年6月SEALDsの渋谷街宣の時、維新であったにもかかわらず挨拶をして、その後、党から処分を受けたくらい、安倍政権に対峙してきた人だと思う。でも、演説はちょっと歯切れが悪かった。野田幹事長へ都議選の責任を取るよう申入れしていると言ってはいたけど、民進党の煮え切らない態度が影響している。

近くで「安倍やめろ!」の巨大ダンマクが広げられた。
クリックすると元のサイズで表示します


街宣車横の「アベヤメロ」は蛍光灯の手作り、点灯された時は大歓声だった。これを作ったのは実行委員会のイデさん。室内内装業の方だそうだ。これ ↓↓ 写真だと分かりにくいかな。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーチの最後は久しぶりの奥田君(上の写真)。かれのスピーチは強弱のつけ方がリズミカルで畳み掛けるような言葉、そして言葉の選択のうまさ、天性のものだと思う。

この記事の最後に貼ってある毎日新聞tweetの動画の最後は奥田君のスピーチなので見てください。

スピーチ内容。
**********
安倍政権はこれで終わりなんじゃないでしょうかね。終わらせましょう!

前川さんに面と向かって言ってほしい。私が間違ってましたと言ってほしいですよね!
(略)
こうやって何千人もの人がそれでも今日来ているではないか、そういうことに希望を持っていきましょうよ。俺たちは何回でも立ち上がることができる。何回でも声を上げることができる。
どんな状況であっても、どんな国であっても何度も何度も立ち上がることができる。諦められないから。
(略)
プラカードを作ったり、友達に伝えたり、こうやって人が来たんですよ、それだけは信じて生きましょう。そのことに誇りを持ちましょう!
**********

ろでぃさんの写真です。


毎日新聞映像部の動画。フルバージョンを見てください。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ