共謀罪に反対します。  政治

現代の「治安維持法」=「共謀罪」に反対します。

「テロ等準備なんたら」は政権のごまかしだと思うので使わない。

日弁連のHPより「いわゆる共謀罪の創設を含む組織的犯罪処罰法改正案の国会上程に対する会長声明」

**********
当連合会は、本年2月17日付けで「いわゆる共謀罪を創設する法案を国会に上程することに反対する意見書」(以下「日弁連意見書」という。)を公表した。そこでは、いわゆる共謀罪法案は、現行刑法の体系を根底から変容させるものであること、犯罪を共同して実行しようとする意思を処罰の対象とする基本的性格はこの法案においても変わらず維持されていること、テロ対策のための国内法上の手当はなされており、共謀罪法案を創設することなく国連越境組織犯罪防止条約について一部留保して締結することは可能であること、仮にテロ対策等のための立法が十分でないとすれば個別立法で対応すべきことなどを指摘した。

本法案は、日弁連意見書が検討の対象とした法案に比べて、@犯罪主体について、テロリズム集団その他の組織的犯罪集団と規定している点、A準備行為は計画に「基づき」行われる必要があることを明記し、対象犯罪の実行に向けた準備行為が必要とされている点、B対象となる犯罪が長期4年以上の刑を定める676の犯罪から、組織的犯罪集団が関与することが現実的に想定される277の犯罪にまで減じられている点が異なっている。

しかしながら、@テロリズム集団は組織的犯罪集団の例示として掲げられているに過ぎず、この例示が記載されたからといって、犯罪主体がテロ組織、暴力団等に限定されることになるものではないこと、A準備行為について、計画に基づき行われるものに限定したとしても、準備行為自体は法益侵害への危険性を帯びる必要がないことに変わりなく、犯罪の成立を限定する機能を果たさないこと、B対象となる犯罪が277に減じられたとしても、組織犯罪やテロ犯罪と無縁の犯罪が依然として対象とされていることから、上記3点を勘案したとしても、日弁連意見書で指摘した問題点が解消されたとは言えない。

当連合会は、監視社会化を招き、市民の人権や自由を広く侵害するおそれが強い本法案の制定に強く反対するものであり、全国の弁護士会及び弁護士会連合会とともに、市民に対して本法案の危険性を訴えかけ、本法案が廃案になるように全力で取り組む所存である。
 2017年(平成29年)3月31日 日本弁護士連合会  会長 中本 和

**********

日弁連共謀罪法案対策本部 パンフレット『合意したら犯罪?合意だけで処罰?―日弁連は共謀罪に反対します!!―」より
**********

「共謀罪」とは、2人以上の者が、犯罪を行うことを話し合って合意することを処罰対象とする犯罪のことです。具体的な「行為」がないのに話し合っただけで処罰するのが共謀罪の特徴です。しかし、単なる「合意」というのは、「心の中で思ったこと」と紙一重の段階です。

近代刑法は、犯罪意思(心の中で思ったこと)だけでは処罰せず、それが具体的な結果・被害として現れて初めて処罰対象になるとしています。「既遂」処罰が原則で、「未遂」は例外、それ以前の「予備」は極めて例外、しかも、いずれも「行為」があって初めて犯罪が成立するというのが刑法の大原則です。

共謀罪は、この「予備」よりもはるか以前の「合意」だけで、「行為」がなくても処罰するというものです。このように処罰時期を早めることは、犯罪とされる行為(構成要件)の明確性を失わせ、単に疑わしいとか悪い考えを抱いているというだけで人が処罰されるような事態を招きかねません。
**********

既にこの法律の「テロ対策」「国際条約云々」は全部根拠を失っている。

国会論議での金田法相の答弁は迷走、しどろもどろ、まともに答弁できない。それでも政権は数の力で成立させるつもりだ。凶悪。

政権に反対する人々、政権に都合悪い人々を弾圧、黙らせるために作られる法律であることは火を見るより明らか。

この法律が通ったら、日本の民主主義は息の根を止められる。

この法律を廃止するのは「次の戦後」はその通りだと思う。なんとしても阻止しなければならない。
2

2017/6/17

今更6/4川崎戦  サッカー(マリノス)

6月4日の川崎戦から時間が経ってしまった。2度書いたのだが、PCがフリーズしてしまい、消えてしまった。

がっくり。PCも6年目だからそろそろ限界かな。

試合経過はマリノス公式⇒http://www.f-marinos.com/match/report/2017-06-04

クリックすると元のサイズで表示します
東ゲート。これ撮るの初めてかな。

クリックすると元のサイズで表示します
中澤選手550試合出場表彰。プレゼンターは久保竜彦さん。

記念ビデオ(中澤選手の雄姿)には川崎サポからも拍手。

試合。なんといってもも2週間だからねぇ。印象だけ書く。

川崎の攻撃に鋭さがなかった。ACLで疲れていたのか、マリノスの守備が伝統の堅守発揮だったのか。

中町・扇原のコンビは喜田君たちよりクレバーだった。中町の読みの良さ、ボール奪取、ファウル覚悟の攻撃ストップはさすがだった。こういうベテランどころが頑張ってくれると学くんの負担も軽くなると思う。

川崎と言うと、木村浩吉監督時代、憲剛のスルーパスに惚れ惚れしたものだったが、今回それはあまりなかった。

マルティノスは前半の前半、あまり試合に入っているように見えなかったが、段々目覚めてきた感じ。

天野のセットプレーって、中澤さんを狙うのばっかりのような気がしてる。で、ふんわりキックが多い。GKと駆け引きってしてないように思えるし、種類も少なくて、面白くない。
(あぁ、俊輔〜)

主審がプレーの邪魔になることがたびたびあった。何となくマリノス有利の判定の気がした。でもヨーロッパの審判だそうで、手を使った反則に厳しかったとのこと。

前半0−0。

後半。

マリノスのカウンターが効いてくる。

天野⇒マルちゃん⇒ウーゴ。ウーゴはいかにもFWだ。思いがけずマリノス先制。

その後、川崎がゴールしたが、これがオフサイド。川崎の点が決まったと思って、「やっぱりなぁ、最近のマリノスは甘いよなぁ」なんて嘆いたのだが、確かに明らかなオフサイドで、川崎得点ならず。

ウーゴに代わって敬真。ケイマン、ファーストタッチでゴール。GKの頭を超えてゆっくりゴールに吸い込まれた。ケイマンって、前もシュートがゆっくりゴロでゴールまで時間がかかったってことがあったなぁ。

ケガ明けで、出てきてすぐゴールってケイマン「持ってる」

これで一安心。後は試合終了を待つだけ。

中澤選手へのお祝いもできて良かった。

今日は娘と観戦だった。娘は新幹線で帰らなければならないので、選手の観客への挨拶は見ずに早々に引き揚げた。娘は2試合観戦、2勝。「持ってる」
1

2017/6/13

共謀罪抗議  政治

共謀罪反対行動にできるだけ行っている。

金曜日は「未来への公共」の抗議へ。
この日は4千人集まった。
クリックすると元のサイズで表示します



井筒さんは今でも自衛隊員は日常的に自衛隊の「公安に当たる部署」から監視を受けてると言っていた。「自由にモノが言えることが何より大切」「それが守れない社会を子ども達に残してはいけない」と言っていた。

佐々木弁護士は「ブラック企業大賞を毎年発表しているが、共謀罪が通ったら「威力業務妨害」の共謀で逮捕されるかもしれない。労働組合の活動もそうだ」と言っていた。

恐ろしい。



11日は渋谷ハチ公広場へ「未来への公共」の渋谷街宣に行った。
クリックすると元のサイズで表示します
NHKカメラの後ろあたりにいた。



宮台真司(社会学者)もスピーチ。特定秘密保護法の時は国会周辺で抗議する人たちを「プロ市民」を侮蔑していたそうなので、共謀罪反対のスピーチをするだけマシになったのかな。だけど、内容は大したことはなかったね。酔っ払ってたのかなぁ。最後は前川さんのように出会い系に行きましょう、みんなが行けばスキャンダルにならなくなるってお粗末。

森ゆうこ自由党参院議員は大人気。大歓声だった。彼女の質疑は3月からキレキレだったのに、ようやく先週あたりからニュースで流れ始めた。そしてこの大歓声。
(5月3日の憲法集会でも挨拶した。その時私は大拍手したのに、周囲の人々は全然反応なかった)。

菅直人、福島瑞穂、小池晃、政治家も熱烈な演説だった。

佐藤学教授は「文科省の官僚は僕の教え子です。彼らが今闘っている。一方官邸に抵抗した者たちは義家(文部副大臣)によって追放された」と涙ぐみそうになりながらのスピーチだった。前川全文部次官とも教育行政を共に考えたと言っていた。

心ある教育行政はアベ暴走内閣によって破壊されてしまうかもしれない。

教育が大切にされない社会は滅ぶしかないよ。本当に。未来への投資をしないのだから。

共謀罪はどうしても潰したい。みなさん頑張りましょう。
0

2017/6/12

さくらんぼ狩り  旅・散歩

小学校、幼稚園の行事の代休日。

孫たちと山梨県へ「サクランボ狩り」に行った。勝沼のフルーツライン周辺だ。

クリックすると元のサイズで表示します
良い天気だったので、お客さんが次々に訪れていた。外国人家族もいた。

10年くらい前かな。湯河原に夫とみかん狩りに行ったのだが、老夫婦ではなんか侘しかった思い出が。

やっぱり子どもたちと一緒が楽しいね。

孫たちが大喜びでサクランボを摘んで、口に放り込んでは「おいしい〜」。ぷっと種を吐きだす。

それだけで、私たちは幸福な気持ちになる。

今度はプラムの時に来れるかな。桃はどうかな。ブドウの季節は長いから、行けるかもね。

(今、このblogで調べたら、みかん狩り料金は一人300円。サクランボは一人1,900円。高いなぁ)
0

2017/6/6

またズーラシアへ  旅・散歩

2番目の孫が幼稚園に入ってしまってから、平日に遊ぶことができなくなってしまった。

が、臨時休園で我が家に遊びに来たので、「ズーラシア」に連れて行くことにした。

春先に行ったが、年度末の工事でアフリカサバンナ地区は屋内展示で、キリンやライオン、チータ、シマウマなどを屋外で見ることができなかった。

また、鳥インフルエンザの影響で鳥の展示もかなり制限されていた。

というわけでズーラシアのバスに乗って「北門」へ。

バスを降りるとすぐにキリンが見えた。シマウマ、何とか言う鹿、ライオン、チータ

クリックすると元のサイズで表示します
ライオン

クリックすると元のサイズで表示します
チータもすぐそばで見られた。
園内は初夏の花。紫陽花はまたチラホラ。

(iphoneの機種変更をしたので、写真が前よりきれいに撮れるようになった)

クリックすると元のサイズで表示します
シモツケ

クリックすると元のサイズで表示します
ハコネウツギ

クリックすると元のサイズで表示します
泰山木

幼稚園の集団生活に慣れなくて、小さいなりにストレスも感じていたようだった孫も今日は伸び伸びと動物園の中を歩いた。

また、遊びに来ようね。
1

2017/6/3

官邸前・国会前  政治

森友事件、加計事件、御用記者準強姦揉消し事件、秘密保護法、安保法制、共謀罪、アベノミクス失敗、原発再稼働、福祉切り捨て、TPP公約破り、憲法無視・破壊、国連勧告無視と数々の腐敗、全体国家作り、格差社会、日本産業破壊、人権無視、国際社会孤立

もうアベは消えてよし。

メディアも官僚も見限り始めているが、まだまだ足りない。

かと言って、私のできることはなんだろう。

いつも9条、反原発、反アベのタグをバックに付けて歩いている。
反原発などで知り合ったちょっと知り合った人たちとも、その後連絡を取り合っている。
同じ考えの人たちにはデモや集会に誘っている。
ブログやtwitterにも自分の考えを書く。

そして、行ける時は官邸前や国会間の抗議には行く。

昨晩は腹痛が起こってしまい、どうしようかと思ったが、収まった時点で出かけることにした。

今日はまず官邸前の「反原発首都連合」の金曜抗議に行く。もう5年も続いている。2012年6月は10万人近くの人たちが集まった。あじさい革命と言われた。

クリックすると元のサイズで表示します
2012年6月29日最高の抗議人数だった日。歩道は完全に市民で埋まった。

クリックすると元のサイズで表示します
2012年6月22日。この日歩道が決壊した。民主党時代だったので警察官もソフト警備だった。

5年後は5百人足らずだったが、持続する志は素晴らしい。

20時になったので国会正門前の方に移動した。

国会正門前北庭は「未来への公共」の若者が毎週金曜日抗議を行っている。最初抗議はは自衛隊スーダン派遣部隊の日報隠蔽問題・自衛隊の撤退だった⇒森友事件・文書隠蔽⇒共謀罪・加計事件へとなり、怒りも深く、広くなった。

この日は18時から、ジャーナリスト山口敬之準強姦揉み消し事件(安倍御用記者なので、安倍周辺が逮捕を取り消した)を告発した被害者の詩織さんへ連帯する「サイレントスタンディング」が行われた。これにも行きたかったが、上記の理由で断念。が、勇気ある女性をなんとしてもバックアップしなければならない。

「未来への公共」も最初こそたどたどしかったが、今は力強いコール、スピーチになっている。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトのあたりが抗議の中心、スピーチやコール、ドラムはそのあたりにいる。

若い人たちのコールは早くて口が回らない。久しぶりの「Tell me what Dempcracy looks like!」の「This is what democrcy looks like」も忘れてた

21時になったので、帰宅することにする。

来週は「共謀罪」の山場だ。また国会周辺に詰め掛けることになりそうだ。

その前にアベを倒さないと。野党、メディア、頼むよ。自民良識派もさぁ。
2

2017/6/2

またミーハー  音楽

久しぶりにヨナス・カウフマンさんファンのHPを覗いてみた。

「ヨナス・カウフマンとオペラの魅力」さん
https://iltrovatore1853.wixsite.com/kaufmann-jonas-opera/review-tosca-wienstaatoper-2017

そこに今年のウィーン歌劇場「トスカ」の各誌評論の翻訳が載っていた。

全部はぜひ上記ブログを見に行ってください。

すみません、引用します。
******
ヨナス・カウフマンは好調で、”Recondita Armonia” 「妙なる調和」をバリトンの音色を持つテノール声で歌った。この歌は高音をピアニッシモにもってゆく彼の歌い方の典型ともいえるアリアである。 ”la vita mi costasse” 「僕の命に代えて君を守る」(第1幕、アンジェロッティに対して)や “Vittoria” 「勝利だ!」(第2幕、ナポレオンの勝利を聞いて)の高音はまさに(力強く) 爆発するようである、しかし彼が内面を表現するときに使う魅力的なピアニシモにはほれぼれする。Online maerker by Johann Schwarz
******

ヨナス・カウフマンは充分に調整されたドイツ製の自動車エンジンと比べても遜色ない程の完璧な滑らかさで注意深くペースを保ちながらカバラドッシを歌った — 細かい所まで計算された抜群の歌唱技術で完全に信頼できる。The operacritic.com by Moore Parker 
******

細かいところまで計算された抜群の歌唱技術 ← これ、まさにこれ、すごいなぁ、芸術家だなぁと思ったよ(2015.6.1「冬の旅」コンサート)にて。

******
そしてヨナス・カウフマンのピアニッシモだが、疑いもなく世界の王者だ。彼は例えば第1幕の ”la vita mi costasse” 「僕の命に代えて君を守る」や第2幕の “Vittoria” 「勝利だ!」 の (力強い) アリアを極上の輝きをもって楽々と歌えるのは確かだ。しかし最も価値があるのは彼の持つ芸術、繊細で完璧なやっと聞き取れるくらいの音量で歌われる歌唱である。Diepresse  by Wilhelm Sinkovicz 
******

う〜ん。聴きたいなぁ。見に行きたいなぁ。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ