2017/4/27

『PARKS パークス』  映画

瀬田なつき監督の映画を見ると、ヴェンダースやジャームッシュを初めて見た時のあの感覚、つまりは『パリ、テキサス』以前のヴェンダースの諸作や『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を初めて見た時、「ああ、映画っていうのはこういう表現の仕方もありなのか!こういうのが映画っていうものなのか!」と驚いたあの感覚がよみがえってくる。それは端的に言うと、ストーリーそのものより、「人生」「日常」と「映画」との関係性を具体的な反復する映像そのもので浮かび上がらせていく感覚というのか、ストーリーの辻褄とかをこえて、そんな風に映画そのものを立ち上げることが出来るんだという驚きというのか、瀬田なつき監督の『PARKS パークス』は、ある意味で瀬田監督の『彼方からの手紙』をよみがえらせた反復の往復運動そのものとも言えるが、こんな風に吉祥寺の井の頭公園100年記念映画としてあの『彼方からの手紙』がよみがえること自体が驚きだ。『彼方からの手紙』がどこか、「彼方」へ行って帰って来ました・・というストーリー(?)だったように、『PARKS パークス』もどこかへ行って帰ってくるという話なのだけど、それが何処だったのか、またいつ、どのように帰ってきたのか、最後まで謎のままだ。しかし、謎のままだからこそ、往復運動そのものがより純粋に浮かび上がり、瀬田なつきワールドがますます進化し完成されてきているのだ。素晴らしい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ