2017/7/18

林えいだい  映画

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2017」のプログラム7で、グループ現代の方が『抗い 記録作家 林えいだい』のチラシを配りにいらしていたので、つい話し込んでしまう。林えいだいは、カネミ油症を取材した『嗚咽する海 PCB人体実験』(亜紀書房、1974年1月30日第1版第1刷発行)を書いたライターで、私はこの本を絶版だったので図書館で借りてきて、当時の状況を知る参考にさせて頂いた。たとえば「海を渡らせる圧力」の章では、女島灯台とメシマコブの話も書かれていて、このメシマコブの話は私の映画『食卓の肖像』でも出てくるので、参考にさせて頂いている。また、「原爆と油症の二重苦」の章では、原爆の被爆者で、かつ、カネミ油症の被害者でもある鳥巣さん一家や中本の話が書かれている。1945年の被爆者で、かつ1968年のカネミ油症被害者という方は長崎や広島に他にも何人もいる。長崎や広島はカネミ油症被害が大きかったのだから当然ではあるが。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ